一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)全国タバコ教育キャンペーンが禁煙ラインへの週間電話・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/20Vol. 62 / No. 37

MMWR62(37):763-767
Impact of a National Tobacco Education Campaign on Weekly Numbers of Quitline Calls and Website Visitors — United States, March 4–June 23, 2013

全国タバコ教育キャンペーンが禁煙ラインへの週間電話件数およびウェブサイト訪問者数に及ぼす効果 ―アメリカ、2013年3月4日~6月23日

2013年3月4日~6月23日の間、CDCは成人喫煙者の禁煙を奨励する第2回全国タバコ教育キャンペーンを実施した。このキャンペーンは、喫煙経験者からの助言(Tips)として重篤な喫煙関連疾患の実話をテレビ、オンライン(インターネットおよびモバイル)、ラジオ、印刷物、屋外掲示板、バスの車体および停留所等に広告するものである。効果を持続させるため、全国放送のテレビでは一週間おきの放映とし、地方放送ではキャンペーン期間中継続して放映した。テレビ広告では禁煙ラインの電話番号(66%)、Tipsウェブサイト(28%)および医師への相談を促すメッセージ(6%)が放映された。キャンペーン開始12週はTipsウェブサイト、後半4週は上記3種を広告した。2013年のTipsキャンペーンの効果を評価するため、CDCはキャンペーン実施期間16週間および実施前後4週間の禁煙ラインへの週間電話相談件数およびTipsウェブサイトへの週間新規訪問者数を分析した。禁煙ラインには計352,848件、週平均22,053件の電話相談があり、キャンペーン実施前4週間(週平均12,582件)と比較し75%増と有意に増加した。キャンペーン終了後4週間は週平均13,044件となり、期間中と比較し41%減と有意に減少した。実施前後で件数に有意差は認められなかった。開始12週間、テレビ放映のなかった6週(平均16,500件)は放映のあった6週(平均26,571件)に比較し38%減少した。Tipsウェブサイトの新規訪問者数は期間中約290万(2,868,059)人、週平均179,254人となり、実施前4週間(平均4,724人)に比べ約280万(2,792,475)人、38倍近い増加となった。キャンペーン終了後4週間の平均訪問者数7,575人は期間中と比較し96%減少した。禁煙ラインへの電話相談はテレビ広告、ウェブサイトへの訪問はオンライン広告による効果と考えられた。Tipsキャンペーンのような写実的イメージを用いた感情に訴える広告をより頻繁に、長期間継続することでより大きな効果が期待できる。

References

  • Community Preventive Services Task Force. Reducing tobacco use and secondhand smoke exposure: mass-reach health communication interventions. Atlanta, GA: Task Force on Community Preventive Services; 2013. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/massreach.html.>
  • National Cancer Institute. The role of the media in promoting and reducing tobacco use. Tobacco control monograph no. 19. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Cancer Institute; 2008. Available at <http://www.cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/19/index.html.>
  • Durkin S, Brennan E, Wakefield M. Mass media campaigns to promote smoking cessation among adults: an integrative review. Tob Control 2012;21:127–38.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm.>
  • Farrelly, M, Mann N, Watson K, Pechacek T. The influence of television advertisements on promoting calls to telephone quitlines. Health Educ Res 2013;28:15–22.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. Available at <http://www.ahrq.gov/professionals/clinicians-providers/guidelines-recommendations/tobacco/index.html.>
  • Community Preventive Services Task Force. Reducing tobacco use and secondhand smoke exposure: Internet-based cessation interventions. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2013. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/internet.html.>
  • CDC. Effect of ending an anti-tobacco youth campaign on adolescent susceptibility to cigarette smoking—Minnesota, 2002–2003. MMWR 2004;53:301–4.
  • CDC. Increases in quitline calls and smoking cessation website visitors during a national tobacco education campaign—March 19–June 10, 2012. MMWR 2012;61:667–70.
  • McAfee T, Davis KC, Alexander Jr RL, Pechacek TF, Bunnell R. Effect of the first federally funded US antismoking national media campaign. Lancet 2013; September 9 [Epub ahead of print].

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ