一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)公衆衛生当局への電子的な検査結果報告の増加に関する・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/27Vol. 62 / No. 38

MMWR62(38):797-799
Progress in Increasing Electronic Reporting of Laboratory Results to Public Health Agencies — United States, 2013

公衆衛生当局への電子的な検査結果報告の増加に関する進展 ― アメリカ、2013年

公衆衛生当局への検査結果の電子報告の増加は、報告をタイムリーおよび完全に作成することにより、報告義務のある疾患および状態に対する公衆衛生の調査を改善できる。2010年から、CDCは、臨床および公衆衛生臨床検査からの公衆衛生当局への電子検査報告(ELR)の改善を支援するために共同契約したEpidemiology and Laboratory Capacity for Infectious Diseasesを通じ、57の州、地方、地域の保健部門へ資金を提供している。合意の一部として、CDC、州、大規模な地方保健部門は、各管轄地域からの形成されたデータにより、アメリカにおけるELR実施のモニタリングを共同で取り組んでいる。ELRの進展のモニタリングは、Clinical Laboratory Improvement Amendments データベースおよびAmerican Hospital Associationからの2010年のデータを基に、各管轄地域の検査室リストの構築とともに2012年に開始した。これまでに、公衆衛生当局へ検査結果を送付した検査室は約10,400ヶ所で、内訳は、病院の検査室:約5,320(51%)、4つの大規模な民間試験所の施設:420(4%)、保健所:400(4%)、その他:4260(41%)であった。10,400ヶ所のうち、約5400ヶ所が保健部門によりELR導入の優先目標とされた。ELRにより報告された検査報告数を、全体の検査報告数と比較した。2013年7月31日現在で、57の管轄区域のうち、54の地域(48州および6つの大規模な地方保健部門)でELRを介して検査報告を受けた。2900の検査室(目標検査室の52%)が、1ヶ所以上の公衆衛生当局へELRを介して報告した。54の管轄区域から提供された12ヶ月の推定値に基づいて、全体検査報告の約62%が電子的に受理された。電子的に受理された検査報告の割合は、管轄区域により異なり、75%超は14地域、25%未満は9地域であった。電子的に受理したすべての報告のうち、40%は4つの大規模な民間試験所の一つからで、他は、病院の検査室:14%、保健所:30%であった。また、電子的に受理された検査報告の割合は疾患のカテゴリーにより異なり、一般的な伝染病では76%であったのに対し、HIVおよび性感染症は、これらの全体の報告量が多いにもかかわらず、54%と63%に低下した。電子的な検査報告の進展は、保健部門の技術的および政策的取り組みに対する能力および準備計画を増強および改善するために重要であり、臨床検査室、実験室情報システムのベンダー、公衆衛生当局間の協力が必要である。

References

  • Effler P, Ching-Lee M, Bogard A, Ieong M, Nekomoto T, Jernigan D. Statewide system of electronic notifiable disease reporting from clinical laboratories: comparing automated reporting with conventional methods. JAMA 1999;282:1845–50.
  • CDC. Progress in improving state and local disease surveillance—United States, 2000–2005. MMWR 2005;54:822–5.
  • US Department of Health and Human Services. 42 CFR Parts 412,413,422, et al. Medicare and Medicaid programs: Electronic Health Record Incentive Program; final rule. Fed Regist 2010;75:44314–588.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Surveillance/informatics: ELDR. CSTE-CDC Joint ELR Taskforce. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2013. Available at <http://www.cste.org/members/group.aspx?id=87606&hhSearchTerms=eldr.>
  • CDC. PHIN Vocabulary Access and Distribution System (VADS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://phinvads.cdc.gov/vads/SearchHome.action.>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. ELR roadmap process checklist. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2012. Available at <http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/surveillanceinformatics/elrroadmapprocesschecklista.pdf.>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. ELR legal assessment summary 11.09.11. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2011. Available at <http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/surveillanceinformatics/elrlegalassessmentsummary.pdf.>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Challenges for national large laboratories to ensure implementation of ELR meaningful use. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2012. Available at <http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/surveillanceinformatics/elrtaskforcelargelabwhitepap.pdf.>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. LIS vendor landscape and options for meeting ELR meaningful use. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2012. Available at <http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/surveillanceinformatics/elrtaskforcelisvendorwhitepa.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ