一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)インフルエンザワクチンにより回避されたインフルエン・・・

MMWR抄訳

rss

2013/12/13Vol. 62 / No. 49

MMWR62(49):997-1000
Estimated Influenza Illnesses and Hospitalizations Averted by Influenza Vaccination — United States, 2012–13 Influenza Season

インフルエンザワクチンにより回避されたインフルエンザ疾患および入院の推定値 ― アメリカ、2012~2013年インフルエンザシーズン

1976~2007年、インフルエンザによる死亡数は年3,300~49,000例であり、Advisory Committee on Immunization Practicesは2010年以降、インフルエンザおよび合併症の予防のため6ヵ月齢以上の全ての人に対してワクチンを毎年接種するよう推奨している。2013年、CDCは2006~2011年インフルエンザシーズンにてワクチンの接種により回避されたインフルエンザ関連疾患および入院数の年間数を定量化するモデルを発表し、今回、このモデルを用いて2012~2013年インフルエンザシーズン(2012年10月~2013年5月)におけるワクチン接種率、インフルエンザワクチンの有効性およびインフルエンザによる入院率について分析を行った。この期間におけるワクチン接種率は全体で44.7%であり、年齢別では6ヵ月~4歳:69.3%、5~19歳:48.5%、20~64歳:35.8%、65歳以上:66.0%であった。推定患者数は約3,200万人、推定受診者数は約1,400万人、推定入院者数は約38万人であり、患者数の29%、受診患者数の39%は6ヵ月~4歳の幼児か65歳以上の高齢者であり、入院患者数ではこれらの年齢層が69%を占めていた。インフルエンザワクチンにより、患者数は約660万人、受診者数は約320万人、入院患者数は79,260人防止され、インフルエンザによる有害な転帰は全体で17.3%(0~4歳:29.6%、5~19歳:17.3%、20~64歳:14.3%、65歳以上:17.1%)防止された。また、65歳以上の高齢者では患者数7%、受診患者数8%、入院患者数56%がそれぞれ防止された。以上、ワクチン接種によりインフルエンザ関連疾患の患者数、受診患者数および入院患者数を減少させうることが示されたが、ワクチン接種率がHealthy People 2020の目標値である70%に達していた場合、さらに患者数:440万人、受診患者数:180万人、入院患者数:3万人が防止されることから、ワクチン接種率改善の重要性が改めて示された。

References

  • CDC. Estimates of deaths associated with seasonal influenza—United States, 1976–2007. MMWR 2010;59:1057–62.
  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2013–2014. MMWR 2013;62(No. RR-7).
  • Kostova D, Reed C, Finelli L, et al. Influenza illness and hospitalizations averted by influenza vaccination in the United States, 2005–2011. PloS One 2013;8:e66312.
  • Treanor JJ, Talbot HK, Ohmit SE, et al. Effectiveness of seasonal influenza vaccines in the United States during a season with circulation of all three vaccine strains. Clin Infect Dis 2012;55:951–9.
  • CDC. Flu vaccination coverage, United States, 2012–13 influenza season. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/flu/fluvaxview/coverage-1213estimates.htm. >
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP): summary report, June 19–20, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/acip/meetings/downloads/min-archive/min-jun13.pdf.>
  • Ohmit SE, Petrie JG, Malosh RE, et al. Influenza vaccine effectiveness in the community and the household. Clin Infect Dis 2013;56:1363–9.
  • Zhou H, Thompson WW, Viboud CG, et al. Hospitalizations associated with influenza and respiratory syncytial virus in the United States, 1993–2008. Clin Infect Dis 2012;54:1427–36.
  • Falsey AR, Treanor JJ, Tornieporth N, Capellan J, Gorse GJ. Randomized, double-blind controlled phase 3 trial comparing the immunogenicity of high-dose and standard-dose influenza vaccine in adults 65 years of age and older. J Infect Dis 2009;200:172–80.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ