一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)麻疹 ― アメリカ、2013年1月1日~8月24日

MMWR抄訳

rss

2013/09/13Vol. 62 / No. 36

MMWR62(36):741-743
Measles — United States, January 1–August 24, 2013

麻疹 ― アメリカ、2013年1月1日~8月24日

アメリカでは2000年に麻疹の根絶が宣言されたが、その後も国外からの輸入による発症は継続して認められ、2001~2012年の症例数は中央値60(37~220)例/年、アウトブレイクは中央値4(2~16)件/年報告されている。根絶宣言以降、症例数が多かった年は2008年:140例、2011年:220例であるが、2013年は1月1日~8月24日にて16州およびニューヨーク市(NYC)から159例での発症が報告されている。症例は0~61歳[12ヵ月齢未満:18例(11%)、1~4歳:40例(25%)、5~19歳:58例(36%)、20歳以上:43例(27%)]であり、うち17例(11%)が入院治療を要し、4例は肺炎と診断された。死亡例は認めていない。157例(99%)が輸入例(2例は感染源不明)であり、遺伝子型はD8(47例)、B3(6例)、H1(4例)、D9(3例)、D4(2例)であった。多くの症例がワクチン未接種例(131例、82%)または接種状態不明(15例、9%)であり、13例が接種を受けていたが、麻疹・おたふく風邪・風疹(MMR)ワクチンの2回接種例は3例であった。アウトブレイクは現時点で8回報告され、症例数は3~58例、最も大規模のアウトブレイクはNYC、次いでノースカロライナ州(23例)にて発生し、現在、テキサス州にて進行しているアウトブレイクでは8月24日時点で20例が確診されている。これらのアウトブレイクはワクチン未接種例にて拡大しており、ワクチンの接種が感染の拡大には重要であることが示唆される。

References

  • Katz SL, Hinman AR. Summary and conclusions: measles elimination meeting, 16–17 March 2000. J Infect Dis 2004:189(Suppl 1):S43–7.
  • CDC. Summary of notifiable diseases—United States, 2008. MMWR 2010;57(54).
  • CDC. Summary of notifiable diseases—United States, 2011. MMWR 2013;60(53).
  • CDC. Notes from the field: measles outbreak among members of a religious community—Brooklyn, New York, March–June 2013. MMWR 2013;62:752–3.
  • CDC. Notes from the field: measles outbreak associated with a traveler returning from India—North Carolina. MMWR 2013;62:753.
  • CDC. Prevention of measles, rubella, congenital rubella syndrome, and mumps, 2013: summary recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2013;62(No. RR-4).
  • CDC. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/hicpac/2007ip/2007isolationprecautions.html.>
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19–35 months— United States, 2012. MMWR 2013;62:733–40.
  • Smith PJ, Chu SY, Barker LE. Children who have received no vaccines: who are they and where do they live? Pediatrics 2004;114:187–95.
  • Omer SB, Salmon DA, Orenstein WA, deHart MP, Halsey N. Vaccine refusal, mandatory immunization, and the risks of vaccine-preventable diseases. N Engl J Med 2009;360:1981–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ