一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)1つの家禽飼育場が関係したサルモネラ感染症のアウト・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/12Vol. 62 / No. 27

MMWR62(27):553-556
Outbreak of Salmonella Heidelberg Infections Linked to a Single Poultry Producer — 13 States, 2012–2013

1つの家禽飼育場が関係したサルモネラ感染症のアウトブレイク―13州、2012~2013年

2012年6月、Oregon Health AuthorityおよびWashington State Department of Healthは同じPFGEパターンを示すサルモネラ菌(血清型ハイデルベルク)臨床分離株の増加に注目、このPFGEパターンは2004年のFoster Farmsの鶏と関連しており、今回、感染例の予備調査でもFoster Farmsの鶏への曝露が示された。2012年8月2日、CDCのPulseNetはアウトブレイクのパターンと一致する19のサルモネラハイデルベルクの臨床分離株を確認、CDC、州および郡の保健所、U.S. Department of Agriculture’s Food Safety and Inspection Service(USDA-FSIS)およびFDAによる調査が行われた。その結果、2012年6月1日以降に発症したサルモネラハイデルベルクのアウトブレイク株の感染例は13州に134例認められ[年齢中央値22(<1~94)歳、女性:55%]、発症時期は6月4日~2013年4月16日、33/105例(33%)が入院し、死亡例は認めていない。州別ではワシントン州:57、オレゴン州:40、アラスカ州:13、カリフォルニア州:11であった。詳細に関するアンケートに回答した70例において、55例(79%)が発症の1週間以内前に鶏肉を食しており、ブランドが判明した36/51例(71%)中、Foster Farms製は27例、他の9例はパッケージ表記にはないが、おそらくFoster Farmsで生産されたものであった。National Antimicrobial Resistance Monitoring System(NARMS)が検査した14の臨床分離菌のうち、2つがアモキシシリン/クラブラン酸、アンピシリン、セフォキシチン、セフチオフル、セフトリアキソン耐性を示した(ともに12ヵ月齢未満の小児、入院例)。9例を対象とした追跡調査では、全例が発症前にFoster Farmsの鶏肉を購入しており、未開封の鶏肉4検体全てからサルモネラ菌のアウトブレイク株が検出された。また、ワシントン州とオレゴン州にてNARMSが2012年10月に鶏肉の検体(n=11,417)を検査した結果、1,503(13%)よりサルモネラ菌が検出され、うち233(16%)はハイデルベルク型であり、48(21%)がアウトブレイク株と一致した。CDCはこれらの2つの州とともに調査結果をインターネットで開示、生肉を扱う際の注意を呼びかけている。

References

  • American Academy of Pediatrics. Salmonella infections. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2012 report of the Committee on Infectious Diseases. 29th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2012:635–40.
  • Food and Drug Administration. NARMS retail meat annual report, 2010. Rockville, MD: Food and Drug Administration; 2012.
  • CDC. Surveillance for foodborne disease outbreaks—United States, 2008. MMWR 2011:60:1197–202.
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. HACCP plan reassessment for not-ready-to-eat comminuted poultry products and related agency verification procedures. Fed Regist 2012;77:72686–91.
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. New performance standards for Salmonella and Campylobacter in young chicken and turkey slaughter establishments: response to comments and announcement of implementation schedule. Fed Regist 2011;76:15282–90.

 

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ