一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)国、州および地域における19~35ヵ月齢児のワクチ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/13Vol. 62 / No. 36

MMWR62(36):733-740
National, State, and Local Area Vaccination Coverage Among Children Aged 19–35 Months — United States, 2012

国、州および地域における19~35ヵ月齢児のワクチン接種率 ― アメリカ、2012年

Health People 2020では、小児ワクチン接種率において、麻疹・おたふく風邪・風疹(MMR):1回以上、B型肝炎(HepB):3回以上、ポリオ:3回以上、水痘:1回以上、ジフテリア、破傷風、百日咳(DTaP):4回以上、肺炎球菌結合型 (PCV):4回以上、ヘモフィルスインフルエンザ (Hib):シリーズ完全接種(製品により異なるが3~4回)のいずれも90%を超えることを目標としている。2012年のNational Immunization Survey (NIS:ランダムデジットダイヤルによる電話調査)データより、19~35ヵ月齢児(2009年1月~2011年5月生まれ)におけるワクチン接種率を国、州および地域別に集計した。回答率は固定電話にて64.7%、携帯電話にて30.6%であり、それぞれ67.6%(12,727名)、63.9%(13,009名)について接種記録との照合を行い、16,916名のデータを分析対象とした。その結果、2012年の19~35ヵ月齢児におけるワクチン接種率は全国にてMMR:90.8%、HepB(3回以上):89.7%、ポリオ(3回以上):92.8%、DTaP(4回以上):82.5%、水痘:90.2%であり、PCV(4回以上)の接種率は2011年:84.4%から2012年:81.9%に減少していた。HepBワクチンの出生時接種率は2011年:68.6%から2012年:71.6%に増加、Hibワクチンの完全接種率は2007年12月~2009年9月のワクチン供給不足以降、徐々に増加し、2009年:54.8%、2010年:66.8%、2011年:80.4%、2012年:80.9%となっている。混合ワクチンシリーズ[DTaP 4:ポリオ3: 麻疹1: Hib 3~4: HepB 3: 水痘1: PCV 4)の接種率は2011年:68.5%、2012年:68.4%とほぼ同率であった。また、世帯収入が連邦貧困水準を下回る家庭では、水準以上の世帯に比べDTaP、Hib、PCV、HepA(2回以上)、ロタウイルスおよび混合ワクチン接種率が低く、人種/民族別ではHepBワクチン接種率がアメリカインディアン/アラスカ原住民、アジア系および多民族系にて高かった。州別ではMMRに関しては15州にて目標値以下、DTaPはコネチカット州、デラウェア州、ワシントンDCのみが目標値に達していた。州による接種率の差が大きいワクチンは出生時HepB(バーモント州36.0%~ジョージア州87.6%)、HepA(ワイオミング州32.3%~ジョージア州65.9%)、ロタウイルス(ワシントンDC 54.2%~ニューハンプシャー州83.0%)であった。ワクチンの接種率を高く維持することはワクチンにて予防可能な疾患の発症予防に重要であり、今後も目標値の達成に向けた積極的な介入が必要である。

References

  • CDC. Vaccine-preventable diseases, immunizations, and MMWR— 1961–2011. MMWR 2011;60(Suppl 4):49–57.
  • CDC. Updated recommendations for use of Haemophilus influenzae type b (Hib) vaccine: reinstatement of the booster dose at ages 12–15 months. MMWR 2009;58:673–4.
  • CDC. Wireless substitution: early release of estimates from the National Health Interview Survey, July–December 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201306.pdf.>
  • Community Preventive Services Task Force. Increasing appropriate vaccination: universally recommended vaccinations. In: The Guide to Community Preventive Services. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2013. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/index.html.>
  • CDC. General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-2).
  • CDC. Vaccination coverage by race/ethnicity and poverty level among children aged 19–35 months, United States, 1996. MMWR 1997;46:963–8.
  • CDC. Measles—United States, 2011. MMWR 2012;61:253–7.
  • Association of State and Territorial Health Officials. Budget cuts continue to affect the health of Americans: update March 2012. Arlington, VA: Association of State and Territorial Health Officials; 2012. Available at <http://www.astho.org/display/assetdisplay.aspx?id=6907.>
  • Pineau V, Wolter K, Skalland B, et al. Modeling total survey error in the 2011 National Immunization Survey (NIS): pre-school children and teens. Paper presented at 2013 Joint Statistical Meetings, August 3–8, 2013; Montreal, Quebec, Canada.
  • Patient Protection and Affordable Care Act. Pub. L. No. 111-48,124 Stat. 119 (2010).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ