一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)C型肝炎感染のための初回検査の場所と理由 ― Ch・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/16Vol. 62 / No. 32

MMWR62(32):645-648
Locations and Reasons for Initial Testing for Hepatitis C Infection — Chronic Hepatitis Cohort Study, United States, 2006–2010

C型肝炎感染のための初回検査の場所と理由 ― Chronic Hepatitis Cohort Study、アメリカ、2006~2010年

慢性C型肝炎ウィルス(HCV)感染は疾患および死亡の大きな原因であるが、無症候性の人の検査および治療は、疾患の進行を回避する可能性がある。1998年にCDCは感染のリスクファクターに基づくHCV検査のガイドラインを発表した。最近の調査では、アメリカのHCV感染者の半数以上は感染状態に気付いていないことが明らかになった。検査率を向上させるために、CDCは1945~1965年に生まれた人に、1回は検査を受けることを推奨している。慢性HCV感染者が初回の検査を「どこで」および「なぜ」受けたのかを理解するために、現在進行中のChronic Hepatitis Cohort Study の一部として調査された2006年~2010年のデータを分析した。試験では、4つの統合医療システム(Geisinger Health System、Henry Ford Health System、Kaizer Permanente Hawaii、Northwest Permanente)で慢性HCVまたはB型肝炎ウィルス感染の治療を受けた集団を追跡した。18歳以上の慢性HCV感染患者は12,529例で、このうち無作為に抽出した10,380例を解析対象とした。調査では、初回HCV検査の場所および理由に関するデータを収集するため、連絡可能であった8,101例に2011~2012年に郵便または電話により質問した。調査を完遂したのは、4,689例(57.9%)で、非回答者と比較して年齢がやや高く(平均57.4歳 vs 56.9歳)、白人(72.8% vs 61.4%)および女性の(43.9% vs 38.0%)の割合が高かった。60.4%が診療所で検査を受けたと報告し、検査理由は、CDCのリスク適応(注射薬剤の使用、血液透析):1,045例(22.3%)、臨床的適応(肝機能検査値異常、黄疸等の肝症状):2,121例(45.2%)、機関での義務(血液ドナー、保険/健康維持機構、刑務所、職場/学校、軍隊):781例(16.7%)、医師の推奨:1,725例(36.8%)であった。対象者のうち1945~1965年に生まれた3,663例(78.1%)では、検査場所は、診療所: 62.1%、血液バンクまたは献血運動:9.4%、公衆衛生機関または専門クリニック:7.4%、入院時:5.4%であった。1945~1965年に生まれた人の検査理由は、CDCのリスク適応:781例(21.3%)、臨床的適応:1,713例(46.8%)、機関での義務:638例(17.4%)、医師の推奨:1,319例(36.0%)であった。これらの結果は、多くのHCV感染者は症状発現後のみに検査を受けていることを示唆している。診療所およびその他の会場でのHCV検査とともに、CDCのリスクファクターの普及および出生コホートに基づくHCV検査の推奨は、HCV感染のタイムリーな識別を可能にし、HCV関連の疾患および死亡を減少することができると考えられる。

References

  • Institute of Medicine. Hepatitis and liver cancer: a national strategy for prevention and control of hepatitis B and C. Washington, DC: The National Academic Press; 2010.
  • CDC. Recommendations for prevention and control of hepatitis C virus (HCV) infection and HCV-related chronic disease. MMWR 1998;47(No. RR-19).
  • Spradling PR, Rupp L, Moorman AC, et al. Hepatitis B and C virus infection among 1.2 million persons with access to care: factors associated with testing and infection prevalence. Clin Infect Dis 2012;55:1047–55.
  • Denniston MM, Klevens RM, McQuillan GM, Jiles RB. Awareness of infection, knowledge of hepatitis C, and medical follow-up among individuals testing positive for hepatitis C: National Health and Nutrition Examination Survey 2001–2008. Hepatology 2012;55:1652–61.
  • CDC. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945–1965. MMWR 2012;61(No. RR-4).
  • Moorman AC, Gordon SC, Rupp LB, et al. Baseline characteristics and mortality among people in care for chronic viral hepatitis: the Chronic Hepatitis Cohort Study. Clin Infect Dis 2013;56:40–50.
  • Moyer VA. Screening for hepatitis C virus infection in adults: US Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2013. Epub. Available at <http://annals.org/article.aspx?articleid=1700383.>
  • Tohme RA, Xing J, Liao Y, Holmberg SD. Hepatitis C testing, infection, and linkage to care among racial and ethnic minorities in the United States, 2009–2010. Am J Public Health 2013;103:112–9.
  • Mahajan R, Liu SJ, Klevens RM, Holmberg SD. Indications for testing among reported cases of HCV infection from enhanced hepatitis surveillance sites in the United States, 2004–2010. Am J Public Health 2013;103:1445–9.
  • CDC. Testing for HCV infection: an update of guidance for clinicians and laboratorians. MMWR 2013;62:362–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ