一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)成人における現在の喫煙率 ― アメリカ、2005~・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/17Vol. 63 / No. 2

MMWR63(2):29-34
Current Cigarette Smoking Among Adults — United States, 2005–2012

成人における現在の喫煙率 ― アメリカ、2005~2012年

アメリカにおける成人の喫煙率はこの30年で顕著に低下したものの、いまだに多くの人が喫煙を続けている。Healthy People 2020の目標値である成人喫煙率12%以下に向け進捗を評価するため、National Health Interview Surveyのデータから喫煙率を推計した。2012年のデータでは18歳以上の計34,525名がランダムに抽出され、61.2%から回答を得た。2012年の喫煙率は18.1%(4,210万人)で、2005年の20.9%から有意に低下した。分析の結果、男性(20.5%)が女性(15.8%)と比べ有意に高かった。また、25~44歳 (21.6%)、複数人種 (26.1%)、高卒資格(GED)保有の教育レベル(41.9%)で最も高く、65歳以上 (8.9%)、アジア系(10.7%)、大学院卒 (5.9%)で最も低かった。年収レベルでは貧困以下(27.9%)が同レベルまたは貧困レベルまたはそれ以上(17.0%)より有意に高く、障害や活動制限のある人(22.7%)はない人(16.5%)に比べ有意に高かった。国勢調査の地域区分では、中西部(20.6%)と南部(19.7%)が、北東部(16.5%)や西部(14.2%)に比べて高かった。毎日喫煙する人の1日の喫煙本数(CPD)の平均値は2005年の16.7本から2012年の14.6本へと減少傾向にあり、CPDが30本以上の人の総喫煙者における割合も12.6%から7.0%に有意に低下した。禁煙率は2005年の50.7%から2012年の55.0%へと上昇し、65歳以上で最も高かった。禁煙率は18~24歳で最も低かったが、同年で22.7%から26.5%と最も大きく上昇し、喫煙率も24.4%から17.3%と低下した。喫煙率の低下は全国的なタバコ規制(タバコ製品の値上げ、マスメディアによる反タバコキャンペーン、包括的受動喫煙防止法、禁煙支援へのバリアフリーアクセス)の結果であり、今後もエビデンスに基づく介入を継続する必要がある。

References

  • CDC. Vital signs: current cigarette smoking among adults aged ≥18 years—United States, 2005–2010. MMWR 2011;60:1207–12.
  • CDC. Cigarette smoking—United States, 1965–2008. MMWR 2011;60(Suppl):109–13.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC;2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm.>
  • King BA, Dube SR, Tynan MA. Flavored cigar smoking among U.S. adults: findings from the 2009–2010 National Adult Tobacco Survey. Nicotine Tob Res 2013;15:608–14.
  • CDC. Increases in quitline calls and smoking cessation website visitors during a national tobacco education campaign—March 19–June 10, 2012. MMWR 2012;61:667–70.
  • McAfee T, Davis KC, Alexander RL, Pechacek TF, Bunnell R. Effect of the first federally funded U.S. antismoking national media campaign. Lancet 2013;382:2003–11.
  • Borrelli B, Busch AM, Trotter DR. Methods used to quit smoking by people with physical disabilities. Rehabil Psychol 2013;58:117–23.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among person aged 17 years or older: third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14.
  • Caraballo RS, Yee SL, Gfroerer J, Mizra SA. Adult tobacco use among racial and ethnic groups living in the United States, 2002–2005. Prev Chronic Dis 2008;5:1–9.
  • Ryan H, Trosclair A, Gfroerer J. Adult current smoking: differences in definitions and prevalence estimates—NHIS and NSDUH, 2008. J Environ Public Health 2012:918368.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ