一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)ラテン系食料雑貨品店で販売されたサルファ剤に関連し・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/22Vol. 62 / No. 46

MMWR62(46):914-916
Fixed Drug Eruption Associated with Sulfonamides Sold in Latino Grocery Stores — Greater Washington, DC, Area, 2012–2013

ラテン系食料雑貨品店で販売されたサルファ剤に関連した固定薬疹 ― グレーターワシントンDCエリア、2012~2013年

2012年3月に、メリーランド州に住む7歳の少年において、僅かに痛みを伴い辺縁が明瞭で扁平および灰褐色の斑が体幹に発生し、ワシントンDCの皮膚科医により固定薬疹を疑われた。少年は、咳および風邪の治療として、エルサルバドルで生産されたBaczol Antigripalを処方箋なしでメリーランド州にて購入し、服用していた。また、2013年6月には、バージニア州北部に住む14歳の少女に、近所で購入したBaczol製剤が原因と見られる同様の固定薬疹が認められた。Baczol Antigripalの成分にはスルホンアミド系のトリメトプリム/スルファメトキサゾール(TMP/SMX)が含まれているが、TMP/SMXは固定薬疹およびその他の薬物有害反応の原因となることが知られているため、アメリカでは処方なしで合法的に販売することはできない。8月20日に、FDAは英語およびスペイン語で安全警報を公表し、購入者に対しこれらの製品の服用の中止と医療専門家への相談を勧告した。最初の症例を診断した皮膚科医が、メリーランド州のDepartment of Health and Mental Hygieneへ処方箋なしの抗生物質の販売を通知したため、当局は2012年4月にBaczolに関する警告を公表し、FDAはTMP/SMXを含むBaczol製剤の輸入拒否を発令した。このため2013年8月に、Children’s National Medical Centerの職員は、ワシントンDCおよび近隣のエルサルバドル系地区において、食料雑貨品店で購入可能なBaczol製品を調査した。TMP/SMXを含む製品は、19店中7店で発見され、ワシントンDC:3店、バージニア州:1店、メリーランド州:3店であった。TMP/SMXを含有したBaczol製品は3つで、このうちBaczol AntigripalおよびBaczol Expectoranteの2製品はエルサルバドル国内のみの販売となっており、Baczol Expectoranteはエルサルバドルでは処方箋が必要なかった。3番目のBaczol製品は、エルサルバドルの別の製造者により製造された。3製品とも潜在的な副作用について、パッケージに記載はなかった。また、同じBaczol AntigripalおよびBaczol Expectoranteと呼ばれる別の2製品は、TMP/SMXを含まず、処方なしでのアメリカでの販売を掲示しており、適切なNational Drug Code numbersを持っていた。医師は、患者の処方箋なしで購入できる抗生物質の服用に注意し、特に薬物有害反応が疑われる場合は、市販の風邪薬の服用について質問すべきである。

References

  • Food and Drug Administration. Import refusal report. Silver Spring, MD: Food and Drug Administration; 2009. Available at <http://www.accessdata.fda.gov/scripts/importrefusals/ir_detail.cfm?entryId=bky-0102939-2&docid=1&lineid=1&sfxId=.>
  • Cosulich M, Norton SA. Dermatographic fixed drug eruption: another cause of pseudo-Darier’s sign. Skinmed. In press 2013.
  • Mainous AG 3rd, Cheng AY, Garr RC, Tilley BC, Everett CJ, McKee MD. Nonprescribed antimicrobial drugs in Latino community, South Carolina. Emerg Infect Dis 2005;11:883–8.
  • Ho JM, Juurlink DN. Considerations when prescribing trimethoprim-sulfamethoxazole. CMAJ 2011;183:1851–8.
  • Shehab N, Patel PR, Srinivasan A, Budnitz DS. Emergency department visits for antibiotic associated adverse events. Clin Infect Dis 2008;47:735–43.
  • Garcia S, Canionero M, Lopes G. Dipyrone-induced granulocytopenia: a case for awareness. Pharmacotherapy 2006;26:440–2.
  • Bonkowsky JL, Frazer JK, Buchi KF, Byington CL. Metamizole use by Latino immigrants: a common and potentially harmful home remedy. Pediatrics 2002;109:e98.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ