一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)男性間性交渉者および静注ドラッグ使用者の推定割合と・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/20Vol. 62 / No. 37

MMWR62(37):757-762
Estimated Percentages and Characteristics of Men Who Have Sex with Men and Use Injection Drugs — United States, 1999–2011

男性間性交渉者および静注ドラッグ使用者の推定割合と特徴 ― アメリカ、1999~2011年

男性の同性間性交および違法静注薬物の使用はHIV感染の主要な感染ルートであり、2010年における新規HIV感染例の80%は男性で、うち78%は男性間性交渉者(MSM)、6%は静注ドラッグの使用者(IDU)であり、4%がMSM/IDUであった。CDCは1999~2008年のNational Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)データから、全人口に対するMSM/IDUの比率と総数を推定し、さらにその特徴についてHIVサーベイランスシステム(2008および2009年のNational HIV  Behavioral Surveillance System:NHBS、2011年のNational HIV Surveillance System:NHSS、2007~2009年のMedical Monitoring Project:MMP)を用いて分析した。その結果、NHANESデータでは18歳以上の男性7,011名(推定成人男性:71,111,352名)にてMSM/IDUは0.35%(248,890名に相当)であり、MSMは5%(同3,555,568名)、IDUは3%(同2,133,341名)、うちそれぞれ7%、11%がMSM/IDUであった。2008年NHBSデータでは9,903名中681名(7%)がMSM/IDUであり、うち38%が18~34歳、白人:65%、黒人/アフリカ系アメリカ人:11%、ヒスパニック/ラテン系:16%であった。2009年NHBSデータでは7,374名中1,467名(20%)がMSM/IDUであり、20%が18~34歳、白人:33%、黒人/アフリカ系アメリカ人:36%、ヒスパニック/ラテン系:26%であった。また、NHSSデータではHIV感染と診断された男性1,416名中4%がMSM/IDUであり、51%が18~34歳、白人:44%、黒人/アフリカ系アメリカ人:30%、ヒスパニック/ラテン系:21%であった。2010年末の時点にてMSM/IDUは49,656名であり、HIV感染生存例の8%であった。さらにMMPデータではHIV感染6,635名中596名(9%)がMSM/IDU(MSMの12%、IDUの39%)であり、うち5%が18~34歳、白人:46%、黒人/アフリカ系アメリカ人:33%、ヒスパニック/ラテン系:14%であった。MSM/IDUにおけるHIV感染リスクを抑制するためには、男性間性交および静注ドラッグの使用について、双方へのアプローチを組み合わせたプログラムが必要であり、とくにIDUに対し男性間性交のリスクを強く訴えることが効果的であると考える。

References

  • CDC. Estimated HIV incidence among adults and adolescents in the United States, 2007–2010. HIV surveillance supplemental report 2012; 17(No.4).
  • Purcell D, Johnson C, Lansky A, et al. Estimating the population size of men who have sex with men in the United States to obtain HIV and syphilis rates. Open AIDS J 2012;6(Supp 1:M6):98–107.
  • Lansky A, Finlayson T, Johnson C, et al. Estimating the number of injection drug users in the United States to calculate national rates of HIV infection. Presented at 2012 National Summit on HIV and Viral Hepatitis Diagnosis, Prevention, and Access to Care (November 26–28, 2012, Washington, DC) [abstract #115].
  • Semple SJ, Patterson TL, Grant I. A comparison of injection and non-injection methamphetamine-using HIV positive men who have sex with men. Drug Alcohol Depend 2004;76:203–12.
  • Deiss RG, Brouwer KC, Loza O, et al. High-risk sexual and drug using behaviors among male injection drug users who have sex with men in 2 Mexico-US border cities. Sex Transm Dis 2008;35:243–9.
  • US Preventive Services Task Force, 2013. Screening for HIV: US Preventive Services Task Force Recommendation Statement. Ann Intern Med 159:51–60.
  • CDC. Integrated prevention services for HIV infection, viral hepatitis, sexually transmitted diseases, and tuberculosis for persons who use drugs illicitly: summary guidance from CDC and the US Department of Health and Human Services. MMWR 2012;61(No. RR-5).
  • CDC. Update to interim guidance for preexposure prophylaxis (PreP) for the prevention of HIV infection: PreP for injecting drug users. MMWR 2013;62:463–5.
  • CDC. Interim guidance: preexposure prophylaxis for the prevention of HIV Infection in men who have sex with men. MMWR 2011;60:65–8.
  • Office of National AIDS Policy. The National HIV/AIDS Strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ