一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)教会のフェスティバルで消費されたプルドポークに関連・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/03Vol. 62 / No. 51&52

MMWR62(51&52):1045-1047
Outbreak of Salmonellosis Associated with Consumption of Pulled Pork at a Church Festival — Hamilton County, Ohio, 2010

教会のフェスティバルで消費されたプルドポークに関連するサルモネラ症のアウトブレイク ― オハイオ州ハミルトン郡、2010年

2010年6月18日、Hamilton County Public Health(HCPH)は同月11~13日に郊外の教会で開催されたフェスティバルの参加者における胃腸疾患の報告を受け、調査を開始した。フェスティバル参加者は推計9,000人、食品を販売した15の露店は、いずれもHCPHによる許認可を得ていなかった。13~18日に胃腸疾患(嘔吐、下痢等)を発症した参加者をアウトブレイク症例とし、21日に計64名にインタビューした。その結果、典型的な症状はフェスティバル終了(13日)の24時間以内に発現した24時間以上継続する嘔吐および下痢であり、最終日に1つの露店で供されたプルドポークまたはコールスローが原因と思われると複数の症例により報告された。リスク要因を確定するため、症例38例および対照30例による症例対照研究を行った。症例の年齢中央値は44歳(11~72歳)、約89%が13~15日の間に発症し、主な症状は下痢(97%)、激しい腹痛(68%)、体の痛み(61%)、発熱(58%)、頭痛(55%)であった。下痢のうち4例(11%)は血便を呈し、発症期間の中央値は5日間であった。フェスティバルで提供された51食品を、症例23例と世帯内対照30例で評価した結果、プルドポークおよびコールスローが発症と強い関連性を示した。24日には、培養によりサルモネラ属菌がアウトブレイクの原因と確定され、分離された3株のパルスフィールドゲル電気泳動パターン解析により、同菌はサルモネラ血清型Typhimurium variant Copenhagenと同定された。環境要因評価のため、売り手に聴取したところ、プルドポークは個人宅で調理され、内部温度が約82℃になるまで加熱後、家庭用冷蔵庫で冷却、再加熱してフェスティバルにて供されたが、冷却・再加熱に係わる時間や温度管理は不明であった。売り手およびフェスティバルコーディネーターは関連法規制や食品安全手順について指導を受けた。またHCPHは規制を免除されるイベントにおける食品安全指導に本事例を役立てている。

References

  • Exclusions—exemption from license requirement (retail food establishments; food service operations), Ohio Revised Code 3717.42(B) (5), September 26, 2003. Available at <http://codes.ohio.gov/orc/3717.42.>
  • CDC. Foodborne Outbreak Online Database. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://wwwn.cdc.gov/foodborneoutbreaks/default.aspx.>
  • Pritzker Law. Food poisoning law blog. Minneapolis, MN: Pritzker Law; 2007. Available at <http://foodpoisoning.pritzkerlaw.com/archives/salmonella-salmonell-associated-with-pulled-pork-sold-at-georgia-festival.html.>
  • Curran L. Salmonella at Sasquatch Music Festival. Seattle, WA: Food Safety News; 2007. Available at <http://www.foodsafetynews.com/2010/07/Salmonella-at-sasquatch-music-festival.>
  • Ohio Department of Health. Infectious disease control manual. Columbus, OH: Ohio Department of Health; 2011. Available at <http://www.odh.ohio.gov/pdf/idcm/salm.pdf.>
  • US Department of Agriculture. Salmonella on U.S. swine sites—prevalence and antimicrobial susceptibility. Fort Collins, CO: US Department of Agriculture, Animal and Plant Health Inspection Service; 2009. Available at <http://www.aphis.usda.gov/animal_health/nahms/swine/downloads/swine2006/Swine2006_is_salmonella.pdf. >

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ