一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)麻疹の世界的コントロールおよび地域的根絶、2000・・・

MMWR抄訳

rss

2014/02/07Vol. 63 / No. 5

MMWR63(5):103-107
Global Control and Regional Elimination of Measles, 2000–2012

麻疹の世界的コントロールおよび地域的根絶、2000~2012年

2010年、World Health Assemblyは麻疹の世界的根絶に向け、2015年までに、1)1歳児におけるMCV1の初回接種率を国全体で90%以上、全ての地域にて80%以上とする、2)麻疹の年間発症率を100万人あたり5例未満とする、3)麻疹による死亡率を2000年の推定値から95%低下させると発表した。1歳児におけるMCV1接種率は、2000~2009年の間に73%から84%に増加し、2012年まで84%を維持している。90%を超える国は2000年にて83ヵ国(43%)から128ヵ国(66%)に増加した。MCV1未接種児は2012年にて約2,120万人と推定され、インド(640万人)、ナイジェリア(380万人)、エチオピア(100万人)、インドネシア(90万人)、パキスタン(70万人)、コンゴ共和国(70万人)にて多かった。2004~2012年、症例ベースのサーベイランスは120ヵ国(62%)から187ヵ国(96%)に増加して行われており、WHOのMeasles and Rubella Laboratory Networkへのアクセスは71ヵ国(37%)から191ヵ国(98%)に増加した。症例数は2000年:853,480例から2012年:226,722例と73%減少し、年間発症率は100万人あたり146から33へと低下しており、100万人あたり5例未満の基準を満たす国は2011年:104/188(55%)から2012年:119/187(64%)に増加している。また、麻疹による死亡者数は2000年:562,400から2012年:122,000例と78%減少し、死亡率も各地域にて低下していた[東地中海地域(EMR):52%~アフリカ地域(AFR):88%]。

References

  • World Health Organization. Global eradication of measles: report by the Secretariat. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha63/a63_18-en.pdf>.
  • CDC. Global control and regional elimination of measles, 2000–2011. MMWR 2013;62:27–31.
  • Simons E, Ferrari M, Fricks J, et al. Assessment of the 2010 global measles mortality reduction goal: results from a model of surveillance data. Lancet 2012;379:2173–8.
  • Chen S, Fricks J, Ferrari MJ. Tracking measles infection through non-linear state space models. J R Stat Soc Ser C Appl Stat 2012;61:117–24.
  • United Nations. World population prospects: the 2012 revision. New York, NY: United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division; 2014. Available at <http://esa.un.org/unpd/wpp/index.htm>.
  • Pan American Health Organization. Plan of action for maintaining measles, rubella, and congenital rubella syndrome elimination in the Region of the Americas. Washington, DC: Pan American Health Organization; 2012. Available at <http://new.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&gid=18542&Itemid=&lang=en>.
  • CDC. Progress toward measles elimination—Western Pacific Region, 2009–2012. MMWR 2013;62:443–7.
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on immunization, November 2013: conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2014;89:1–20.
  • World Health Organization. Measles vaccines: WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:349–60.
  • World Health Organization. Global measles and rubella strategic plan, 2012–2020. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.who.int/immunization/newsroom/Measles_Rubella_StrategicPlan_2012_2020.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ