一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)CDC Grand Rounds:エビデンスに基づ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/03Vol. 62 / No. 51&52

MMWR62(51&52):1048-1050
CDC Grand Rounds: Evidence-Based Injury Prevention

CDC Grand Rounds:エビデンスに基づく外傷予防

全世界で年間580万人が外傷により死亡する。アメリカでは年間18万人が外傷で死亡し、1~44歳の死亡および65歳未満の生存可能年数損失の主要原因となっている。自動車事故、転倒/転落、殺人、自殺、ドメスティックバイオレンス、児童虐待、その他による外傷により、年間280万人の入院、2900万件の救急外来受診が発生し、外傷による医療費および労働損失に係る年間コストは3,550億ドルと推計される。外傷や暴行の効果的な予防のため、全ての公衆衛生分野で様々な介入が試みられている。以下の2件は外傷と暴行の予防にエビデンスに基づくアプローチを行った事例研究である。1)オレゴン州における自殺予防活動のための科学的指針: 過去10年間、アメリカにおける自殺率は約10%に上昇した。2010年、オレゴン州では計685名が自殺により死亡し、州の死亡原因の第8位で自動車事故より多かった。75歳以上の男性で自殺率が最も高いことから、オレゴン州公衆衛生局はNational Violent Death Reporting System(NVDRS)のデータを解析した。2009年、NVDRSデータには同州から640名の自殺が登録され、そのうち209名(33%)は抑うつ気分を経験、268名(42%)は自殺念慮を吐露していた。若年層(20~44歳)自殺者の34%にアルコールまたは薬物依存、48%に人間関係の問題が見られるのに対し、65歳以上の高齢自殺者には68%に慢性疾患または身体の衰えが認められ、44%は一人暮らし、死亡前30日間の医療機関受診率は17%に過ぎなかったことから、社会的孤立防止のためのコミュニティの介入や、介入場所としての医療機関利用の必要性が示唆された。これらのデータを踏まえてThe Oregon Older Adult Suicide Prevention Planが策定され、高齢者の自殺リスクに対する注意喚起や、健康長寿のための様々な取り組みがなされている。2)飲酒運転のエビデンスから法制定へ: 2011年、飲酒運転は約1万人の交通死亡事故の原因となり、2010年のデータでは飲酒運転による交通死亡事故で年間650億ドルの損失が生じたとされる。1992年、全米高速道路安全委員会は血中アルコール濃度(BAC)を0.08%以下とする0.08%BAC法を提唱し、1998年に議会に提出したが採択されず、制定州はわずか3州に留まった。そこでCDCがシステマティックレビューを行い、制定州における7%(中央値)の死亡率低減効果を明らかにし、全米での法制定で年間400~600名の人命が救われると推計した。その後2004年までに全州で同法が制定され、自己申告による飲酒運転件数は2006年の1億6100万件から2010年の1億1200万件へ、飲酒運転による交通事故死亡率も同様に2005年から急激に低下した。以上の研究のように、外傷や死亡等につながるほとんどの事故は予測および予防可能である。外傷の予防は公衆衛生の重要項目であることを認識し、技術的開発やコミュニティの努力が必要である。

References

  • World Health Organization. Injuries and violence: the facts. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/violence_injury_prevention/key_facts/en.>
  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/fatal.html.>
  • CDC. Compendium of effective fall interventions: what works for community-dwelling older adults. 2nd ed. 2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/homeandrecreationalsafety/falls/pubs.html.>
  • CDC. Trends in suicide rates among persons ages 10 years and older, by sex, United States, 1991–2009. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/violenceprevention/suicide/statistics/trends01.html.>
  • Joiner T. Why people die by suicide. Cambridge, MA: Harvard University Press; 2005.
  • Alexander J, Kohn M, Millet L, Moreland S, Pollock D. Oregon older adult suicide prevention plan. Portland, OR: Oregon Department of Human Services; 2006. Available at <http://public.health.oregon.gov/preventionwellness/safeliving/suicideprevention/documents/olderadult/plan.pdf.>
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, 2011 data: alcohol-impaired driving. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2013. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811700.pdf.>
  • Zaloshnja E, Miller TR, Blincoe LJ. Costs of alcohol-involved crashes, United States, 2010. Presented at the 57th Annual Meeting of the Association for the Advancement of Automotive Medicine Conference: Quebec City, Canada; September 22–25, 2013.
  • Moskowitz H, Fiorentino H. A review of the literature on the effects of doses of alcohol on driving related skills. Springfield, VA: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2000. Available at <http://dfconsulting.info/AReviewoftheLiterature.pdf.>
  • National Highway Traffic Safety Administration. Legislative history of .08 per se laws. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2001. Available at <http://www.nhtsa.dot.gov/people/injury/research/pub/alcohol-laws/08history/index.htm.>
  • General Accounting Office. Highway safety: effectiveness of state 0.08 blood alcohol laws. Washington, DC: General Accounting Office; 1999. Available at <http://www.gao.gov/archive/1999/rc99179.pdf.>
  • Shults RA, Elder RW, Sleet DA, et al. Reviews of evidence regarding interventions to reduce alcohol-impaired driving. Am J Prev Med 2001;21 (4 Suppl):66–88.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations to reduce injuries to motor vehicle occupants: increasing child safety seat use, increasing safety belt use, and reducing alcohol-impaired driving. Am J Prev Med 2001;21(4 Suppl):16–22.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts 2008: a compilation of motor vehicle crash data from the Fatality Analysis Reporting System and the General Estimates System. Early ed. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration;2009 Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811170.pdf.>
  • Sleet DA, Howat P, Elder R, Maycock B, Baldwin G, Shults R. Interventions to reduce impaired driving and traffic injury. In: Verster JC, Pandi-Perumal SR, Ramaekers JG, de Gier JJ, eds. Drugs, driving and traffic safety. Basel, Switzerland: Birkhäuser Verlag; 2009:439–56.
  • World Health Organization. Global status report on road safety 2013: supporting a decade of action. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://www.who.int/violence_injury_prevention/road_safety_status/2013/en/index.html.>
  • ChartsBin. Legal blood alcohol concentration (BAC) limits around the world. Available at <http://chartsbin.com/view/2037.>
  • Degutis LC. The future of injury and violence prevention: where are we going? J Safety Res 2012; 43:231–2.
  • Rippe JM. Injury prevention: a medical and public health imperative. Am J Lifestyle Med 2010;4:6–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ