一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)主要大都市地域における銃による殺人と自殺―アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/08/02Vol. 62 / No. 30

MMWR62(30):597-602
Firearm Homicides and Suicides in Major Metropolitan Areas — United States, 2006–2007 and 2009–2010

主要大都市地域における銃による殺人と自殺―アメリカ、2006~2007年、2009~2010年

アメリカでは2009~2010年、銃による殺人は22,571件、自殺は38,126件発生し、このうち殺人3,397件、自殺1,548件は10~19歳にて発生していた。今回、2009~2010年のNational Vital Statistics System (NVSS)死亡率データおよび国勢調査の人口データより、大都市統計地域(MSA、2010年中期にて人口の多い順に50地域)における10歳以上の銃による殺人および自殺率を2006~2007年のデータと比較した。2009~2010年、MSAにおける銃による殺人は14,428件(人口10万人あたり4.3、サンディエゴ-カールズバッド:1.1~ニューオーリンズ-メテリー:19.0)であり、アメリカ全体(同3.7)に比べ高く、2006~2007年:17,149件(同5.2、アメリカ全体:4.2)より低下しており、MSA 50地域のうち39地域(78%)にて低下していた。このうち10~19歳は2006~2007年:3,060件(同6.6)から2009~2010年:2,368件(同5.1)と低下していた。また、銃による殺人の被害者は男性が85%を占めていた。銃による自殺者(10歳以上)は2009~2010年にて人口10万人あたり5.4(ニューヨーク-ニューアークージャージーシティ:1.6~ラスベガス-ヘンダーソン-パラダイス:11.4)であり、アメリカ全体(同7.0)に比べ低く、2006~2007年:5.1(アメリカ全体:6.5)から増加、MSA 50地域のうち37地域(74%)にて増加していた。うち10~19歳は2006~2007年、2009~2010年ともにMSAでは同1.2であり、自殺者の87%は男性であった。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html.>
  • Blumstein A, Wallman J. The recent rise and fall of American violence. In: Blumstein A, Wallman J, eds. The crime drop in America, revised edition. New York, NY: Cambridge University Press; 2006.
  • CDC. Suicide among adults aged 35–64 years—United States, 1999–2010. MMWR 2013;62:321–5.
  • Luo F, Florence CS, Quispe-Agnoli M, Ouyang L, Crosby AE. Impact of business cycles on US suicide rates, 1928–2007. Am J Public Health 2011;101:1139–46.
  • Bureau of Labor Statistics. Labor force statistics (Current Population Survey). Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2013. Available at <http://data.bls.gov.>
  • Sidman EA, Grossman DC, Koepsell TD, et al. Evaluation of a community-based handgun safe-storage campaign. Pediatrics 2005;115:e654–61.
  • Lampert MT, Silva PS. An update on the impact of gun control legislation on suicide. Psychiatr Q 1998;69:127–34.
  • Teret SP, Mernit AD. Personalized guns: using technology to save lives. In: Webster DS, Vernick JS, eds. Reducing gun violence in America: informing policy with evidence and analysis. Baltimore, MD: Johns Hopkins University Press; 2013.
  • Wintemute GJ. Broadening denial criteria for the purchase and possession of firearms: need, feasibility, and effectiveness. In: Webster DS, Vernick JS, eds. Reducing gun violence in America: informing policy with evidence and analysis. Baltimore, MD: Johns Hopkins University Press; 2013.
  • Jensen JM, Powell A, Forrest-Bank S. Effective violence prevention approaches in school, family, and community settings. In: Herrenkohl TI, Aisenberg E, Williams JH, Jensen JM, eds. Violence in context: current evidence on risk, protection, and prevention. New York, NY: Oxford University Press; 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ