一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)CDC Grand Rounds:近親者間暴力防止・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/17Vol. 63 / No. 2

MMWR63(2):38-41
CDC Grand Rounds: A Public Health Approach to Prevention of Intimate Partner Violence

CDC Grand Rounds:近親者間暴力防止のための公衆衛生的アプローチ

近親者間暴力(IPV)は、身近なパートナーによる身体的、性的暴行やその脅迫、精神的虐待、ストーキングを意味し、異性または同性間でも起こり得る。アメリカでは2010年、IPVにより1,295名が死亡し、殺人の10%を占めた。IPVによる女性の医療およびメンタルヘルスに対する費用と生産性損失額は年間総額830億ドルに上ると推計される。経済的費用に加え、IPVの犠牲者は抑うつ、不安症、PTSD、自殺行動、性感染症、望まない妊娠といった非健康的な転帰を示す傾向がある。IPVの犠牲者は女性が男性の少なくとも3倍とされ、重大な身体的暴行(24.3%)や性的暴行を受け、殺害される率も2倍に近い。しかし、男性の13.8%が生涯に重大な身体的暴行を経験するとの報告もある。パートナーからの暴行は若年齢から始まることが多い。2011年のYouth Risk Behavior Surveyによれば、約9%の高校生がデートでの身体的暴行を経験している。性的・身体的暴行、ストーキングを受けた女性の22.4%が11~17歳、47.1%が18~24歳、21.1%が25~34歳で経験しており、男性ではそれぞれの年齢層ごとに15.0%、38.6%、30.6%となっている。IPVの原因は複合的であり、しばしば複数の個人的要素、人間関係、コミュニティや社会的要因が絡んでおり、青少年の攻撃的または非行行為、アルコールや薬物依存、幼少時に受けた/目撃した暴行、夫婦間の葛藤、支配と依存、非雇用なども関連する。貧困率の高さや暴力を是認する社会規範といった社会的リスク要因については不明な点が多い。CDCはNational Intimate Partner and Sexual Violence SurveyにてIPVの情報を収集し、リスク要因の解析、防止のための情報提供、モニタリング、傾向の分析を行っている。また、National Violent Death Reporting SystemではIPVによる殺人を含む暴行死の情報を収集し、州や地方自治体の暴力防止プログラムの策定にデータを提供している。公衆衛生にはこれらのエビデンスに基づくIPV対策が求められており、青少年やその親を対象にしたプログラム、危険状態にあるカップルを対象とした治療的アプローチ、コミュニティや経済状態、社会規範に注目したアプローチなど様々な対策が実施されている。中でも青少年とデートバイオレンスを対象としたプログラムで行動の変化といった効果が認められている。10代の青少年が健全で非暴力的な人間関係の構築を学ぶことにより、成人における暴力の防止が期待される。IPVの問題は、暴力行為が起きてからの対応ではなく、暴力が始まる前の防止が重要である。知識の向上とエビデンスに基づく対策の策定、実施のため、教育やメディア、住宅やコミュニティ開発、犯罪審判といった様々な業界の関与が必要である。公衆衛生によるこれらの努力の評価によって、人々の健康に与える長期的な影響が明らかになり、政策決定に情報を提供し、効果的なIPV対策の構築が可能となるであろう。

References

  • Saltzman LE, Fanslow JL, McMahon PM, Shelley GA. Intimate partner violence surveillance: uniform definitions and recommended data elements, version 1.0. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2002. Available at <http://www.cdc.gov/ncipc/pub-res/ipv_surveillance/intimate%20partner%20violence.pdf.>
  • Black MC, Basile KC, Breiding MJ, et al. The National Intimate Partner and Sexual Violence Survey (NISVS): 2010 summary report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/violenceprevention/nisvs/2010_report.html.>
  • Federal Bureau of Investigation. Crime in the United States, 2011: expanded homicide data. Clarksburg, WV: US Department of Justice, Federal Bureau of Investigation; 2012. Available at <http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/crime-in-the-u.s/2011/crime-in-the-u.s.-2011/offenses-known-to-law-enforcement/expanded/expanded-homicide-data.>
  • Max W, Rice DP, Finkelstein E, Bardwell RA, Leadbetter S. The economic toll of intimate partner violence against women in the United States. Violence Vict 2004;19:259–72.
  • Black MC. Intimate partner violence and adverse health consequences: implications for clinicians. Am J Lifestyle Med 2011;5:428–39.
  • CDC. Youth risk behavior surveillance—United States, 2011. MMWR 2012;61(No. SS-4).
  • Heise L, Garcia-Moreno C. Violence by intimate partners. In: Krug E, Dahlberg LL, Mercy JA, Zwi AB, Lozano R, eds. World report on violence and health. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2002:87–121. Available at <http://www.who.int/violence_injury_prevention/violence/world_report/en.>
  • Vagi KJ, Rothman E, Latzman NE, Tharp AT, Hall DM, Breiding M. Beyond correlates: a review of risk and protective factors for adolescent dating violence perpetration. J Youth Adolesc 2013;42:633–49.
  • Avery-Leaf S, Cascardi M, O’Leary KD, Cano A. Efficacy of a dating violence prevention program on attitudes justifying aggression. J Adolesc Health 1997;21:11–7.
  • Foshee VA, Bauman KE, Ennett ST, Linder GF, Benefield T, Suchindran C. Assessing the long-term effects of the safe dates program and a booster in preventing and reducing adolescent dating violence victimization and perpetration. Am J Public Health 2004;94:619–24.
  • Foshee VA, Reyes HL, Ennett ST, Cance JD, Bauman KE, Bowling JM. Assessing the effects of Families for Safe Dates, a family-based teen dating abuse prevention. J Adolescent Health 2012;51:349–56.
  • Markman HJ, Renick MJ, Floyd FJ, Stanley SM, Clements M. Preventing marital distress through communication and conflict management training: a 4- and 5-year follow-up. J Consult Clin Psychol 1993;61:70–7.
  • Feinberg ME, Jones DE, Kan ML, Goslin MC. Effects of family foundations on parents and children: 3.5 years after baseline. J Fam Psychol 2010;24:532–42.
  • Whitaker DJ, Murphy CM, Eckhardt CI, Hodges AE, Cowart M. Effectiveness of primary prevention efforts for intimate partner violence. Partner Abuse 2013;4:175–95.
  • Teten Tharp A. Dating Matters: the next generation of teen dating violence prevention. Prev Sci 2012;13:398–401.
  • Teten Tharp A, Burton T, Freire K, et al. Dating Matters: strategies to promote healthy teen relationships. J Womens Health 2011;20:1761–5.
  • Bunnell R, O’Neil D, Soler R, et al. Fifty communities putting prevention to work: accelerating chronic disease prevention through policy, systems and environmental change. J Community Health 2012;37:1081–90.
  • Robert Wood Johnson Foundation. Integrating prevention strategies into organizations that address intimate partner violence. Princeton, NJ: Robert Wood Johnson Foundation; 2013. Available at <http://www.rwjf.org/content/dam/farm/reports/program_results_reports/2013/rwjf407182.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ