一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)多剤耐性Bacteroides fragilis ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/30Vol. 62 / No. 34

MMWR62(34):694-696
Multidrug-Resistant Bacteroides fragilis — Seattle, Washington, 2013

多剤耐性Bacteroides fragilis ― シアトル、ワシントン州、2013年

インドで治療を受け、2013年5月に血流および腹腔内膿瘍から多剤耐性Bacteroides fragilisが分離された1例を報告する。患者はアメリカ生まれの70代男性で、前立腺肥大症の既往歴があった。2012年11月7日に観光でインドを訪れたが、到着1ヶ月後に進行性の腹痛を発症し、12月11日、ジャイプルの病院に入院した。生検を伴う結腸鏡検査の結果、高分化型腺癌が発見された。CTでは、転移癌を示唆する結腸周囲のリンパ節の腫脹ともに、肝臓に多発および広範囲の病変を認めた。4日間の入院中、1単位の濃厚赤血球輸血および複数回の抗生物質(詳細不明)の静脈内投与を受けた。盲腸腫瘤の切除を助言されたが、セカンドオピニオンを得るためにニュー・デリーへ移動した。そこで1月5~9日入院したが、その時に抗生物質の投与は受けていないと考えられた。患者はアメリカに帰国し、ワシントン州シアトルの癌センターにて検査を受け、2013年2月に外来で化学療法を5サイクル施行された。化学療法後の2013年5月に、ワシントン大学メディカルセンターに腫瘍切除のために入院し、術前にセファゾリンおよびメトロニタゾールを単回投与された。術後4日目に白血球の増加を認め、血液培養は陰性であったが、CT検査では膿瘍の所見であったため、バンコマイシンとピペラシリン/タゾバクタムを開始し、経皮的ドレナージを実施した。体液中にpan-susceptible Escherichia coliを検出し、抗生物質をセフトリアキソンに制限した。白血球数は一時的に改善したが再び増加し、中心静脈カテーテルから採取した血液よりグラム陰性桿菌が検出されたため、ピペラシリン/タゾバクタムを再開したところ、2日後の血液培養では生育を認めなかった。ドレナージ10日後に持続性発熱のために実施したCT検査にて腹水を認めたため、バンコマイシンを追加した。血液培養および腹部貯留液からB. fragilisが分離され、epsilometer試験(E-test)では、メトロニタゾール、イミペネム、ピペラシリン/タゾバクタム、クリンダマイシン、セフォテタン、アンピシリン/スルバクタム、モキシフロキサシンに耐性を示した。患者に対しては、接触予防策を講じた。最終的にBacteroides fragilis ssp. fragilisと同定し、ミノサイクリン、リネゾリド、チゲサイクリンに感受性を示したため、抗生物質レジメンをリネゾリドとエルタペネムに変更した。患者は解熱し血液培養陰性となり、退院した。外来にてリネゾリドとエルタペネムのレジメンを継続したところ、腹腔内膿瘍は徐々に解消し、抗生物質治療は約4週間後に中止した。医師は、カルバペナム耐性の腸内細菌への意識を高めるとともに、国外で治療を受けた患者では、B. fragilisのような多剤耐性菌に注意を払い、タイムリーな施設の感染制御実施と適切な抗生物質の選択をする必要がある。

References

  • Snydman DR, Jacobus NV, McDermott LA, et al. Lessons learned from the anaerobe survey: historical perspective and review of the most recent data (2005–2007). Clin Infect Dis 2010;50:S26–33.
  • Nagy E, Urban E, Nord CE, ESCMID Study Group on Antimicrobial Resistance in Anaerobic Bacteria. Antimicrobial susceptibility of Bacteroides fragilis group isolates in Europe: 20 years of experience. Clin Microbiol Infect 2011;17:371–9.
  • CDC. New carbapenem-resistant Enterobacteriaceae warrant additional action by healthcare providers. CDC Health Alert Network. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://emergency.cdc.gov/han/han00341.asp.>
  • Wareham DW, Wilks M, Ahmed D, Brazier JS, Millar M. Anaerobic sepsis due to multidrug-resistant Bacteroides fragilis; microbiological cure and clinical response with linezolid therapy. Clin Infect Dis 2005;40:e67–8.
  • Soki J, Eitel Z, Urban E, Nagy E, ESCMID Study Group on Antimicrobial Resistance in Anaerobic Bacteria. Molecular analysis of the carbapenem and metronidazole resistance mechanisms of Bacteroides strains reported in a Europe-wide antibiotic resistance survey. Int J Antimicrob Agents 2013;41:122–5.
  • Gupta N, Limbago BM, Patel JB, Kallen AJ. Carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: epidemiology and prevention. Clin Infect Dis 2011;53:60–7.
  • Chaudhry R, Mathur P, Dhawan B, Kumar L. Emergence of metronidazole-resistant Bacteroides fragilis, India. Emerg Infect Dis 2001;7:485–6.
  • Sherwood JE, Fraser S, Citron DM, et al. Multidrug resistant Bacteroides fragilis recovered from blood and severe leg wounds caused by an improvised explosive device (IED) in Afghanistan. Anaerobe 2011;17:152–5.
  • Clinical Laboratory Standards Institute. Methods of antimicrobial susceptibility testing of anaerobic bacteria; approved standards. M11-A7. Wayne, PA: Clinical Laboratory Standards Institute; 2007.
  • Schapiro JM, Gupta R, Stefansson E, Fang FC, Limaye AP. Isolation of metronidazole-resistant Bacteroides fragilis carrying the nimA nitroreductase gene from a patient in Washington state. J Clin Microbiol 2004;42:4127–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ