一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)過剰な塩分摂取の傾向 ― アメリカ、2003~20・・・

MMWR抄訳

rss

2013/12/20Vol. 62 / No. 50

MMWR62(50):1021-1025
Trends in the Prevalence of Excess Dietary Sodium Intake — United States, 2003–2010

過剰な塩分摂取の傾向 ― アメリカ、2003~2010年

過剰な塩分摂取は心血管系疾患の主なリスク因子である高血圧の原因となるため、塩分摂取の抑制は国として優先すべき問題であり、CDCは今回、2003~2010年のNational Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)データより、1歳以上34,916名における塩分摂取量から過剰摂取の状況について分析を行った。過剰摂取は1~3歳では1,500mg/日、4~8歳:1,900mg/日、9~13歳:2,200mg/日、14歳以上:2,300mg/日以上とした。2003~2006年および2007~2010年において、過剰塩分摂取は1~3歳にてそれぞれ84.0%、79.1%に認められ、4~8歳では各97.3%、92.6%、9~13歳では各96.9%、94.2%といずれも有意な低下が認められた。14~18歳ではそれぞれ94.2%、92.3%、19~50歳では各95.9%、95.4%、51歳以上では各88.9%、90.1%と有意な変動は認めなかった。平均年間摂取量は1歳以上にて2003~2004年:3,518mg、2009~2010年:3,424mgとわずかに減少していた。塩分密度を1,000kcalあたりの塩分量とした場合、2009~2010年では約1,700mg/1,000kcalであり、2003年以降、有意な変動は認めなかった。年齢別では14~18歳にて有意に増加し、また、4~8歳の男児、14~18歳の女性にて有意に増加、51歳以上の非ヒスパニック系白人にて有意に減少していた。以上、アメリカでは1歳以上のほとんどが塩分を過剰摂取しており、今後、食品中の塩分や外食による塩分摂取を減少させ、肥満を抑制することが急務であることが示唆された。

References

  • Roger VL, Go AS, Lloyd-Jones DM, et al. Heart disease and stroke statistics—2012 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2012;125:e2–220.
  • Guenther PM, Lyon JM, Appel LJ. Modeling dietary patterns to assess sodium recommendations for nutrient adequacy. Am J Clin Nutr 2013;97:842–7.
  • Institute of Medicine. Dietary reference intake for water, potassium, sodium, chloride, and sulfate. Washington, DC: The National Academies Press; 2005. Available at <http://www.nal.usda.gov/fnic/DRI/DRI_Water/water_full_report.pdf.>
  • Bernstein AM, Willett WC. Trends in 24-h urinary sodium excretion in the United States, 1957–2003: a systematic review. Am J Clin Nutr 2010;92:1172–80.
  • Briefel RR, Johnson CL. Secular trends in dietary intake in the United States. Annu Rev Nutr 2004;24:401–31.
  • Ford ES, Dietz WH. Trends in energy intake among adults in the United States: findings from NHANES. Am J Clin Nutr 2013;97:848–53.
  • Rhodes DG, Murayi T, Clemens JC, et al. The USDA automated multiple-pass method accurately assesses population sodium intakes. Am J Clin Nutr 2013;97:958–64.
  • CDC. Vital signs: food categories contributing the most to sodium consumption—United States, 2007–2008. MMWR 2012;61:92–8.
  • Coxson PG, Cook NR, Joffres M, et al. Mortality benefits from US population-wide reduction in sodium consumption: projections from 3 modeling approaches. Hypertension 2013;61:564–70.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ