一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)65歳における州別の健康寿命 ―アメリカ、2007・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/19Vol. 62 / No. 28

MMWR62(28):561-566
State-Specific Healthy Life Expectancy at Age 65 Years — United States, 2007–2009

65歳における州別の健康寿命 ―アメリカ、2007~2009年

健康寿命(HLE)は死亡率と疾病率または健康状態のデータを組み合わせ、その年齢から良好な健康状態で生存可能と推定される年数を算出するものである。HLEは生活の量と質を表すものであり、国レベルでは将来必要となる健康サービスを予測し、現行のプログラムの評価に有用な指標である。CDCはNational Vital Statistics System (NVSS)、国勢調査およびBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)より、2007~2009年の65歳におけるHLEを性別、年齢別、州別に算出した。その結果、HLEは男女ともに南部の州にて短い傾向が認められ、男性ではミシシッピ州:10.1年~ハワイ州:15.0年、女性ではミシシッピ州:11.4年~ハワイ州:17.3年であった。全ての州において男性に比べ女性にて長く、その差はルイジアナ州:0.7年~ノースダコタ州:3.1年であった。人種別では白人にてウエストバージニア州:11.0年~ワシントンDC:18.8年、黒人ではデータのない11州を除き、アイオワ州:7.1年~ニューメキシコ州:15.1年であり、ネバダ州およびニューメキシコ州では黒人にてそれぞれ0.4年、0.8年長いが、他の州は全て白人の方が長く、その差はアイオワ州にて7.8年に及んだ。全体ではミシシッピ州:10.8年~ハワイ州:16.2年であり、平均寿命(LE)に対するHLEの割合はミシシッピ州:61.5%(LE:17.5年、HLE:10.8年)~バーモント州:78.2%(LE:19.4年、HLE:15.2年)であった。これらのデータは65歳におけるHLEモニタリングのベースとなるものであり、今後、亜集団における健康状態の不同性を分析し、改善を目標とした対策に役立てられるものと考える。

References

  • Masseria C, Allin S, Sorenson C, Papanicolas I, Mossialos E. What are the methodological issues related to measuring health and drawing comparison across countries? Brussels, Belgium: European Commission; 2007. Available at <http://ec.europa.eu/social/BlobServlet?docId=3951&langId=en.>
  • Bol K. Living longer? Living better? Estimates of life expectancy and healthy life expectancy in Colorado. Denver, CO: Colorado Department of Public Health Environment; 2012. <http://www.chd.dphe.state.co.us/resources/briefs/lifeexpectancy.pdf.>
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System annual survey data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/annual_data/annual_data.htm.>
  • Sirken MG. Comparison of two methods of constructing abridged life tables by reference to a “standard” table. Vital Health Stat 1966;2(4).
  • Wei R, Anderson RN, Curtin LR. U.S. decennial life tables for 1999– 2001: state life tables. Natl Vital Stat Rep 2012;60(9).
  • Washington State Department of Health. Self-reported health status. In: Health of Washington State. Olympia, WA: Washington State Department of Health; 2012. Available at <http://www.doh.wa.gov/portals/1/documents/5500/ghs-srhs2012.pdf.>
  • Jamoom EW, Horner-Johnson W, Suzuki R, Andresen EM, Campbell VA; RRTC Expert Panel on Health Status Measurement. Age at disability onset and self-reported health status. BMC Public Health 2008;8:1–7.
  • Idler EL. Self-assessed health and mortality: a review of the studies. In: Maes S, Leventhal S, Johnston M, eds. International review of health psychology. New York, NY: John Wiley & Sons Ltd; 1992:33–54.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ