一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)最終的な届出伝染病の症例数と暫定的報告数の比較 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/13Vol. 62 / No. 36

MMWR62(36):747-751
Comparison of Provisional with Final Notifiable Disease Case Counts — National Notifiable Diseases Surveillance System, 2009

最終的な届出伝染病の症例数と暫定的報告数の比較 ― National Notifiable Diseases Surveillance System、2009年

州は届出伝染病の症例をNational Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)を介してCDCへ報告し、これによりCDCは公衆衛生活動の支援および管轄地域の境界を越えた全国的な感染症の監視を行うことができる。Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)は、感染症発生に関するデータの普及に利用されている。毎週の届出状態の過大または過少報告の拡大は、伝染病制御に必要である疾患の負担、分布、傾向の変化の公衆衛生の理解に影響を与える。特定の疾患の報告は州または地方レベルで指定されており、州、Council of State and Territorial Epidemiologists(CSTE)、CDCはこれらの管轄地域からNNDSSへ提出されるデータのための方針および手順を構築している。州は、国内の届出伝染病の症例の報告をCDCに週1回の頻度で報告し、CDCへ報告されMMWRに公表された毎週の症例は、暫定的と考えられる。NNDSSデータベースは、最新情報を利用できるように、年中無休で州の情報更新を許可している。最終の症例数は、データベースを閉鎖後に精査され、州の疫学者の承認を経て、「届出伝染病のMMWRサマリー-アメリカ」に公表される。感染症の暫定的症例数と最終症例数間の相違を定量することは、NNDSSからの情報を利用する際に役立つと考えられる。CDCは、2010年1月8日付のMMWRに公表された2009年の累積症例数と、2010年8月20日付のMMWRに公表された2009年のNNDSSの最終データ(2010年6月のカットオフデータ)における症例数を、67疾患について比較した。最終症例数は暫定的症例数と比較して5疾患で低下し、3疾患では同等であったが、59疾患で上回った。最終症例数と暫定的症例数間の差の中央値は16.7%で、差が20%以上は39疾患、50%超は12疾患であった。10症例以上の報告があった疾患間で、最終症例数が暫定的症例数を下回ったのは4疾患[5歳未満で血清型不明の侵襲性ヘモフィルスインフルエンザ疾患(166 vs 218)、急性C型肝炎(782 vs 844)、連鎖球菌以外の毒素性ショック症候群(74 vs 76)、インフルエンザに関連した小児の死亡(358 vs 360)]であった。症例の最終数と暫定数間の差のパーセンテージが最も大きかったのは、ウエストナイルウイルス(neuro/nonneuro)(720 vs 0)、おたふく風邪(1991 vs 982)、ハンセン病(103 vs 59)であった。これらの差は、程度の差はあるが様々な疾患で生じ、すべての州で認められた。例えば性器感染症のクラミジア・トラコマチス感染の最終症例数は、暫定的症例数と比べ全国的には13.1%高かったが、2%未満の差で低い州、20%以上高い州もあり、アーカンソー州およびノースカロライナ州では暫定的症例は報告されなかったが、最終数は各14,354人および41,045人であった。したがって、暫定的症例数の報告は適時性が特徴であるが、報告過程も踏まえ慎重に解釈する必要がある。

References

  • Smallman-Raynor M, Cliff AD, Haggett P, Stroup DF, Williamson GD. Spatial and temporal patterns in final amendments to provisional disease counts. J Public Health Manag Pract 1999;5:68–83.
  • CDC. Summary of notifiable diseases—United States, 2009. MMWR 2011;58(53).
  • CDC. Notice to readers: changes in presentation of data from the National Notifiable Diseases Surveillance System. MMWR 2006;55:13–4.
  • Stroup DF, Williamson GD, Herndon JL, Karon JM. Detection of aberrations in the occurrence of notifiable diseases surveillance data. Stat Med 1989;8:323–9.
  • Stroup DF, Wharton M, Kafadar K, Dean AG. Evaluation of a method for detecting aberrations in public health surveillance system data. Am J Epidemiol 1993;137:373–80.
  • Birkhead G, Chorba TL, Root S, Klaucke DN, Gibbs NJ. Timeliness of national reporting of communicable diseases: the experience of the National Electronic Telecommunications System for Surveillance. Am J Public Health 1991;81:1313–5.
  • Boehmer TK, Patnaik JL, Burnite SJ, Ghosh TS, Gershman K, Vogt RL. Use of hospital discharge data to evaluate notifiable disease reporting to Colorado’s Electronic Disease Reporting System. Public Health Rep 2011;126:100–6.
  • Silk BJ, Berkelman RL. A review of strategies for enhancing the completeness of notifiable disease reporting. J Public Health Manag Pract 2005;11:191–200.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ