一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)野兎病 ― アメリカ、2001~2010年

MMWR抄訳

rss

2013/11/29Vol. 62 / No. 47

MMWR62(47):963-966
Tularemia — United States, 2001–2010

野兎病 ― アメリカ、2001~2010年

2001~2010年にNational Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)よりCDCに報告された野兎病患者について報告するとともに、1991~2000年の報告例と疫学的な比較を行った。野兎病はハワイを除くアメリカの全ての州から報告されている人畜共通感染症であり、原因となるFrancisella tularensisに感染した動物への直接接触、汚染したエアロゾルの吸入、汚染した食物や水の摂取により感染する。2001~2010年の報告例は1,208例(1年あたりの中央値126.5例、90~154例/年)であり、うち64%が確診例、35%が可能性例であった。年齢中央値は39(1~92)歳、男性が68%を占めていた。年間平均発症率は10万人あたり0.041人であり、年齢別では5~9歳(0.071)、65~69歳(0.11)にて高く、人種別ではアメリカインディアン/アラスカ原住民にて高かった(0.3)。症例は47州、505郡から報告され、州別の発症率はサウスダコタ州(65例、0.84)、アーカンソー州(162例、0.58)、ワイオミング州(29例、0.57)、ミズーリ州(231例、0.40)、ネブラスカ州(55例、0.31)、オクラホマ州(108例、0.30)にて高く、郡別ではデュークス郡(マサチューセッツ州、67例、43/10万人)、バッファロー郡(サウスダコタ州、6例、29/10万人)、シャノン郡(サウスダコタ州、24例、18/10万人)にて高かった。症例の多く(77%)は節足動物の活動がピークとなる5~9月に発症していた。1991~2000年に報告された症例は1,216例とほぼ同数であり、モンタナ州、アーカンソー州、サウスダコタ州ではそれぞれ72%、42%、29%減少したが、マサチューセッツ州、ネブラスカ州、オクラホマ州ではそれぞれ155%、120%、35%の増加であった。兎病は重篤な疾患であり、死に至る場合もあるため、医療関係者はその疫学的動向や臨床的特徴を把握し、適切な治療を行うとともに、生物学的テロの可能性についても考慮すべきである。

References

  • Dennis DT, Inglesby TV, Henderson DA, et al. Tularemia as a biological weapon: medical and public health management. JAMA 2001;285:2763–73.
  • US Department of Health and Human Services. Possession, use, and transfer of select agents and toxins; biennial review. Fed Regist 2012;77(194).
  • Eliasson H, Broman T, Forsman M, Bäck E. Tularemia: current epidemiology and disease management. Infect Dis Clin N Am 2006;20:289–311.
  • Kugeler KJ, Mead PS, Janusz AM, et al. Molecular epidemiology of Francisella tularensis in the United States. Clin Infect Dis 2009; 48:863–70.
  • Staples JE, Kubota KA, Chalcraft LG, Mead PS, Petersen JM. Epidemiologic and molecular analysis of human tularemia, United States, 1964–2004. Emerg Infect Dis 2006;12:1113–8.
  • CDC. Tularemia surveillance case definition. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://wwwn.cdc.gov/nndss/script/casedef.aspx?condyrid=880&datepub=1/1/1999%2012:00:00%20am.>
  • Ingram DD, Franco SJ. NCHS urban-rural classification scheme for counties. Vital Health Stat 2012;2(154).
  • CDC. Tularemia—United States, 1990–2000. MMWR 2002;51:182–4.
  • US Fish and Wildlife Service; US Census Bureau. 2006 national survey of fishing, hunting, and wildlife-associated recreation. Washington, DC: US Department of the Interior, US Fish and Wildlife Service; US Census Bureau, US Department of Commerce; 2008. Available at <http://www.census.gov/prod/2008pubs/fhw06-nat.pdf.>
  • Calanan R, Rolfs R, Summers J, et al. Tularemia outbreak associated with outdoor exposure along the western side of Utah Lake, Utah, 2007. Public Health Rep 2010;125:870–6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ