一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)自発的医学的男性割礼 ― 南および東アフリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/29Vol. 62 / No. 47

MMWR62(47):953-957
Voluntary Medical Male Circumcision — Southern and Eastern Africa, 2010–2012

自発的医学的男性割礼 ― 南および東アフリカ、2010~2012年

自発的医学的男子割礼(VMMC)は、異性間性行為による男性のHIV感染リスクを約60%低減することが無作為化比較試験により示されている。2007年、WHOおよびJoint United Nations Programme on HIV/AIDSは、HIV流行国(人口の1%超がHIV陽性)のうち男子割礼率の低い14ヶ国にて重点的にVMMCを実施するよう勧告した。2011年12月1日のWorld AIDS Dayには、President’s Emergency Plan for AIDS Reliefによる資金提供の元、今後2年間に470万人以上を対象にVMMC支援を行うと宣言された。本報告は、CDCが支援を実施した9ヶ国(ボツワナ、ケニア、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、タンザニア、ウガンダおよびザンビア)における結果をまとめたものである。2009年10月~2012年9月に14ヶ国で計1,924,792名のVMMCが実施され、そのうち1,020,424名は約1,600ヶ所のCDC支援サイトで手術を受けた[2010年: 137,096名(7ヶ国)、2011年: 347,724名(8ヶ国)、2012年: 535,604名(9ヶ国)]。ケニアおよびウガンダでの実施が最も多く、それぞれ386,752名および205,812名であった。2010~2012年にVMMCを受けた男性の86.5%がHIV検査およびカウンセリング(HTC)を受け、そのうち2.4%がHIV陽性であった。HTC受診率は高く、2010年: 84.1%、2011年: 95.4%、2012年: 83.8%であった。58.6%が術後14日以内の検診を受け、検診を受けた男性の術後有害事象(中程度~重度)発現率は0.8%で、発現率は年ごとに低下した(2010年: 1.7%、2011年: 0.9%、2012年: 0.8%)。15歳以上の割合は年ごとに上昇し(2010年: 67.0%、2011年: 78.7%、2012年: 79.4%)、25歳以上の割合も同様であった(それぞれ0.1%、3.0%、6.0%)。サハラ以南のアフリカ地域では男性は20~39歳のHIV感染リスクが最も高い。CDCは現在、ケニア、タンザニアおよび南アフリカで25歳以上のVMMC実施率およびHTC受診率を上げる対策について検討を行っている。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. Global report: UNAIDS report on the global AIDS epidemic 2013. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2013. Available at <http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/epidemiology/2013/gr2013/UNAIDS_Global_Report_2013_en.pdf.>
  • Auvert B, Taljaard D, Lagarde E, Sobngwi-Tambekou J, Sitta R, Puren A. Randomized, controlled intervention trial of male circumcision for reduction of HIV infection risk: the ANRS 1265 trial. PLoS Med 2005; 2:e298.
  • Bailey RC, Moses S, Parker CB, et al. Male circumcision for HIV prevention in young men in Kisumu, Kenya: a randomized controlled trial. Lancet 2007;369:643–56.
  • Gray RH, Kigozi G, Serwadda D, et al. Male circumcision for HIV prevention in men in Rakai, Uganda: a randomised trial. Lancet 2007;369:657–66.
  • Weiss HA, Quigley MA, Hayes RJ. Male circumcision and risk of HIV infection in sub-Saharan Africa: a systematic review and meta-analysis. AIDS 2000;14:2361–70.
  • Mehta A, Moses S, Agot K, et al. The long term efficacy of medical male circumcision against HIV acquisition. AIDS 2013 [Epub ahead of print].
  • Gray R, Kigozi G, Kong X, et al. The effectiveness of male circumcision for HIV prevention and effects on risk behaviors in a post-trial follow up study in Rakai, Uganda. AIDS 2012;26:609–15.
  • World Health Organization; Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. New data on male circumcision and HIV prevention: policy and programme implications: conclusions and recommendations. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. Available at <http://www.who.int/hiv/pub/malecircumcision/research_implications/en.>
  • Njeuhmeli E, Forsythe S, Reed J, et al. Voluntary medical male circumcision: modeling the impact and cost of expanding male circumcision for HIV prevention in eastern and southern Africa. PLoS Med 2011;8:e1001132.
  • World Health Organization. Considerations for implementing models for optimizing the volume and efficiency of male circumcision services. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.malecircumcision.org/programs/documents/mc_MOVE_2010_web.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ