一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)喘息患者のワクチン接種率 ― アメリカ、2010~・・・

MMWR抄訳

rss

2013/12/06Vol. 62 / No. 48

MMWR62(48):973-978
Vaccination Coverage Among Persons with Asthma — United States, 2010–2011 Influenza Season

喘息患者のワクチン接種率 ― アメリカ、2010~2011年インフルエンザシーズン

インフルエンザは喘息症状を悪化させ、発作を誘発し、入院および死に至る肺炎または他の合併症の原因となるため、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は1964~2010年、6歳以上の喘息患者は毎年、インフルエンザワクチンの接種を受けるよう勧告を出しており、2010~2011年のインフルエンザシーズンの初め、この接種勧告の対象を6ヵ月齢以上の喘息患者に拡大した。今回、CDCは新しい接種勧告後の2010年および2011年のNational Health Interview Survey(NHIS)データを分析し、2歳以上の喘息患者における接種率の分析を行った。NHIS回答率は2010年:79.5%、2011年:82.0%であり、分析対象は2歳以上32,636名とした。うち現喘息患者は2,809名(8.6%)であり、ワクチン接種率は全体で38.5%(喘息患者:49.6%、非喘息患者:37.5%)、年齢別では2~17歳にてそれぞれ52.8%、38.8%、18~49歳:34.6%、25.4%、50~64歳:61.7%、42.0%、65歳以上:76.5%、69.7%といずれの年齢層においても喘息患者における接種率が有意に高値であった。喘息患者のうち、過去12ヵ月以内に発作があった患者における接種率は48.5%、過去12ヵ月以内に救急外来(ED)/応急手当を受診した患者では51.3%であり、発作およびED/応急手当の受診のなかった患者の接種率(50.2%)と有意差は認められなかった。また、過去12ヵ月以内に医療機関を受診しなかった患者に比べ、1回以上受診した患者にて有意に高く、医療保険加入者では非加入者の約2倍(25.8% vs 53.6%)、かかりつけの医療機関のある患者ではない患者の2倍以上(19.2% vs 52.0%)高い接種率であったが、Healthy People 2020の目標値(ハイリスク患者における接種率:6ヵ月~17歳:80%、18歳以上:90%)には達していなかった。以上、喘息患者に対し、インフルエンザワクチン接種の必要性を認識させ、接種率を向上することが急務であることが示された。

References

  • Jain, S, Kamimoto L, Bramley, AM, et al. Hospitalized patients with 2009 H1N1 influenza in the United States, April–June 2009. N Engl J Med 2009;361:1935–44.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • CDC. Influenza vaccination coverage among persons with asthma— United States, 2005–06 influenza season. MMWR 2008;57:653–7.
  • CDC. National Health Interview Survey (NHIS), 2011 data release. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhis/nhis_2011_data_release.htm.>
  • Lu P, Euler GL, Callahan DB. Influenza vaccination among adults with asthma: findings from the 2007 BRFSS survey. Am J Prev Med 2009;37:109–15.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among children with asthma— United States, 2004–05 influenza season. MMWR 2007;56:193–6.
  • CDC. Prevention and control of influenza, 2006. MMWR 2006;55 (No. RR-10).
  • CDC. Prevention and control of influenza, recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2008. MMWR 2008;57(No. RR-7).
  • Mangtani P, Shah A, Roberts JA. Validation of influenza and pneumococcal vaccine status in adults based on self-report. Epidemiol Infect 2007;135:139–43.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations to improve targeted vaccination coverage among high-risk adults. Am J Prev Med 2005;28(5S):231–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ