一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)麻酔下における急速オピオイド解毒に関連する死亡およ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/27Vol. 62 / No. 38

MMWR62(38):777-780
Deaths and Severe Adverse Events Associated with Anesthesia-Assisted Rapid Opioid Detoxification — New York City, 2012

麻酔下における急速オピオイド解毒に関連する死亡および重度の有害事象 ― ニューヨーク市、2012年

2012年8~9月、ニューヨーク市のPoison Control CenterよりDepartment of Health and Mental Hygiene (DOHMH)へ、麻酔下の急速オピオイド解毒(AAROD)により重篤な有害事象を来した3例(うち1例死亡)について報告された。DOHMHによる調査の結果、2012年1~9月、この施設(ニューヨーク市内)にて75例がAARODを受け、報告された症例を含め計7例(うち2例死亡)が72時間以内に入院を要する重篤な有害事象を来していた。AARODは1)禁断症状緩和のため、クロニジン、制吐剤、止瀉薬などを投与、2)挿管および全身麻酔導入、3)高用量のオピオイド拮抗薬ナロキソンを静注またはナルトレキソンを筋注、4)禁断症状の鎮静まで麻酔を維持、5)抜管し、その後回復までモニタリングという手順にて行われる。今回の調査での麻酔時間は8.3(3.1~15.0)時間、オピオイド拮抗薬投与時間:3.9(2.1~14.0)時間、ナロキソン投与量:80(2~315)mg、ナルトレキソン投与量:133(25~300)mgであり、重篤な有害事象を来した症例ではナロキソン投与量:80(4~88)mg、ナルトレキソン:150(0~150)mgであった。この施設でAARODを受けた75例は男性62例(83%)、年齢37(20~63)歳、合併症は精神障害(55%)、慢性疾患(23%)、薬物乱用(35%)であり、重篤な有害事象を来した7例は全例男性、31(24~52)歳、4例がオピオイド、2例はオピオイドとヘロイン、1例はヘロインを使用していた。また、4例が精神病を合併、2例が薬物乱用であった。オピオイド依存症の治療はエビデンスに基づき、死亡のリスクを考慮し、安全な方法で行われるべきである。

References

  • CDC. Vital signs: overdoses of prescription opioid pain relievers—United States, 1999–2008. MMWR 2011;60:1487–92.
  • Gibson A, Degenhardt L, Mattick RP, Ali R, White J, O’Brien S. Exposure to opioid maintenance treatment reduces long-term mortality. Addiction 2008;103:462–8.
  • Gowing L, Ali R, White JM. Buprenorphine for the management of opioid withdrawal. Cochrane Database Syst Rev 2009;3:CD002025.
  • Amato L, Davoli M, Minozzi S, Ali R, Ferri M. Methadone at tapered doses for the management of opioid withdrawal. Cochrane Database Syst Rev 2013;2:CD003409.
  • Sees KL, Delucchi KL, Masson C, et al. Methadone maintenance vs 180-day psychosocially enriched detoxification for treatment of opioid dependence: a randomized controlled trial. JAMA 2000;283:1303–10.
  • Friedmann PD, Lemon SC, Stein MD, D’Aunno TA. Accessibility of addiction treatment: results from a national survey of outpatient substance abuse treatment organizations. Health Serv Res 2003;38:887–903.
  • Gowing L, Ali R, White JM. Opioid antagonists under heavy sedation or anaesthesia for opioid withdrawal. Cochrane Database Syst Rev 2010;1:CD002022.
  • Collins ED, Kleber HD, Whittington RA, Heitler NE. Anesthesia-assisted vs buprenorphine- or clonidine-assisted heroin detoxification and naltrexone induction: a randomized trial. JAMA 2005;294:903–13.
  • American Society of Addiction Medicine. Public policy statement on rapid and ultra rapid opioid detoxification. 2005. Chevy Chase, MD: American Society of Addiction Medicine; 2005. Available at <http://www.asam.org/docs/publicy-policy-statements/1rod-urod---rev-of-oadusa-4-051.pdf?sfvrsn=0.>
  • Kienbaum P, Scherbaum N, Thürauf N, Michel MC, Gastpar M, Peters J. Acute detoxification of opioid-addicted patients with naloxone during propofol or methohexital anesthesia: a comparison of withdrawal symptoms, neuroendocrine, metabolic, and cardiovascular patterns. Crit Care Med 2000;28:969–76.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ