一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)バイタルサイン: 心疾患、脳卒中および高血圧性疾患・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/06Vol. 62 / No. 35

MMWR62(35):721-727
Vital Signs: Avoidable Deaths from Heart Disease, Stroke, and Hypertensive Disease — United States, 2001–2010

バイタルサイン: 心疾患、脳卒中および高血圧性疾患による回避可能な死 ― アメリカ、2001~2010年

予防的健康管理や、適時かつ効果的な医療措置を受けなかったために死亡した場合、これらは「回避可能な死」とされる。心疾患はアメリカにおける死因の首位であり、循環器系疾患は毎年、全死亡原因の約30%、80万人近くに上り、それらの大部分は生活習慣の改善や等により回避可能であったかもしれない。心疾患(虚血性あるいは慢性リウマチ性)、脳卒中および高血圧症を基礎疾患として有する75歳未満の死亡を回避可能な死と定義し、National Vital Statistics Systemにおける2001~2010年の死因データを分析した。2010年の回避可能な死は200,070例と推計され、年齢調整死亡率は10万人当たり60.7となり、そのうち56%が65歳未満であった。また、年齢層が上がるほど死亡率が高くなり、男性(10万人当たり83.7)が女性(同39.6)より、非ヒスパニック系黒人(同107.3)が他の人種/民族に比して高かった。州別ではミネソタ州(同36.3)からワシントンDC (同99.6)と2倍以上の差があり、南部の州で高い傾向にあった。2001~2010年の間に回避可能な死は29%減少し、特に65~74歳における減少が顕著で、55~64歳、35~54歳でも有意な減少を認めたが、34歳以下ではあまり改善が認められなかった。18~64歳の成人における健康保険未加入率の上昇(2001年: 17%、2010年: 22%)や、60歳以上の高齢者に比べ18~39歳の年齢層における高血圧の治療率(83.6%対43.5%)および管理率(47.0%対28.6%)の低さがこの年齢層における改善率の低下につながっていると考えられ、若年層成人における予防、診断、治療の改善が必要である。また、黒人は白人に比べ高血圧、糖尿病、肥満、身体活動や食生活といった心疾患リスクが高い。教育や生活状態、医療施設へのアクセスなど社会的制限への介入により、これらのリスク要因を低減する必要がある。これらの疾病による回避可能な死の防止には、ABCS (アスピリンの適切な服用、血圧管理、コレステロール管理、禁煙)の促進や、食品からの塩分、トランス脂肪酸摂取低減といった国、州、自治体による予防的健康管理や健康的行動のサポートに加え、個人の心疾患リスク管理や健康的行動も重要である。

References

  • Rutstein DD, Berenberg W, Chalmers TC, Child CG, Fishman AP, Perrin EB. Measuring the quality of medical care: a clinical method. N Engl J Med 1976; 294:582–8.
  • Macinko J, Elo I. Black-white differences in avoidable mortality in the USA, 1980–2005. J Epidemiol Community Health 2009;63:715–21.
  • Canadian Institute for Health Information. Health indicators 2012. Ottawa, Ontario: Canadian Institute for Health Information; 2012. Available at <https://secure.cihi.ca/free_products/health_indicators_2012_en.pdf.>
  • Office for National Statistics. Avoidable mortality in England and Wales, 2011. Newport, Wales: Office for National Statistics ; 2013. Available at <http://www.ons.gov.uk/ons/dcp171778_311826.pdf.>
  • AMIEHS. Avoidable mortality in the European Union: towards better indicators for the effectiveness of health systems. Rotterdam, Netherlands; 2011. Available at <http://amiehs.lshtm.ac.uk/publications/reports/amiehs%20final%20report%20vol%20i.pdf.>
  • Nolte E, McKee CM. Measuring the health of nations: updating an earlier analysis. Health Aff (Millwood) 2008;27:58–71.
  • Murphy SL, Xu J, Kochanek KD. Deaths: final data for 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;61(4).
  • Lopez AD, Mathers CD, Ezzati M, Jamison DT, Murray CJL, eds. Global burden of disease and risk factors. New York, NY: Oxford University Press; 2006.
  • Ford ES, Capewell S. Proportion of the decline in cardiovascular disease mortality due to prevention versus treatment: public health versus clinical care. Annu Rev Public Health 2011;32:5–22.
  • Towfighi A, Saver JL. Stroke declines from third to fourth leading cause of death in the United States: historical perspective and challenges ahead. Stroke 2011;42:2351–5.
  • Anselin L, Kim YW, Syabri I. Web-based analytical tools for the exploration of spatial data. J Geographical Systems 2004;6:197–218.
  • US Census Bureau. Health insurance historical tables (HIB series). Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; 2012. Available at <http://www.census.gov/hhes/www/hlthins/data/historical/HIB_tables.html>
  • Go AS, Mozaffarian D, Roger VL, et al. Heart disease and stroke statistics—2013 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2013;127:e6–e245.
  • CDC. Vital signs: awareness and treatment of uncontrolled hypertension among adults—United States, 2003–2010. MMWR 2012;61:703–9.
  • Gu Q, Burt VL, Dillon CF, Yoon S. Trends in antihypertensive medication use and blood pressure control among united states adults with hypertension—the National Health and Nutrition Examination Survey, 2001 to 2010. Circulation 2012;126:2105–14.
  • Towfighi A, Markovic D, Ovbiagele B. Recent patterns of sex-specific midlife stroke hospitalization rates in the United States. Stroke 2011;42:3029–33.
  • Gottlieb L, Sandel M, Adler NE. Collecting and applying data on social determinants of health in health care settings. JAMA Intern Med 2013;173:1017–20.
  • National Research Council and Institute of Medicine. U.S. health in international perspective: shorter lives, poorer health. Panel on understanding cross-national health differences among high-income countries. Washington, DC: National Academies Press; 2013.
  • Corwin LE, Wolf PA, Kannel WB, McNamara PM. Accuracy of death certification of stroke: the Framingham Study. Stroke 1982;13:818–21.
  • Arias E, Schauman WS, Eschbach K, Sorlie PD, Backlund E. The validity of race and Hispanic origin reporting on death certificates in the United States. Vital Health Stat 2 2008;148:1–23.
  • Mugavero K, Losby JL, Gunn JP, Levings JL, Lane RI. Reducing sodium intake at the community level: the Sodium Reduction in Communities Program. Prev Chronic Dis 2012;9:E168.
  • Lloyd-Jones DM, Hong Y, Labarthe D, et al. Defining and setting national goals for cardiovascular health promotion and disease reduction: the American Heart Association’s strategic Impact Goal through 2020 and beyond. Circulation 2010;121:586–613.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ