一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)男性と女性の肺癌発生率の傾向 ― アメリカ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/10Vol. 63 / No. 1

MMWR63(1):1-5
Lung Cancer Incidence Trends Among Men and Women — United States, 2005–2009

男性と女性の肺癌発生率の傾向 ― アメリカ、2005~2009年

肺癌はアメリカにおける癌による死因の第1位である。CDCは、2005年~2009年のNational Program of Cancer RegisteriesおよびNational Cancer Institute’s Surveillance, Epidemiology, and End Resultsプログラムより、国内における肺癌の発生率および傾向が年齢別に分析した。この期間、肺癌の症例数は男性:569,366例、女性:485,027例であり、年齢別では男女ともに75歳以上にて最も多く、年齢が低くなるにつれて減少していた(男性:75歳以上:194,408例、65~74歳:186,161例、55~64歳:128,474例、45~54歳:51,409例、35~44歳:7,675例、35歳未満:1,239例、女性:各177,102例、152,064例、100,024例、45,999例、8,539例、1,299例)。また、発症率は男性では35歳未満を除く年齢層にて低下し、年間パーセント変化率(APC)は全体で-2.6%、35~44歳では-6.5%と最も低下していた。女性では35~44歳(APC:-5.8%)および55~64歳(APC:-3.8%)にて低下し、他の年齢層ではほぼ変化なく、全体でのAPCは-1.1%であった。地域別では男性は全ての地域(北東部、中西部、南部、西部)および23州にて減少、女性は南部、西部および7州にて減少していた。肺癌は80~90%が喫煙および二次喫煙によるものであり、肺癌の予防には禁煙が有効であるため、若年層の男女に対する喫煙予防は将来的に肺癌の症例数を減少させると考えられた。

References

  • Jemal A, Thun MJ, Ries LAG, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975–2005, featuring trends in lung cancer, tobacco use, and tobacco control. J Natl Cancer Inst 2008;100:1672–94.
  • CDC. State-specific trends in lung cancer incidence and smoking—United States, 1999–2008. MMWR 2011;60:1243–7.
  • Jemal A, Cokkinides VE, Shafey O, Thun MJ. Lung cancer trends in young adults: an early indicator of progress in tobacco control (United States). Cancer Causes Control 2003;14:579-85.
  • Institute of Medicine. Reducing tobacco-related cancer incidence and mortality: workshop summary. Washington, DC: The National Academies Press; 2013. Available at <http://iom.edu/reports/2012/reducing-tobacco-related-cancer-incidence-and-mortality.aspx.>
  • Anderson CM, Burns DM, Dodd KW, Feuer EJ. Chapter 2: birth-cohort-specific estimates of smoking behaviors for the U.S. population. Risk Anal 2012;32(Suppl 1):S14–24.
  • Thun MJ, Carter BD, Feskanich D, et al. 50-year trends in smoking-related mortality in the United States. N Engl J Med 2013;368:351–64.
  • Polednak AP. Tobacco control indicators and lung cancer rates in young adults by state in the United States. Tob Control 2008;17:66–9.
  • Wilson LM, Avila Tang E, Chander G, et al. Impact of tobacco control interventions on smoking initiation, cessation, and prevalence: a systematic review. J Environ Public Health 2012; June 7, 2012. Epub.
  • CDC. Quitting smoking among adults—United States, 2001–2010. MMWR 2011;60:1513–9.
  • CDC. State tobacco revenues compared with tobacco control appropriations—United States, 1998–2010. MMWR 2012;61:370–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ