一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)55歳以上の労働者における業務上交通事故死―アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/23Vol. 62 / No. 33

MMWR62(33):653-657
Occupational Highway Transportation Deaths Among Workers Aged ≥55 Years — United States, 2003–2010

55歳以上の労働者における業務上交通事故死―アメリカ、2003~2010年

アメリカでは業務上死亡の主要な原因として交通事故が挙げられ、65歳以上の労働者では最も多い。今回、CDCはCensus of Fatal Occupational Injuriesの2003~2010年データを利用して年齢別(18~54歳、55~64歳、65歳以上)の業務上交通事故死について分析を行った。この期間、業務上交通事故による18歳以上の死亡者数は11,587名であり、年齢別では18~54歳:8,474名、55~64歳:2,065名、65歳以上:1,048名、死亡率は100,000フルタイム換算(FTE)労働者あたりそれぞれ0.9、1.4、3.1と、65歳以上では18~54歳の約3倍高値であった。アメリカインディアン/アラスカ原住民では65歳以上の死亡率が18~54歳の約4倍と高く、また、ヒスパニック系では約2倍、非ヒスパニック系では約3倍であった。業種別では輸送および倉庫業の労働者が全労働者の交通事故死亡者の約1/3を占めており(18~54歳:2,659/8,474名、55~64歳:824/2,065名、65歳以上:304/1,048名)、死亡率も最も高い(各6.5、10.6、21.2)。職業別の死亡率も運送および流通にて最も高かった(各7.4、12.9、22.9)。事故原因は車同士の衝突事故が最も多く、18~54歳、55~64歳、65歳以上にてそれぞれ43%、43%、48%であった。また、死亡者は主に運転手であり、歩行者の割合は少なかった。死亡事故を起こした車はオフロード車および産業車両が多く、18~54歳、55~64歳ではセミトレーラーがそれぞれ31%、37%を占めた。以上、業務上の交通事故による死亡がとくに65歳以上の高齢者にて多いことから、車両の保安基準や交通法規の遵守のほか、健康管理などの徹底が必要であると思われる。

References

  • CDC. Occupation highway transportation deaths—United States, 2003–2008. MMWR 2011;60:497–502.
  • Bureau of Labor Statistics. Occupational safety and health statistics. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2012. Available at <http://www.bls.gov/opub/hom/pdf/homch9.pdf.>
  • Bureau of Labor Statistics. Current Population Survey, 2003–2010 (microdata files) and labor force data derived from the Current Population Survey. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://www.bls.gov/cps/home.htm.>
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts FARS/GES annual reports [2003–2010]. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2013. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/Cats/listpublications.aspx?Id=24&ShowBy=Category.>
  • Li G, Braver ER, Chen L-H. Fragility versus excessive crash involvement as determinants of high death rates per vehicle-mile of travel among older drivers. Accid Anal Prev 2003;35:227–35.
  • Anstey KJ, Wood J, Lord S, Walker JG. Cognitive, sensory and physical factors enabling driving safety in older adults. Clin Psychol Rev 2005;25:45–65.
  • Bureau of Labor Statistics. Employment projections, 2010–2020. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2012. Available at <http://www.bls.gov/news.release/pdf/ecopro.pdf.>
  • Koppel SN, Charlton JL. Behavioural adaptation and older drivers. In: Rudin-Brown CM, Jamson SL, eds. Behavioural adaptation and road safety: theory, evidence, and action. Boca Raton, FL: CRC Press; 2013:303–22.
  • Williams AF. Protecting pedestrians and bicyclists: some observations and research opportunities. Arlington, VA: Insurance Institute for Highway Safety; 2013. Available <http://www.iihs.org/research/topics/pdf/r1186.pdf.>
  • CDC. Older adult drivers: get the facts. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/motorvehiclesafety/older_adult_drivers/adult-drivers_factsheet.html.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ