一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)10~24歳の年齢層における殺人率-アメリカ、19・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/12Vol. 62 / No. 27

MMWR62(27):545-548
Homicide Rates Among Persons Aged 10–24 Years — United States, 1981–2010

10~24歳の年齢層における殺人率-アメリカ、1981~2010年

殺人はアメリカにおいて10~24歳の年齢層における3大死因の一つである。2010年には4,800件の発生があり、その損失は将来生産額および医療費を併せ約90億ドルと推計される。CDCはNational Vital Statistics Systemのデータから30年間(1981~2010年)の10~24歳の年齢層における殺人の傾向を解析した。10万人あたり殺人率は1985年(8.7)~1993年(15.9)には83%上昇し、1994年(15.2)~1999年(8.9)には41%低下、2000~2010年は各年約1%と緩やかではあるが有意に低下し、2010年(7.5)は30年間で最も低い殺人率であった。この年齢層の中でも20~24歳、男性、黒人の殺人率が高く、2010年における10万人あたり殺人率は各々13.2、12.7、28.8であった。79%(64~85%)が銃器による殺人であった。2000~2010年の期間でさらに詳細に解析したところ、男性が女性に比べ有意に高く、人種/民族別では非ヒスパニック系黒人における殺人率が最も高く、非ヒスパニック系白人が最も低かった。年齢層では20~24歳が最も高く、10~14歳で最も低かった。全体として殺人率の改善が見られるものの、これら高リスク群では改善が緩やかである。若年層における暴力行為や麻薬犯罪は殺人率と相関が認められており、抑止のために引き続き公衆衛生、法曹、教育、経済およびコミュニティの連携による介入が必要と考えられる。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at: <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html.>
  • Murphy SL, Xu JQ, Kochanek KD. Deaths: final data for 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;61(4).
  • Federal Bureau of Investigation. Crime in the United States. Washington, DC: US Department of Justice, Federal Bureau of Investigation; 2013. Available at <http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/ucr.>
  • Blumstein A, Wallman J (eds.). The crime drop in America, revised edition. New York, NY: Cambridge University Press; 2006.
  • Braga AA, Weisburd DL. The effects of focused deterrence strategies on crime: a systematic review and meta-analysis of the empirical evidence. J Research in Crime Delinquency 2011;49:323–58.
  • US Department of Health and Human Services. Youth violence: a report of the Surgeon General. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Center for Mental Health Services; National Institutes of Health, National Institute of Mental Health; 2001. Available at <http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/nbk44294.>
  • CDC. Striving To Reduce Youth Violence Everywhere (STRYVE): the Centers for Disease Control and Prevention’s national initiative to prevent youth violence foundational resource. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/stryve_foundational_resource-a.pdf.>
  • Cook PJ, MacDonald J. Public safety through private action: an economic assessment of BIDS. Economic J 2011;121:445–62.
  • Arias E, Schauman WS, Eschbach K, Sorlie PD, Backlund E. The validity of race and Hispanic origin reporting on death certificates in the United States. Vital Health Stat 2008;2(148).
  • CDC. Injury prevention and control: youth violence. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/violenceprevention/youthviolence/index.html.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ