一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)HIV感染者への抗レトロウイルス療法の転帰における・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/29Vol. 62 / No. 47

MMWR62(47):945-952
Differences Between HIV-Infected Men and Women in Antiretroviral Therapy Outcomes — Six African Countries, 2004–2012

HIV感染者への抗レトロウイルス療法の転帰における男女間相違 ― アフリカ6ヶ国、2004~2012年

抗レトロウイルス療法(ART)プログラムにおける患者転帰の改善または阻害要因の特定するため、2008年9月~2012年2月にART施行後に脱落(死亡、ARTの中止および追跡不能)した患者について後ろ向きコホート研究を行った。アフリカ6ヶ国(西アフリカ:コートジボワール、南アフリカ:スワジランド、モザンビークおよびザンビア、東アフリカ:ウガンダおよびタンザニア)にて2004~2010年に成人ART患者(15または18歳以上)、計13,175例の性別、年齢、CD4細胞数、WHOの病期分類、ARTレジメンについて解析した結果、それぞれの国でART患者の61~67%が女性であり、参加時年齢(中央値)は男性(37~40歳)が女性(32~35歳)に比べ有意に高く、病期分類は男性でステージIVの割合が高かった。ART時のCD4細胞数は、コートジボワール、スワジランドおよびウガンダでは男性が有意に低く、モザンビーク、ザンビアおよびタンザニアでは男性が低い傾向にあったものの有意差は認められなかった。男女ともにネビラピンを含むファーストラインARTが、エファビレンツまたはプロテアーゼ阻害剤を含むレジメン、核酸系逆転写酵素阻害剤の三剤併用レジメンに比べ最も一般的で、女性ではファーストラインARTとしてネビラピンを含むレジメンが選択される傾向が強かった。全6ヶ国で、ART治療開始後4年半以内に脱落する割合は女性よりも男性で高く、西および南アフリカで有意差が認められた。東アフリカでは調整解析で女性が11~12%低かったが、有意差はなかった。以上より、ART転帰の男女間相違に関し十分な理由は判明しなかった。CD4細胞数や病期分類といった従来の予測因子では男性の脱落(死亡や追跡不能)リスクの高さを説明できず、社会的要因として遊牧など男性の地域的職業や、ARTへの反応性など生物学的要素に加え、女性、とくに母子対象の公衆衛生サービスに比べ、男性を対象とした介入が少ないことも要因と考えられる。AIDS関連死亡率の低減や女性への感染予防のため、男性のより早期のHIV検査とARTが必要であり、阻害要因の解明と介入が必要である。

References

  • Grambsch PM, Therneau TM. Proportional hazards tests and diagnostics based on weighted residuals. Biometrika 1994;81:515–26.
  • Cornell M, Schomaker M, Garone DB, et al. Gender differences in survival among adult patients starting antiretroviral therapy in South Africa: a multicentre cohort study. PLoS Med 2012;9(9)e1001304.
  • Cornell M, McIntyre J, Myer L. Men and antiretroviral therapy in Africa: our blind spot. Trop Med Int Health 2011;16:828–9.
  • Muula AS, Ngulube TJ, Siziya S, et al. Gender distribution of adult patients on highly active antiretroviral therapy (HAART) in Southern Africa: a systematic review. BMC Public Health 2007;7:63.
  • Auld AF, Mbofana F, Shiraishi RW, et al. Four-year treatment outcomes of adult patients enrolled in Mozambique’s rapidly expanding antiretroviral therapy program. PLoS One 2011;6(4)e18453.
  • Stringer J, Zulu I, Levy J, et al. Rapid scale-up of antiretroviral therapy at primary care sites in Zambia: feasibility and early outcomes. JAMA 2006;296:782–93.
  • Mosha F, Muchunguzi V, Matee M, et al. Gender differences in HIV disease progression and treatment outcomes among HIV patients one year after starting antiretroviral treatment (ART) in Dar es Salaam, Tanzania. BMC Public Health 2013;13:38.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. UNAIDS report on the global AIDS epidemic. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2012. Available at <http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/epidemiology/2012/gr2012/20121120_unaids_global_report_2012_with_annexes_en.pdf.>
  • Toure S, Kouadio B, Seyler C, et al. Rapid scaling-up of antiretroviral therapy in 10,000 adults in Côte d’Ivoire: 2-year outcomes and determinants. AIDS 2008;22:873–82.
  • African Development Bank. Migration patterns, trends and policy issues in Africa. Tunis, Tunisia: African Development Bank; 2010. Available at <http://www.afdb.org/fileadmin/uploads/afdb/Documents/Project-related-Procurement/WORKING%20119%20word%20document%20AA.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ