一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)Million Heartsの臨床目標達成に向けた・・・

MMWR抄訳

rss

2014/02/14Vol. 63 / No. 6

MMWR63(6):127-130
Progress of Health Plans Toward Meeting the Million Hearts Clinical Target for High Blood Pressure Control — United States, 2010–2012

Million Heartsの臨床目標達成に向けた高血圧コントロールのための医療保険プランの進歩 ― アメリカ、2010~2012年

高血圧は心血管疾患の重要なリスク因子の一つであり、2010年、アメリカでは36万件を超える死亡が高血圧に起因していた。国内の約6,700万人が高血圧だが、血圧コントロール下にあるのはわずか半数にすぎず、症例の70%が高血圧ガイドラインに沿った治療を受ければ、推定46,000人の死亡は回避されるであろうと考えられている。2012年、保健福祉省(HHS)によって発出されたMillion Heartsイニシアチブは、2017年までに高血圧成人の適切な血圧コントロール率を70%以上とすることを目標にしている。CDCとNational Committee for Quality Assurance(NCQA)は医療保険加入者における血圧コントロール状況を評価するため、2010~2012年のHealthcare Effectiveness Data and Information Set(HEDIS)のデータを分析した。HEDISはNCQAによって開発された医療保険データ管理システムである。2012年、18~85歳の成人約1億1,340万人がHEDISにデータを報告する医療保険に加入していた。全米で医療保険加入者の約11%(1,240万人)が高血圧と診断され、そのうち血圧コントロール率は64%(790万人)、補正率で60%以上(HHS地域ごとに59.5%~68.2%)となり、2010年から若干の改善が認められた。医療保険プランのうち民間およびメディケアHMO、メディケアPPOのプランは90パーセンタイル値が目標値である70%を上回った。また、NCQA認定プランは非認定プランに比べ2倍、目標値を達成しており、医療保険プランによって目標達成率が異なっていた。Million Heartsの目標達成のためには高血圧患者の診断やモニタリング、治療のさらなる促進が必要であり、HEDISのような評価基準を用いることにより医療保険プランの改善が期待される。

References

  • Go AS, Mozaffarian D, Roger VL, et al. Heart disease and stroke statistics—2014 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2014;129:e28–292.
  • CDC. Vital signs: awareness and treatment of uncontrolled hypertension among adults—United States, 2003–2010. MMWR 2012;61:703–9.
  • Farley TA, Dalal MA, Mostashari F, Frieden TR. Deaths preventable in the U.S. by improvements in the use of clinical preventive services. Am J Prev Med 2010;38:600–9.
  • Chobanian AV, Bakris GL, Black HR, et al. The seventh report of the Joint National Committee on Prevention, Detection, Evaluation, and Treatment of High Blood Pressure: the JNC 7 report. JAMA 2003;289:2560–72.
  • Howard VJ, Woolson RF, Egan BM, et al. Prevalence of hypertension by duration and age at exposure to the stroke belt. J Am Soc Hypertens 2010;4:32–41.
  • CDC. Self-reported hypertension and use of antihypertensive medication among adults—United States, 2005–2009. MMWR 2013;62:237–44.
  • US Census Bureau. United States Census 2010: interactive population map. Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; 2011. Available at <www.census.gov/2010census/popmap>.
  • Howard G, Prineas R, Moy C, et al. Racial and geographic differences in awareness, treatment, and control of hypertension: the REasons for Geographic and Racial Differences in Stroke study. Stroke 2006;37:1171–8.
  • Zaslavsky AM, Hochheimer JN, Schneider EC, et al. Impact of sociodemographic case mix on the HEDIS measures of health plan quality. Med Care 2000;38:981–92.
  • Harman JS, Scholle SH, Ng JH, et al. Association of health plans’ Healthcare Effectiveness Data and Information Set (HEDIS) performance with outcomes of enrollees with diabetes. Med Care 2010;48:217–23.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ