一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)CDC Grand Rounds:アメリカにおける・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/09Vol. 62 / No. 31

MMWR62(31):625-628
CDC Grand Rounds: Public Health Approaches to Reducing U.S. Infant Mortality

CDC Grand Rounds:アメリカにおける乳児死亡率抑制への公衆衛生的アプローチ

乳児死亡は1歳の誕生日前の死亡と定義され、乳児死亡率(IMR)は出生児1,000人あたりの死亡数を意味する。乳児死亡は1期(出生~27日後)と2期(28~364日後)に分けられ、約2/3が1期に起こり、その原因は早産、先天性異常、母体の健康状態、妊娠および出産の合併症、出産時の不適切な処置、2期での死因は予測不能な乳児突然死[SUID、主に乳幼児突然死症候群(SIDS)、怪我、感染症]などがある。アメリカにおけるIMRは50年前に比べ低下しており、その要因として低出生時体重による新生児死亡の減少が考えられ、体重1,000g未満の新生児の生存率は1950年代:10~15%から2008年:60%超となっている。しかし、経済協力開発機構(OECD)34ヵ国における2011年のIMRはアイスランド(2.2)、フィンランド(2.3)、日本(2.3)にて最も低く、アメリカは32位(6.05)である。25年前よりPregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS)がCDCにより行われており、現在、40州およびニューヨーク市が参加し、カリフォルニア、ネバダ、アイダホ州ではPRAMSに類似した調査が行われており、今回、これらのデータより乳児死亡リスクが分析された(回答数:約77,000件/年)。妊娠中の喫煙率が最も高かったのは、民族別では白人、年齢別では19歳未満の母親で、州別ではウェストバージニア州が最も高く(30%超)、ニューヨーク市が最も低かった(2.3%)。また、ミシガン州において非ヒスパニック系黒人の母親は、他の人種/民族に比べて乳児をあおむけに寝かせない傾向にあった。SUIDによる死亡数は約4,500名/年、うち約半数がSIDSによるものであった。1995~2005年はSIDSによる死亡数が減少し、病死およびASSB(ベッドでの偶発的な窒息死)が増加する傾向が認められている。SIDSおよびASSBはアメリカインディアン/アラスカ原住民、非ヒスパニック系黒人の順に高率であり、SIDSの危険因子として寝る姿勢(うつぶせ寝)、添い寝、ベッドの硬さ、喫煙への曝露、母親のアルコール/薬物の摂取などが挙げられている。Healthy People 2020のIMR目標値は6.0以下とされており、妊娠前の母体の健康増進、妊娠中のケアの質および安全性の改善、予防および健康促進の調査、健康サービスとの連携、サーベイランスおよびリサーチの強化、地域との連携強化が進められている。

References

  • Hoyert DL, Xu J. Deaths: preliminary data for 2011. Natl Vital Stat Rep 2012;61(6).
  • MacDorman MF, Mathews TJ. Understanding racial and ethnic disparities in U.S. infant mortality rates. NCHS data brief no. 74. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db74.htm.>
  • Spong CY, Iams J, Goldenberg R, Hauck FR, Willinger M. Disparities in perinatal medicine: preterm birth, stillbirth, and infant mortality. Obstet Gynecol 2011;117:948–55.
  • Callaghan WM, MacDorman MF, Rasmussen SA, Qin C, Lackritz EM. The contribution of preterm birth to infant mortality rates in the United States. Pediatrics 2006;118:1566–73.
  • Organisation for Economic Co-operation and Development. OECD family database. Paris, France: Organisation for Economic Co-operation and Development; 2012. Available at <http://www.oecd.org/social/family/database.>
  • MacDorman MF, Mathews TJ. Behind international rankings of infant mortality: how the United States compares with Europe. NCHS data brief, no 23. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db23.pdf.>
  • Lasswell SM, Barfield WD, Rochat RW, Blackmon L. Perinatal regionalization for very low-birth-weight and very preterm infants: a meta-analysis. JAMA 2010;304:992–1000.
  • Donovan EF, Lannon C, Bailit J, Rose B, Iams JD, Byczkowski T; Ohio Perinatal Quality Collaborative Writing Committee. A statewide initiative to reduce inappropriate scheduled births at 36(0/7)–38(6/7) weeks’ gestation. Am J Obstet Gynecol 2010;202:243.e1–8.
  • Moon RY, Fu L. Sudden infant death syndrome: an update. Pediatr Rev 2012;33:314–20.
  • Moon RY; Task Force on Sudden Infant Death Syndrome. SIDS and other sleep-related infant deaths: expansion of recommendations for a safe infant sleeping environment. Pediatrics 2011;128:1030–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ