一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)HIV感染黒人の男性間性交渉者によるパートナー間で・・・

MMWR抄訳

rss

2014/02/07Vol. 63 / No. 5

MMWR63(5):90-94
HIV Infection Among Partners of HIV-Infected Black Men Who Have Sex with Men — North Carolina, 2011–2013

HIV感染黒人の男性間性交渉者によるパートナー間でのHIV感染 ― ノースカロライナ州、2011~2013年

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の発生は、アメリカでは男性間性交渉者(MSM)の黒人間で増加しており、特に、若年の黒人MSMに偏って影響を受けている。また、黒人のMSMは他の人種/民族に比べ、HIV治療への参加およびウイルス抑制の達成の可能性が低い。HIVパートナーサービスには、医療、予防、社会心理学的サービスの提供の広範囲のサービスが含まれるが、特に重要な機能の一つがパートナー通知サービスである。パートナー通知は保健所により運営され、HIV予防および治療のためのネットワークに基づいたアプローチである。パートナーサービスの有効性を評価するために、ノースカロライナ州では、2011年9月~2012年12月において、Screening Targeted Populations to Interrupt Ongoing Chains of HIV Transmission with Enhanced Partner Notification(STOP)試験でのHIV検査およびHIV-1ポリメラーゼシーケンスを実施した黒人のMSMで、パートナー通知サービスを提供された30例(指標患者、年齢中央値:23歳)について分析した。指標患者30例は95人の名前を挙げ(性的パートナー:74例、社会的接触者:21例)、このうち39人(41%)は過去にHIV感染の診断を受けており、14例はここ1年以内に診断され、17例は25歳未満であった。HIV検査をした29例(31%)のうち、新規にHIV感染が診断されたのは性的パートナーの2例であった。残りの性的パートナーおよび社会的接触者では、HIV検査の拒否:8例、パートナーカウンセリングサービスを全て拒否:8例、所在不明:11例であった。大半の性的パートナーおよび社会的接触者は、男性(98%)および黒人(81%)であった。性的パートナーが社会的接触者および非定期的な性的パートナーと比べ、HIVに感染しやすい傾向はなかった。性的パートナーのみの解析から、同じネットワーク内にHIV感染とHIV陰性のパートナーの両方が高頻度で存在することが示された。また、分子系統的解析から、8例の指標患者が関連する4つのクラスターを認めた。ネットワークおよび分子系統的データの結合により、20の性的関係、1つの社会的接触、1種類の分子系統的リンクによる黒人MSM23人から構成される最も大きなネットワークを見出した。HIVに感染したパートナーをケアおよび治療に結びつけることを確実にするためにパートナーサービスを利用することは、HIV感染を減少し、継続的なケアに従って転帰を改善する可能性がある。

References

  • Prejean J, Song R, Hernandez A, et al. Estimated HIV incidence in the United States, 2006–2009. PLoS One 2011;6:e17502.
  • Millett GA, Peterson JL, Flores SA, et al. Comparisons of disparities and risks of HIV infection in black and other men who have sex with men in Canada, UK, and USA: a meta-analysis. Lancet 2012;380:341–8.
  • Beer L, Oster AM, Mattson CL, Skarbinski J; Medical Monitoring Project. Disparities in HIV transmission risk among HIV-infected black and white men who have sex with men, United States, 2009. AIDS 2014;28:105–14.
  • CDC. Recommendations for partner services programs for HIV infection, syphilis, gonorrhea, and chlamydial infection. MMWR 2008;57(No. RR-9).
  • Hogben M, Niccolai LM. Innovations in sexually transmitted disease partner services. Curr Infect Dis Rep 2009;11:148–54.
  • Pandori MW, Westheimer E, Gay C, et al. The Multispot Rapid HIV-1/HIV-2 differentiation assay is comparable with the Western blot and an immunofluorescence assay at confirming HIV infection in a prospective study in three regions of the United States. J Clin Virol 2013;58(Suppl 1):e92–6.
  • Brooks JT, Robbins KE, Youngpairoj AS, et al. Molecular analysis of HIV strains from a cluster of worker infections in the adult film industry, Los Angeles 2004. AIDS 2006;20:923–8.
  • Millett GA, Flores SA, Peterson JL, et al. Explaining disparities in HIV infection among black and white men who have sex with men: a metaanalysis of HIV risk behaviors. AIDS 2007;21:2083–91.
  • Hurt CB, Beagle S, Leone PA, et al. Investigating a sexual network of black men who have sex with men: implications for transmission and prevention of HIV infection in the United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2012;61:515–21.
  • CDC. Interim guidance: preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in men who have sex with men. MMWR 2011;60:65–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ