一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)リファンピン耐性株を含む結核菌検出アッセイの有用性・・・

MMWR抄訳

rss

2013/10/18Vol. 62 / No. 41

MMWR62(41):821-824
Availability of an Assay for Detecting Mycobacterium tuberculosis, Including Rifampin-Resistant Strains, and Considerations for Its Use — United States, 2013

リファンピン耐性株を含む結核菌検出アッセイの有用性とその利用に関する考察 ― アメリカ、2013年

2013年8月、FDAは結核菌群(MTBC)のDNAおよびリファンピン(RMP)耐性に関連する遺伝子変異を検出するXpert MTB/RIFアッセイの販売を許可した。このアッセイはGeneXpert Instrument Systemに結合した使い捨てカートリッジを利用した核酸増幅(NAA)検査であり、MTBCの検出に関する感度および特異度はFDAが認可する他のNAAアッセイと同等である。また、結核(TB)が疑われ、治療を0~3日間受けた18歳以上の症例を対象とした多施設試験において、RMP耐性の検出に関する感度は95%、特異度は99%であった。RMP耐性例の多くはイソニアジド(INH)耐性を示し、2剤への耐性を示す場合を多剤耐性TBとする。RMP耐性はrpoB遺伝子、INH耐性はinhAおよびkatG遺伝子変異を示し、アメリカにおけるRMP耐性例は全TB症例の約1.8%と少ない。2008年、公衆衛生研究所協会およびCDCはTBの診断にNAA検査の実施を推奨しているが、この検査は培養検査に代替しうるものではなく、TBが疑われる症例は全例、抗酸菌の培養検査のため検体を採取する必要があり、薬剤耐性については関連する遺伝子座の配列決定を行う。Xpert MTB/RIFアッセイによるMTBC陽性、RMP耐性陰性の陰性的中率は高いが、first-line治療薬に対する薬剤感受性検査は必要である。また、CDCは肺、気道、喉頭TBが疑われる症例に対し、空気感染隔離(AII)を推奨しており、患者から8~24時間おきに採取した3喀痰検体の顕微鏡検査にて抗酸菌の存在を認めない場合、解除される。Xpert MTB/RIFアッセイを含むNAA検査は顕微鏡検査のみよりも感度、特異度ともに高く、MTBCの陰性的中率は高いことから、CDCはTBの診断およびAIIの解除の判断は、顕微鏡検査の結果をベースとしてNAA検査を行うことを推奨している。

References

  • Xpert MTB/RIF assay [package insert]. Sunnyvale, CA: Cepheid; 2013.
  • American Thoracic Society, CDC. Diagnostic standards and classification of tuberculosis in adults and children. Am J Respir Crit Care Med 2000;161(4 pt 1):1376–95.
  • CDC. Guidelines for preventing the transmission of Mycobacterium tuberculosis in health-care settings, 2005. MMWR 2005;54(No. RR-17).
  • CDC. Updated guidelines for the use of nucleic acid amplification tests in the diagnosis of tuberculosis. MMWR 2009;58:7–10.
  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2011. Atlanta, GA: U.S Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2011.>
  • Clinical and Laboratory Standards Institute. Susceptibility testing of Mycobacteria, Nocardiae, and Other Aerobic Actinomycete. Approved Standard. Second Edition, M24A2E, Vol. 31, No. 5, 2011.
  • CDC. Report of an expert consultation on the uses of nucleic acid amplification tests for the diagnosis of tuberculosis. Atlanta, GA: U.S Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/tb/topic/laboratory/rapidmoleculartesting/MolDSTreport.pdf.>
  • World Health Organization. Automated real-time nucleic acid amplification technology for rapid and simultaneous detection of tuberculosis and rifampicin resistance: Xpert MTB/RIF system. Policy statement. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://apps.who.int/iris/handle/10665/44586.>
  • Marks SM, Cronin W, Venkatappa T, et al. The health-system benefits and cost-effectiveness of using Mycobacterium tuberculosis direct nucleic acid amplification testing to diagnose tuberculosis disease in the United States. Clin Infect Dis 2013;57:532–42.
  • IDSA/NIH. Prevention and treatment of OI guidelines. Available at <http://www.aidsinfo.nih.gov/guidelines.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ