一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)飲用水および非レクリエーション用水に関連する水系感・・・

MMWR抄訳

rss

2013/09/06Vol. 62 / No. 35

MMWR62(35):714-720
Surveillance for Waterborne Disease Outbreaks Associated with Drinking Water and Other Nonrecreational Water — United States, 2009–2010

飲用水および非レクリエーション用水に関連する水系感染症発生動向調査 ― アメリカ、2009~2010年

アメリカでは水管理と消毒法の進歩にも関わらず水系感染症が引き続き発生している。CDCは全州および自治区が情報提供するWaterborne Disease and Outbreak Surveillance Systemにてデータを収集している。2009~2010年の間、17州において計33件の飲用水関連アウトブレイクが発生し、1,040名が発症、85例(8.2%)が入院、9例の死亡が報告された。1件を除いて原因微生物が判明しており、レジオネラによる19件(57.6%)のアウトブレイクで、72例(6.9%)が急性呼吸器症状を発症、58例が入院、8例が死亡した。症例数は非レジオネラおよび寄生虫/ウイルスによる急性消化器症状が最も多く(92.6%)、その大多数がカンピロバクターによるもので、単独原因として4件のアウトブレイク、812例(78.1%)の発症、17例の入院に関与していた。大多数(件数の75.8%、症例数の79.4%)が公営水道に関連し、また、多く(件数の51.5%、症例数の97.3%)が地下水を利用した水道であった。要因別では、建物内配管システムの不備によるレジオネラ症が最多(19件、57.6%)で、地下水の消毒の不備が8件(24.2%)、配水システムの不備が4件(12.1%)および両者によるとされたものが1件(3.0%)であった。配水システムと地下水の消毒の不備に関連して965例(92.8%)が発症しており、地下水利用に際して更なるモニタリングと消毒の努力が必要である。また、公営水道は疾病拡大の原因となり得るため、その防止とシステムの維持、向上が重要である。一方、近年増加傾向にあるレジオネラによるアウトブレイクは、原因菌が建物内配管で増殖するなど防除が困難であり、今後さらなる調査が必要である。

References

  • Cutler D, Miller G. The role of public health improvements in health advances: the twentieth-century United States. Demography 2005;42:1–22.
  • US Environmental Protection Agency. National primary drinking water regulations: ground water rule, final rule. Fed Regist 2006;(71):65574–660.
  • US Environmental Protection Agency. Drinking water infrastructure needs survey and assessment, fifth report to Congress. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2013. Available at <http://water.epa.gov/grants_funding/dwsrf/upload/epa816r13006.pdf.>
  • CDC. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water—United States, 2007–2008. MMWR 2011;60(No. SS-12):38–68.
  • Committee on Public Water Supply Distribution Systems: Assessing and Reducing Risks, National Research Council. Drinking water distribution systems: assessing and reducing risks. Washington, DC: National Academies Press; 2006.
  • Marciano-Cabral F, Jamerson M, Kaneshiro ES. Free-living amoebae, Legionella and Mycobacterium in tap water supplied by a municipal drinking water utility in the USA. J Water Health 2010;8:71–82.
  • Knobeloch L, Gorski P, Christenson M, Anderson H. Private drinking water quality in rural Wisconsin. J Environ Health 2013;75:16–20.
  • Swistock BR, Clemens S, Sharpe WE, Rummel S. Water quality and management of private drinking water wells in Pennsylvania. J Environ Health 2013;75:60–6.
  • US Environmental Protection Agency. Cross-connection control manual. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2003. Available at <http://www.epa.gov/safewater/pdfs/crossconnection/crossconnection.pdf.>
  • Tostmann A, Bousema T, Oliver I. Investigation of outbreaks complicated by universal exposure. Emerg Infect Dis 2012;18:1717–22.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ