一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)麻疹排除に向けた進展 -西太平洋地域、2009~2・・・

MMWR抄訳

rss

2013/06/07Vol. 62 / No. 22

MMWR62(22): 443-447
Progress Toward Measles Elimination - Western Pacific Region, 2009-2012

麻疹排除に向けた進展 -西太平洋地域、2009~2012年

2005年に、WHOの西太平洋地域委員会は2012年までに麻疹を排除することを決断した。西太平洋地域において推奨される麻疹排除の戦略には、1)定期的な予防接種事業および必要であれば補足的な予防接種活動により、麻疹含有ワクチン(MCV)の2回接種の補償の達成と維持(95%以上)、2)高品質で症例に基づいた麻疹調査の実施、3)疑似患者の確認または除外および麻疹ウィルスの遺伝子型/分子分析のために、検体をタイムリーで正確に試験する技術を持った高品質の臨床検査による調査の確立、4)迅速な対応および適切な症例管理を確立するために、麻疹大発生への準備の構築と維持が挙げられる。37の西太平洋地域の加盟国および地域において、36のMCV補償に関する年間報告があった。2009~2012年の西太平洋地域では、1回目MCV接種(MCV1)の補償されている割合は96%から98%に増加し、定期的な2回目のMCV接種(MCV2)が提供されている割合は89%から92%に増加した。また、疑似症例の非麻疹としての除去率の目標を達成しデータが適切であった割合(50%から64%)、適切な調査を行った疑似症例の割合(38%から89%)、臨床検査のための適切な検体採取を行った疑似症例の割合(79%から93%)、7日以内に臨床検査結果が得られた割合(55%から96%)はそれぞれ増加した。2009年から2012年に確認された麻疹症例および人口百万人あたりの発生率は、それぞれ84%(54,291例から8,524例)、83%(34.0から5.9/百万人)減少した。2012年において、マレーシア(63.7/百万人)、フィリピン(15.9/百万人)、ニュージーランド(12.3/百万人)は、麻疹発生率が高率であった。中国の麻疹症例数は2009年(52,461例)には最大であったが2012年(6,183例)には88%減少した。2009~2012年に優勢であった麻疹ウィルスの遺伝子型は、H1:中国、D9:フィリピン、マレーシア、シンガポール、D8:マレーシアであった。西太平洋地域において麻疹消滅は達成されてないため、さらに1)MCV2の定期予防接種が行われていない4つの国および地域への定期的なMCV2の導入、2)MCV1またはMCV2の定期予防接種の補償が95%未満の国および地域における定期予防接種事業の強化、3)現在麻疹ウィルスが伝染している国および地域における感受性集団での補足的な予防接種活動による感染リスク期間の解消の努力が必要である。

References

  • Public Health Agency of Canada. About FluWatch. Ottawa, Canada: Public Health Agency of Canada; 2013. Available at <http://www.phac-aspc.gc.ca/fluwatch/index-eng.php.>
  • Jajosky RA, Groseclose SL. Evaluation of reporting timeliness of public health surveillance. BMC Public Health 2004,4:29.
  • Buehler JW, Sonricker A, Paladini M, Sope P, Mostashar F. Syndromic surveillance practice in the United States: findings from a survey of state, territorial, and selected local health departments. Adv Dis Surveill 2008;6(3).
  • CDC. Experimental surveillance using data on sales of over-the-counter medications-Japan, November 2003-April 2004. MMWR 2005;54(Suppl):47-52.
  • Vergu E, Grais RF, Sarter H, et al. Medication sales and syndromic surveillance, France. Emerg Infect Dis 2006;12:416-21.
  • Edge VL, Pollari F, Lim G, et al. Syndromic surveillance of gastrointestinal illness using over-the-counter sales: a retrospective study of waterborne outbreaks in Saskatchewan and Ontario. Can J Public Health 2004;95:446-50.
  • World Health Organization, Regional Committee for the Western Pacific. Resolution WPR/RC56.R8: measles elimination, hepatitis B control, and poliomyelitis eradication. Manila, Philippines: World Health Organization; 2005. Available at <http://www2.wpro.who.int/rcm/en/archives/rc56/rc_resolutions/wpr_rc56_r08.htm.>
  • World Health Organization, Regional Office for the Western Pacific. Western Pacific Region measles elimination field guide (2013 version). Manila, Philippines: World Health Organization; 2013 (in press).
  • World Health Organization. Progress towards the 2012 measles elimination goal in the WHO’s Western Pacific Region, 1990-2008, Wkly Epidemiol Rec 2009;84:271-9. 4. Featherstone DA, Rota PA, Icenogle J, et al. Expansion of the global measles and rubella laboratory network 2005-09. J Infect Dis 2011;204 (Suppl 1):S491-8.
  • World Health Organization. Framework for verifying elimination of measles and rubella. Wkly Epidemiol Rec 2013;88:89-99.
  • World Health Organization, Regional Committee for the Western Pacific. Resolution WPR/RC63.5: elimination of measles and acceleration of rubella control. Hanoi, Vietnam: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.wpro.who.int/about/regional_committee/63/resolutions/wpr_rc63_r5_measles_elimination_03oct.pdf.>
  • World Health Organization, Regional Office for the Western Pacific. Western Pacific Region guidelines on verification of measles elimination (2013 version). Manila, Philippines: World Health Organization; 2013 (in press).
  • World Health Organization. Global vaccine action plan: report by the Secretariat. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha65/a65_22-en.pdf.>
  • World Health Organization. Global measles and rubella strategic plan: 2012-2020. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.who.int/immunization/newsroom/Measles_Rubella_StrategicPlan_2012_2020.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ