一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)B型肝炎流行国におけるB型肝炎ワクチン出生時接種の・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/26Vol. 62 / No. 29

MMWR62(29):587-590
Hepatitis B Vaccine Birthdose Practices in a Country Where Hepatitis B is Endemic — Laos, December 2011– February 2012

B型肝炎流行国におけるB型肝炎ワクチン出生時接種の実施状況 -ラオス、2011年12月~2012年2月

西太平洋地域のWHO加盟国では、毎年約325,000人がB型肝炎ウイルス(HBV)の慢性感染による肝硬変と肝臓がんで死亡している。ラオスは人口の8%超がHBVキャリアの高頻度国である。主な感染経路は出生時および乳児期の母子感染であり、予防としてB型肝炎ワクチンの出生時接種(HepB-BD)を含む計3回の接種が有効である。ラオスにおけるワクチン接種率は2006年の3%から2011年の34%に留まっている。2011年12月~2012年2月の間、ラオス保健省およびWHOは国内24県のうち5県の37医療保健施設(7中核病院、9地域病院、1地域保健事務所、20保健所)におけるHepB-BD接種状況について面接調査を実施した。37施設のうち、出産を取り扱う31施設(84%)に加え4施設では自宅出産の新生児への接種を実施しており、計35施設(95%)でHepB-BD接種が実施されていた。3ヶ月の調査期間中、出産を扱う31施設で5,072名が出生し、3,541名(70%)がHepB-BD接種を受けた。施設ごとの接種率中央値は74%(四分位範囲: 39~97%)であった。35施設のうち10施設(29%)ではトレーニングを受けていないスタッフが接種しており、13施設(37%)ではワクチン在庫のない期間があった。また、37施設のうち33施設(89%)でワクチン禁忌を早産、低出生体重、黄疸、母体のHIV感染と回答するなど誤った理解があり、18施設(49%)で調査時にワクチンの在庫がなかった。ラオスでは出産は主に自宅で行われており、37施設のうち17施設(46%)は自宅出産の派遣介助、そのうち7施設(41%)は出生時にHepB-BD接種を実施、23施設(62%)は産後訪問、そのうち15施設(65%)は訪問時に接種を行っていたが、調査期間中にこれらの援助を受けたのはわずか出産48例と産後訪問81回のみであった。WHOは西太平洋地域における5歳児以上の感染率1%未満を到達目標としており、ラオスにおいては医療施設で出生する児への接種率の向上、ワクチン在庫の確保、自宅出産における医療者の介助と産後の訪問および訪問時の接種、感染予防についての知識の普及など、より一層の対策が必要である。

References

  • Goldstein ST, Zhou F, Hadler SC, Bell BP, Mast EE, Margolis HS. A mathematical model to estimate global hepatitis B disease burden and vaccination impact. Int J Epidemiol 2005;34:1329–39.
  • World Health Organization. Western Pacific Regional plan for hepatitis B control through immunization. Manila, Philippines: World Health Organization Western Pacific Region; 2007.
  • World Health Organization. Hepatitis B vaccines. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:405–19.
  • Clements CJ, Baoping Y, Crouch A, et al. Progress in the control of hepatitis B infection in the Western Pacific Region. Vaccine 2006;24:1975–82.
  • World Health Organization. Progress towards meeting the 2012 hepatitis B control milestone: WHO Western Pacific Region, 2011. Wkly Epidemiol Rec 2011;86:180–8.
  • Lee C, Gong Y, Brok J, Boxall EH, Gluud C. Effect of hepatitis B immunisation in newborn infants of of mothers positive for hepatitis B surface antigen: systematic review and meta-analysis. BMJ 2006;332:328–36.
  • Wong VC, Ip HM, Reesink, et al. Prevention of the HBsAg carrier state in newborn infants of mothers who are chronic carriers of HBsAg and HBeAg by administration of hepatitis-B vaccine and hepatitis-B immunoglobulin: double blind randomises placebo controlled study. Lancet 1984;1:921–6.
  • World Health Organization. WHO and UNICEF joint reporting form on immunization. Manila, Philippines: World Health Organization, Western Pacific Region; 2011. Available at <http://www.who.int/immunization_monitoring/routine/joint_reporting/en.>
  • World Health Organization. Practices to improve coverage of the hepatitis B vaccine. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Department of Immunization, Vaccines, and Biologicals; 2013. Available at <http://www.who.int/immunization/documents/control/who_ivb_12.11/en/index.html.>
  • World Health Organization. Preventing mother-to-child transmission of hepatitis B: operational field guidelines for delivery of the birth dose of hepatitis B vaccine. Manila, Philippines: World Health Organization Western Pacific Region; 2006. Available at <http://www.path.org/vaccineresources/details.php?i=709.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ