一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)VariZIGの使用に対する最新の勧告 ―アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/19Vol. 62 / No. 28

MMWR62(28):574-576
Updated Recommendations for Use of VariZIG — United States, 2013

VariZIGの使用に対する最新の勧告 ―アメリカ、2013年

2012年12月にFDAは、水痘に免疫がない重症疾患および水痘ワクチン禁忌のハイリスク者を対象に、水痘・帯状ヘルペス免疫グロブリン製剤のVariZIGを水痘の曝露後予防薬として承認した。VariZIGはアメリカで使用できる唯一の水痘・帯状ヘルペス免疫グロブリン製剤であり、治験薬(IND)のプロトコール下では、水痘・帯状ヘルペスウィルスに曝露後96時間(4日)以内に投与された。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)では、水痘・帯状ヘルペス免疫グロブリン製剤の使用に関する科学的エビデンスの討論およびレビューを行い、水痘予防に関する声明を作成した。また、2011年5月に、FDAはVariZIGの投与可能期間を今までの水痘・帯状ヘルペスウィルス曝露後96時間(4日)から10日に延長することを承認した。CDCでは、FDAおよびACIPの勧告を受けて、VariZIGの投与可能期間を延長し、投与可能な新生児の患者グループを修正した。CDCの勧告では、VariZIGの投与は水痘・帯状ヘルペスウィルスに曝露後できるだけ早く、10日以内を推奨している。アメリカ小児科学会も曝露後10日以内の投与を推奨している。また、VariZIGの投与を推奨される患者グループは、1)免疫のエビデンスのない免疫不全症患者、2)母親が周産期に水痘の兆候または症状を示した新生児、3)母親が水痘に対する免疫のエビデンスを持たない妊娠期間≧28週の入院中の早産児、4)母親の水痘に対する免疫のエビデンスにかかわらず、妊娠期間<28週または出生時体重≦1000gの入院中の早産児、5)免疫のエビデンスのない妊娠中の女性である。VariZIGは125IUバイアルで供給され、筋注で投与し、推奨用量は125IU/10kg(体重)、最大625IU(5バイアル)、最低62.5IU(0.5バイアル、体重≦2.0kg)、または125IU(1バイアル、体重2.1~10kg)である。予防接種の際は、水痘ワクチンはVariZIG投与後5ヶ月以上経過後に接種しなければならない。最も一般的なVariZIG投与後の有害反応は、注射部位の疼痛(2%)、頭痛(2%)であった。VariZIG投与の禁忌は、ヒト免疫グロブリンへのアナフィラキシー反応または重篤な全身性反応の既往、抗IgA 抗体を有するIgA 欠損症患者、過敏症の既往である。

References

  • Food and Drug Administration. FDA approves VariZIG for reducing chickenpox symptoms. Silver Spring, MD: Food and Drug Administration; 2012. Available at <http://www.fda.gov/newsevents/newsroom/pressannouncements/ucm333233.htm.>
  • Cangene Corporation. VariZIG: varicella zoster immune globulin (human). [package insert]. Winnipeg, Canada: Cangene Corporation; 2013.
  • American Academy of Pediatrics. Varicella-zoster infections. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2012 report of the Committee on Infectious Diseases. 29th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2012:774–89.
  • Brunell PA, Ross A, Miller LH, Kuo B. Prevention of varicella by zoster immune globulin. N Engl J Med 1969;280:1191–4.
  • Brunell PA, Gershon AA, Hughes WT, Riley HD Jr, Smith J. Prevention of varicella in high risk children: a collaborative study. Pediatrics 1972;50:718–22. 6. Gershon AA, Steinberg S, Brunell PA. Zoster immune globulin. A further assessment. N Engl J Med 1974;290:243–5.
  • Zaia J, Levin MJ, Preblud SK, et al. Evaluation of varicella-zoster immune globulin: protection of immunosuppressed children after household exposure to varicella. J Infect Dis 1983;147:737–43.
  • Levin MJ, Nelson WL, Preblud SR, Zaia JA. Clinical trials with varicella-zoster imunoglobulins. In Movell A, Nydegger U, eds. Clinical use of intravenous imunoglobulins. London, UK: Academic Press Inc.; 1986:255–67.
  • CDC. Prevention of varicella: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2007;56(No. RR-4).
  • CDC. A new product (VariZIG) for postexposure prophylaxis of varicella available under an investigational new drug application expanded access protocol. MMWR 2006;55:209–10.
  • CDC. FDA approval of an extended period for administering VariZIG for postexposure prophylaxis of varicella. MMWR 2012;61:212.
  • Evans EB, Pollock TM, Cradock-Watson JE, Ridehalgh MK. Human anti-chickenpox immunoglobulin in the prevention of chickenpox. Lancet 1980;1:354–6.
  • Miller E, Marshall R, Vurdien J. Epidemiology, outcome and control of varicella-zoster infection. Reviews in Medical Microbiology 1993;4:222–30.
  • Enders G, Miller E. Varicella and herpes zoster in pregnancy and the newborn. In: Arvin A, Gershon A, eds. Varicella-zoster virus: virology and clinical management. Cambridge, UK: Cambridge University Press; 2000.
  • Koren G, Money D, Boucher M, et al. Serum concentrations, efficacy, and safety of a new, intravenously administered varicella zoster immune globulin in pregnant women. J Clin Pharmacol 2002;42:267–74.
  • Winsnes R. Efficacy of zoster immunoglobulin in prophylaxis of varicella in high-risk patients. Acta Paediatr Scanda 1978;67:77–82.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ