一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)アデノウイルスによる流行性角結膜炎のアウトブレイク・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/16Vol. 62 / No. 32

MMWR62(32):637-641
Adenovirus-Associated Epidemic Keratoconjunctivitis Outbreaks — Four States, 2008–2010

アデノウイルスによる流行性角結膜炎のアウトブレイク ― 4州、2008~2010年

 

アデノウイルスによる流行性角結膜炎のアウトブレイク ― 4州、2008~2010年

流行性角結膜炎(EKC)は伝染性が高い重症の結膜炎である。2008~2010年、ヒトアデノウイルス(HAdV)によるEKCのアウトブレイクが4つの州(フロリダ、イリノイ、ミネソタ、ニュージャージー州)から6件、CDCに報告された。フロリダ州では2008年11月~2009年3月、37例がEKCと診断された。8例(22%)は角膜炎を発症し、長期的なステロイド点眼療法が行われた。4例から採取した結膜組織の培養検査では全てがHAdV-8陽性を示した。1例は医師であり、症状が現れるまで診察を行っていたため、診療所を閉鎖して清掃が行われた。イリノイ州では2009年3月、NICUに入院していた2名の未熟児がHAdV-19によるEKCと診断された。さらにNICUに入院していた10名の新生児、NICUおよび眼科のスタッフ(各2名)、患者の家族2名がEKCと診断され、NICUは23日間閉鎖された。ミネソタ州では2008年8月、70例にてEKCの発症が確認され、うち8例は眼科および検眼クリニックのスタッフであった。発症時期は6月28日~9月25日、10例にてウイルス培養検査またはPCR法によりHAdVが確認され、3例からHAdV-8が検出された。症例が出たクリニックは清掃と消毒が行われた。ニュージャージー州では2009年12月~2010年7月、3つのアウトブレイクが発生、計286例での発症が確認された。いずれも発症の30日前に眼科クリニックを受診しており、最も大きなアウトブレイクは245例、結膜塗布検体を採取した4例中3例にてHAdV-8が検出された。他のアウトブレイクは17例(HAdV-3)、24例(HAdV-8)であった。これらのアウトブレイクに関与した施設に対し、スタッフの手の衛生の改善、診察終了時の消毒、複数の患者への投与を避けるための小さなバイアルの使用、EKC患者の検査室の分離、待合室でのEKC患者のトリアージなどが推奨された。

References

  • Durand ML, Weber DJ, Rutala WA. Healthcare-associated eye infections. In: Mayhall CG, ed. Hospital epidemiology and infection control, 4th ed. Philadelphia, PA: Lippincott Williams and Wilkins; 2012:352–64.
  • Jernigan JA, Lowry BS, Hayden FG, et al. Adenovirus type 8 epidemic keratoconjunctivitis in an eye clinic: risk factors and control. J Infect Dis 1993;167:1307–13.
  • Koo D, Bouvier B, Wesley M, et al. Epidemic keratoconjunctivitis in a university medical center ophthalmology clinic: Need for re-evaluation of the design and disinfection of instruments. Infect Control Hosp Epidemiol 1989;10:547–52.
  • Doyle TJ, King D, Cobb J, et al. An outbreak of epidemic keratoconjunctivitis at an outpatient ophthalmology clinic. Infect Dis Rep 2010;2:e17:52–5.
  • Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M, Chiarello L; Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. Guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare setting. Atlanta, GA: Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/isolation/isolation2007.pdf.>
  • Gottsch JD, Froggatt III JW, Smith DM, et al. Prevention and control of epidemic keratoconjunctivitis in a teaching eye institute. Ophthal Epidem 1999;6:29–39.
  • Gordon YJ, Gordon RY, Romanowski E, Araullo-Cruz TP. Prolonged recovery of desiccated adenoviral serotypes 5, 8, and 19 from plastic and metal surfaces in vitro. Ophthalmology 1993;100:1835–40.
  • Hara J, Okamoto S, Minekawa Y, et al. Survival and disinfection of adenovirus type 19 and enterovirus 70 in ophthalmic practice. Jpn J Ophthalmol 1990;34:421–7.
  • Rutala WA, Peacock JE, Gergen MF, et al. Efficacy of hospital germicides against adenovirus 8, a common cause of epidemic keratoconjunctivitis in health care facilities. Antimicrob Agents Chemother 2006;50:1419–24.
  • Rutala WA, Weber DJ; Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. Guideline for disinfection and sterilization in healthcare facilities 2008. Atlanta, GA: Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/guidelines/disinfection_nov_2008.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ