一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)輸血関連伝播疑いウエストナイルウイルス感染症死亡事・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/09Vol. 62 / No. 31

MMWR62(31):622-624
Fatal West Nile Virus Infection After Probable Transfusion-Associated Transmission — Colorado, 2012

輸血関連伝播疑いウエストナイルウイルス感染症死亡事例―コロラド州、2012年

ウエストナイルウイルス(WNV)は通常は感染蚊によって伝播されるが、血液製剤投与や臓器移植によっても伝播されることがある。米国では2003年から輸血血液のミニプール(MP-)あるいは個別(ID-)核酸増幅検査(NAT)にてWNVスクリーニング検査を実施している。2012年8月、非ホジキンリンパ腫の男性が化学療法と自家幹細胞移植のため入院した。自家幹細胞採取14日前にWNV-NATを含む潜在性感染症スクリーニング検査を受け、全て陰性であった。幹細胞採取8日後に入院、入院第8および9日に移植を実施した。第18日に消化器症状、第28日に発熱、低血圧症を呈し、第29日に精神状態に変調、傾眠を来し呼吸不全に陥った。第30日に脳脊髄液を採取し細菌およびウイルス学的検査を実施、全て陰性であったが、WNV検査は行わなかった。MRIでは髄膜および皮質に炎症像を認め、脳波は広汎性脳障害を示し、精神状態は改善せず、第47日に死亡した。血清中WNV IgMは第43日から検出された。剖検では広汎に脳炎が認められ、採材した脳および脊髄組織からRT-PCR法にてWNV RNAが検出された。WNV抗体初検出の第43日以前に患者に投与された血液製剤を調査したところ、10名のドナー全員がWNV検査を受けており、1名の成分ドナーにおいて供血後56日の血清で抗WNV IgMおよび中和抗体が陽性となった。血小板は患者入院第9日にドナーから採取され、第14日に投与された。当該血液成分をCobas TaqScreen WNV testで検査したところMP-NATで陽性、ID-NATでは陰性であったため、FDA指針に従い供血された。血小板と同時に採取保存された新鮮凍結血漿は同法で4/5検体が陽性となったが、従来法では陰性となった。WNV IgMおよびIgG、中和抗体は陽性であった。輸血血液のWNVスクリーニング検査導入後、約3,500検体が排除されたが、本例以前に12例の輸血関連伝播が報告されている。本症例はID-NAT陰性、WNV IgMおよび中和抗体陽性の血液製剤による伝播疑い例であり、極微量の残存ウイルスが幹細胞移植のため免疫不全状態にあった患者に感染したと考えられる。MP-NAT陽性ID-NAT陰性血液検体の取扱いについては今後の検討が必要である。

References

  • Pealer LN, Marfin AA, Petersen LR, et al. Transmission of West Nile virus through blood transfusion in the United States in 2002. N Engl J Med 2003;349:1236–45.
  •  Food and Drug Administration. Guidance for industry: use of nucleic acid tests to reduce the risk of transmission of West Nile Virus from donors of whole blood and blood components intended for transfusion. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2009. Available at <http://www.fda.gov/downloads/biologicsbloodvaccines/guidancecomplianceregulatoryinformation/guidances/blood/ucm189464.pdf.>
  • Montgomery SP, Brown JA, Kuehnert M, et al. Transfusion-associated transmission of West Nile virus, United States 2003 through 2005. Transfusion 2006;46:2038–46.
  • Petersen LR, Busch MP. Transfusion-transmitted arboviruses. Vox Sang 2010;98:495–503.
  • Meny GM, Santos-Zabala L, Szallasi A, Stramer SL. West Nile virus infection transmitted by granulocyte transfusion. Blood 2011; 117:5778–9.
  • Lanciotti RS, Kerst AJ. Nucleic acid sequence-based amplification assays for rapid detection of West Nile and St. Louis encephalitis viruses. J Clin Microbiol 2001;39:4506–13.
  • Gallian P, De Micco P, de Lamballerie X, et al. Prevention of West Nile virus transmission by blood transfusion: a comparison of nucleic acid test screening assays. Transfusion 2005;45:1540–1.
  • Busch MP, Kleinman SH, Tobler LH, et al. Virus and antibody dynamics in acute West Nile virus infection. J Infect Dis 2008;198:984–93.
  • Stramer SL, Wagner AG, Paolillo JE, et al. West Nile virus (WNV) tests identify units implicated in transfusion transmission [abstract S7-030B]. In: Transfusion, special abstract supplement, 56th Annual AABB Meeting, San Diego, CA; 2003:2A–3A. Available at <http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1537-2995.43.9s.6.x/pdf.>
  • Rios M, Daniel S, Dayton AI, et al. In vitro evaluation of the protective role of human antibodies to West Nile virus (WNV) produced during natural WNV infection. J Infect Dis 2008;198:1300–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ