一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)バイタルサイン:大腸癌スクリーニング検査の利用 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/08Vol. 62 / No. 44

MMWR62(44):881-888
Vital Signs: Colorectal Cancer Screening Test Use — United States, 2012

バイタルサイン:大腸癌スクリーニング検査の利用 ― アメリカ、2012年

2012年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データより、50~75歳の成人における大腸癌(CRC)スクリーニング検査の利用状況が分析された。The United States Preventive Services Task Force (USPSTF)は50~75歳の成人に対しCRCの予防および早期発見のため、1)高感度便潜血検査(FOBT、年1回)、2)大腸鏡検査(10年おき)、または3)S字結腸鏡検査(5年おき)とFOBT(3年おき)の実施を推奨している。今回、回答した236,565名のうち、15,985名(6.8%)はこの件に関し回答拒否、不明などにより分析対象から除外した。2012年におけるUSPSTFの推奨するCRCスクリーニング検査の実施率は65.1%であり、27.7%は今まで一度も検査を受けたことがなく、7.2%は検査を受けたことはあるが最近ではないと回答した。今まで検査を受けたことがないとの回答は、65歳以上に比べ50~64歳にて多く、男性、ラテン系、アメリカインディアン/アラスカ先住民、非都市部の居住者にて多かった。また、保険未加入者(55.0%)、かかりつけ医がいない人(61.0%)が多くみられた。検査は大腸鏡検査が最も多く(61.7%)、FOBT:10.4%、S字結腸鏡検査+FOBT:0.7%の順であった。大腸鏡検査は白人(62.7%)、黒人(62.1%)にて多く、FOBTはアジア/太平洋諸国(14.5%)、黒人(12.6%)にて多く行われていた。USPSTFが推奨する期間内での検査実施者は、全体で55.7%(アーカンソー州)~76.3%(マサチューセッツ州)であり、大腸鏡検査: 53.4%(モンタナ州、アーカンソー州)~73.7%(マサチューセッツ州)、FOBT: 3.4%(ユタ州)~20.2%(カリフォルニア州)であった。以上、USPSTFの推奨するCRCスクリーニング検査を受けていない50~75歳の成人は多く、FOBT、大腸鏡検査の両方を検査法のオプションとして促進し、検査率の向上および健康的格差の是正の必要性が示唆された。

References

  • U.S. Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2010 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, National Cancer Institute, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/uscs.>
  • Zauber AG, Lansdorp-Vogelaar I, Knudsen AB, Wilschut J, van Ballegooijen M, Kuntz KM. Evaluating test strategies for colorectal cancer screening: a decision analysis for the U.S. Preventive Services Task Force. Ann Intern Med 2008;149:659–69.
  • Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al, eds. SEER cancer statistics review, 1975–2010, Bethesda, MD: National Cancer Institute. Available at <http://seer.cancer.gov/csr/1975_2010/.>
  • U.S. Preventive Services Task Force. Screening for colorectal cancer: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Rockville, MD: .S. Preventive Services Task Force; 2008. Available at <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/uspstf08/colocancer/colors.htm.>
  • Klabunde CN, Cronin KA, Breen N, Waldron WR, Ambs AH, Nadel MR. Trends in colorectal cancer test use among vulnerable populations in the United States. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011;20:1611–21.
  • CDC. Prevalence of colorectal cancer screening among adults— Behavioral Risk Factor Surveillance System, United States, 2010. MMWR 2012;61(Suppl):51–6.
  • Zapka J, Klabunde CN, Taplin S, Yuan G, Ransohoff D, Kobrin S. Screening colonoscopy in the US: attitudes and practices of primary care physicians. J Gen Intern Med 2012;27:1150–8.
  • Lafata JE, Cooper GS, Divine G, et al. Patient-physician colorectal cancer screening discussions: delivery of the 5A’s in practice. Am J Prev Med. 2011;41:480–6.
  • Nadel MR, Berkowitz Z, Klabunde CN, Smith RA, Coughlin SS, White MC. Fecal occult blood testing beliefs and practices of U.S. primary care physicians: serious deviations from evidence-based recommendations. J Gen Intern Med 2010;25:833–9.
  • Inadomi JM, Vijan S, Janz NK, et al. Adherence to colorectal cancer screening: a randomized clinical trial of competing strategies. Arch Intern Med 2012;172:575–82.
  • Shokar NK, Carlson CA, Weller SC. Informed decision making changes test preferences for colorectal cancer screening in a diverse population. Ann Fam Med 2010;8:141–50.
  • DeBourcy AC, Lichtenberger S, Felton S, Butterfield KT, Ahnen DJ, Denberg TD. Community-based preferences for stool cards versus colonoscopy in colorectal cancer screening. J Gen Intern Med 2008;23:169–74.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ