一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)ゲイ、両性愛者および男性間性交渉者におけるHIV検・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/29Vol. 62 / No. 47

MMWR62(47):958-962
HIV Testing and Risk Behaviors Among Gay, Bisexual, and Other Men Who Have Sex with Men — United States

ゲイ、両性愛者および男性間性交渉者におけるHIV検査とリスク行動 ― アメリカ

National HIV Surveillance Systemデータよりゲイ、両性愛者および男性間性交渉者(MSM)における地域別HIV診断率、National HIV Behavioral Surveillance Systemデータより2005年、2008年、2011年における過去12ヵ月以内の男性との避妊具なしのアナルセックス、2008、2011年における異性またはHIV感染状態不明のパートナーとの避妊具なしのアナルセックス、HIV検査歴と感染の認識状態について分析した。2011年、サウスダコタおよびペンシルベニア州を除く州にてHIVと診断された症例の半数以上はMSMであり、過去12ヵ月以内に避妊具なしのアナルセックスを行ったMSMは2005年:48%、2008年:54%、2011年:5%と有意に増加していた。HIV感染状態不明のパートナーとの避妊具なしのアナルセックスを行ったMSMは2008年、2011年ともに13%であったが、HIV陽性を認識していないMSMでは33%とHIV陽性を認識しているMSM(13%)、HIV陰性MSM(12%)の2倍以上高率であった(2011年)。HIV陰性または感染状態不明のMSMでは、67%が過去12ヵ月以内にHIV検査を受けたと報告し(3ヵ月以内:31%、4~6ヵ月:17%、7~12ヵ月:19%)、HIV陽性を認識していないMSMでは5%と低かった。2011年、MSMの18%がHIV陽性であり、その認識率は66%と2008年の56%から増加しているが、HIV陽性例の約1/3が陽性であることに気がついておらず、避妊具なしでの性交が高率に行われていることから、MSMにおけるHIV感染リスク行動の抑制および少なくとも年1回のHIV検査の必要性が強く示唆された。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2011. HIV surveillance report. Vol. 23. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/2011/surveillance_report_vol_23.html.>
  • CDC. Gay and bisexual men’s health: HIV/AIDS: serosorting among MSM. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/msmhealth/serosorting.htm.>
  • Smith D, Herbst JH, Zhang X, Rose C. Condom efficacy by consistency of use among MSM. Presented at the 20th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections; March 3–6, 2013; Atlanta, GA. Abstract 32.
  • Hart GJ, Elford J. Sexual risk behaviour of men who have sex with men: emerging patterns and new challenges. Curr Opin Infect Dis 2010;23:39–44.
  • Wejnert C, Le B, Rose C, et al. HIV infection and awareness among men who have sex with men—20 cities, United States, 2008 and 2011. PLoS One 2013;8:e76878.
  • Hall HI, Holtgrave DR, Maulsby C. HIV transmission rates from persons living with HIV who are aware and unaware of their infection. AIDS 2012;26:893–6.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • CDC. Interim guidance: preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in men who have sex with men. MMWR 2011;60:65–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ