一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)生産児を出産した女性における季節性インフルエンザワ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/12/13Vol. 62 / No. 49

MMWR62(49):1001-1004
Seasonal Influenza Vaccination Coverage Among Women Who Delivered a Live-Born Infant — 21 States and New York City, 2009–10 and 2010–11 Influenza Seasons

生産児を出産した女性における季節性インフルエンザワクチン接種率 ― 21州およびニューヨーク市、2009~2010年および2010~2011年インフルエンザシーズン

妊娠中はインフルエンザが重症化するため、アメリカ産婦人科学会およびAdvisory Committee on Immunization Practicesは妊婦に対するワクチン接種を推奨している。2009年のインフルエンザA(H1N1)pdm09(pH1N1)パンデミックウイルス感染以降、妊婦においてインフルエンザによる死亡率および重症化が増加しており、2009~2010年インフルエンザシーズン、CDCのPregnancy Risk Assessment Monitoring Systemは妊婦のワクチン接種率に関するデータの収集を開始、22地域(21州およびニューヨーク市)にて2010~2011年シーズンも継続してデータを収集し、今回、2010年9月~2011年5月に生産児を出産した女性(18,522名)のデータと、2009年9月~2010年5月に出産した19,429名のデータを比較した。ワクチン接種率は地域により差があり、2009~2010年シーズンの接種率は中央値:50.1%[29.9%(ジョージア州)~67.9%(ミネソタ州)]、2010~2011年シーズンは54.8%[32.6%(ジョージア州)~75.9%(ミネソタ州)]であった。接種率はすべての地域において増加または維持され、8地域にて有意に増加、ルイジアナ州(39.6%から49.8%)、ミズーリ州(42.8%から53.6%)、ワシントン州(53.3%から64.5%)にて顕著であった。2010~2011年シーズンにて医療関係者から接種推奨を受けた女性は53.7%から89.5%と増加、接種推奨を受けた女性のワクチン接種率は67.1%[(53.8%(ジョージア州)~89.5%(ネブラスカ州))であったが、接種推奨を受けていない女性では18.6%[4.0%(テネシー州)~42.4%(ミネソタ州)と低かった。接種時期は妊娠中が多く(83%)、接種を受けた場所は産科医/婦人科医 (49.3%)、かかりつけ医(14.2%)、職場/学校(11.3%)の順であり、出産後に接種を受けた女性は病院(50.6%)、かかりつけ医(15.5%)、産科/婦人科医(10.5%)の順であった。接種を受けなかった理由としては、71.4%が普段受けていないからと回答し、自分自身への副作用の心配(53.5%)、赤ちゃんへの有害性の心配(48.7%)、またインフルエンザに罹る心配がない(40.7%)、ワクチンは効かない(29.4%)などの回答があった。これらの結果より、妊婦に対しワクチンの効果と安全性を認識させ、接種率の地域差を是正し、改善していく必要性が示唆された。

References

  • American College of Obstetricians and Gynecologists Committee on Obstetric Practice. ACOG committee opinion no. 468: influenza vaccination during pregnancy. Obstet Gynecol 2011;116:1006–7.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Neuzil KM, Reed GW, Mitchel EF, Simonsen L, Griffin MR. Impact of influenza on acute cardio-pulmonary hospitalizations in pregnant women. Am J Epidemiol 1998;148:1094–102.
  • Naleway AL, Smith WJ, Mullooly JP. Delivering influenza vaccine to pregnant women. Epidemiol Rev 2006;28:47–53.
  • Jamieson DJ, Honein MA, Rasmussen SA, et al. H1N1 2009 influenza virus infection during pregnancy in the USA. Lancet 2009;374:451–8.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among pregnant women—29 states and New York City, 2009–10 season. MMWR 2012;61:113–8.
  • Kennedy ED, Ahluwalia IB, Ding H, Lu PJ, Singleton JA, Bridges CB. Monitoring seasonal influenza vaccination coverage among pregnant women in the United States. Am J Obstet Gynecol 2012;207(3 Suppl):S9–16.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2010–11 influenza season. MMWR 2011;60:1078–82.
  • Moro PL, Broder K, Zheteyeva Y, et al. Adverse events in pregnant women following administration of trivalent inactivated influenza vaccine and live attenuated influenza vaccine in the vaccine adverse event reporting system, 1990–2009. Am J Obstet Gynecol 2011;204:146.e1–7.
  • CDC. Vaccinations to prevent diseases: universally recommended vaccinations. Community Guide systematic reviews. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ