一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)2007~2012年における思春期女児のヒトパピロ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/26Vol. 62 / No. 29

MMWR62(29):591-595
Human Papillomavirus Vaccination Coverage Among Adolescent Girls, 2007–2012, and Postlicensure Vaccine Safety Monitoring, 2006–2013 — United States

2007~2012年における思春期女児のヒトパピローマウイルスワクチン接種率および2006~2013年における認可後ワクチン安全性モニタリング -アメリカ

2006年半ば以降、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は11および12歳の思春期女児に対し、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの3回定期接種を推奨している。現在アメリカでは2種類のワクチン(HPV2、HPV4)があり、両剤とも16型および18型HPV(子宮頸癌およびHPV関連疾患の約70%を起こす)を防御、HPV4はさらに6型および11型HPV(性器疣贅の90%を起こす)を防御する。今回、2007~2012年のNational Immunization Survey-Teen (NIS-Teen)および全国認可後ワクチン安全性モニタリングによる13~17歳の女児におけるHPVワクチン接種率に関する調査結果を報告する。NIS-Teenは2006年より50州およびワシントンDCにて13~17歳の思春期女児を対象にランダム形式による電話調査(携帯電話を対象とした調査は2011年以降)により予防接種に関する情報を収集しており、電話にて了解を得た上でアンケートを送付して回答を得た(有効回答数は2007年:1,440、2008年:8,607、2009年:9,621、2010年:9,220、2011年:11,236、2012年:9,058)。この期間、健康上の不都合により接種できなかった場合を除外した場合の1回以上のHPVワクチン接種率は2012年にて92.6%に達し、接種機会を少なくとも1回以上逃した女児は2007年:20.8%から2012年:84.0%に増加した。2006年6月~2013年3月、HPV4はアメリカ国内に5,600万回分が流通し(HPV2は2009年10月~2013年3月にて611,000回分)、Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS)への有害事象の報告はHPV4の接種を受けた女児にて計21,194件で、92.1%が非重篤であった。全身症状は失神(気絶)、めまい、悪心、頭痛、発熱、蕁麻疹、局所症状は投与部位痛、発赤、腫脹が多く、重篤な有害事象(全体の7.9%)は頭痛、悪心、嘔吐、疲労感、めまい、失神、全身脱力感などが報告されている。安全性モニタリングデータはHPV4の安全性を継続して示唆しており、HPVワクチンの接種率は増加しているが、2回以上の接種率は2011年から2012年にかけて増加していない。

References

  • CDC. Quadrivalent human papillomavirus vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2007;56(No. RR-2).
  • Slade BA, Leidel L, Vellozzi C, et al. Postlicensure safety surveillance for quadrivalent human papillomavirus recombinant vaccine. JAMA 2009;302:750–7.
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2011. MMWR 2012;61:671–7.
  • Satterwhite CL, Torrone E, Meites E, et al. Sexually transmitted infections among US women and men: prevalence and incidence estimates, 2008. Sex Transm Dis 2013;40:187–93.
  • Markowitz LE, Hariri S, Lin C, et al. Reduction in HPV prevalence among young women following vaccine introduction in the United States, National Health and Nutrition Examination Surveys, 2003–2010. J Infect Dis 2013;208:385–93.
  • Flagg EW, Schwartz R, Weinstock H. Prevalence of anogenital warts among participants in private health plans in the US, 2003–2009: potential impact of HPV vaccination. Am J Public Health 2013;103:1428–35.
  • Ali H, Donovan B, Wand H, et al. Genital warts in young Australians five years into national human papillomavirus vaccination programme: national surveillance data. BMJ 2013;346:f2032.
  • Baandrup L, Blomberg M, Dehlendorff C, Sand C, Anderson KK, Kjaer SK. Significant decrease in the incidence of genital warts in young Danish women after implementation of a national human papillomavirus vaccination program. Sex Transm Dis 2013;40:130–5.
  • Daley MF, Crane LA, Markowitz LE, et al. Human papillomavirus vaccination practices: a survey of US physicians 18 months after licensure. Pediatrics 2010;126:425–33.
  • Oster NV, McPhillips-Tangum CA, Averhoff F, Howell K. Barriers to adolescent immunization: a survey of family physicians and pediatricians. J Am Board Fam Pract 2005;18:13–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ