一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)リンパ系フィラリア症根絶に向けた集団投薬 -ポルト・・・

MMWR抄訳

rss

2013/06/14Vol. 62 / No. 23

MMWR62(23):466-468
Mass Drug Administration for the Elimination of Lymphatic Filariasis - Port-au-Prince, Haiti, 2011-2012

リンパ系フィラリア症根絶に向けた集団投薬 -ポルトープランス、ハイチ、2011~2012年

WHOはリンパ系フィラリア症(LF:象皮症)の根絶に向けて2010年より集団投薬(MDA、目標実施率:65%以上)を行っている。症例数は全世界にて1億2000万例と推定され、アメリカ諸国ではLFを風土病とするハイチにて1,240万人が発症リスクにあり、2020年までの根絶を目標に2011年の時点でポルトープランスを除く全地域にてMDAが行われた。ポルトープランスでは2011年11月~2012年2月に1回目のMDAが実施され、その実施率の調査が行われた。調査は5月3~21日、2,102世帯を対象とし、78%(6,345名)が参加した。その結果、MDAの錠剤服薬率は71%であり、男女別では男性:72%、女性:71%、年齢別では2~4歳:55%、5~14歳:83%、その後低下し、65歳以上では62%であった。また、キャンプ内の国内避難民(IDP)にて77%と最も高かった。18歳以上を対象としたKAP(knowledge、attitudes、practices)アンケート(回答数:1,976)では88%がMDAの開始前に認識があったと回答し、うち74%に錠剤が配給され、71%が服用した。認識がなかった人では服用率は50%であった。服用しなかった理由として61%が安全性および服用により病気になる不安を挙げ、服用後の有害事象は34%にて報告され、悪心/嘔吐:62%、疲労感:42%が多かった。以上、ハイチでのMDAの適用率は目標値に届いていない地域が多く、今後もLF根絶に向けた取り組みが必要である。

References

  • World Health Organization. Global programme to eliminate lymphatic filariasis progress report 2000-2009 and strategic plan 2010-2020. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/44473/1/9789241500722_eng.pdf.>
  • World Health Organization. Global programme to eliminate lymphatic filariasis: progress report, 2011. Wkly Epidemiol Rec 2012;87:346-56.
  • World Health Organization. Preparing and implementing a national plan to eliminate lymphatic filariasis. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2000. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2000/who_cds_cpe_cee_2000.15.pdf.>
  • Beau de Rochars MV, Milord MD, St Jean Y, et al. Geographic distribution of lymphatic filariasis in Haiti. Am J Trop Med Hyg 2004;71:598-601.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ