一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)CDC Grand Rounds:アメリカ医療制度・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/31Vol. 62 / No. 21

MMWR62(21):423-425
CDC Grand Rounds: Preventing Unsafe Injection Practices in the U.S. Health-Care System

CDC Grand Rounds:アメリカ医療制度における危険な注射手技の防止

医療現場にて多様な疾患の予防、診断および治療を目的に多用される注射用製剤は、感染リスクを最小限にするためシリンジ内で調製し、無菌状態にて投与される。注射用製剤を安全に投与するため、CDCのガイドラインには1つのシリンジから複数の患者に投与してはならない、使用済みのシリンジや針をバイアル瓶に挿入してはならない、単回投与用のバイアルから複数の患者に投与してはならないことが明記されており、調製から投与までは無菌操作とし、使用した用具は適切に廃棄しなければならない。しかし、世界では危険な注射により、約2,000万人の新規B型肝炎ウイルス(HBV)感染、約200万人の新規C型肝炎ウイルス(HCV)感染および約25万人のHIV感染が認められている(2000年)。2001年以降、アメリカでも少なくとも49のアウトブレイクが発生し(HBV/HCV:21、細菌感染:28)、うち90%以上が外来患者での発生であった。その原因はシリンジの再使用と医薬品取り扱いのミスであり、ネバダ州でのHCVアウトブレイク(2008年)でも、複数の患者に1つのシリンジが再利用され、単回投与用のバイアルから複数の患者に投与されていた。New York State Department of Health (NYSDOH)による2002年以降の調査でも、感染の原因はネバダ州のアウトブレイクと同様であり、CDCとともにOne & Onlyキャンペーンを推進している。また、安全な注射を実施するための4つの”E’s”として、1)危険な注射によるアウトブレイクに関する疫学的サーベイランス、報告、モニタリングおよび調査、2)安全な注射および基本的な感染コントロールのための教育的介入、3)国および州当局による施行および監視、4) 疾患伝播リスク抑制のための器具、装置、手順の設計を掲げている。

References

  • Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M, Chiarello L; Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/hicpac/2007ip/2007isolationprecautions.html.>
  • Ezzati M, Lopez AD, Rodgers A, et al. Selected major risk factors and global and regional burden of disease. Lancet 2002;360:1347-60.
  • Guh AY, Thompson ND, Schaefer MK, Patel PR, Perz JF. Patient notification for bloodborne pathogen testing due to unsafe injection practices in the US health care settings, 2001-2011. Med Care 2012;50:785-91.
  • CDC; Safe Injection Practices Coalition. One & Only campaign: about the campaign. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.oneandonlycampaign.org/about/the-campaign. >
  • Hellinger WC, Bacalis LP, Kay RS, et al. Health care-associated hepatitis C virus infections attributed to narcotic diversion. Ann Intern Med 2012;156:477-82.
  • CDC. Acute hepatitis C virus infections attributed to unsafe injection practices at an endoscopy clinic-Nevada, 2007. MMWR 2008;57:513-7.
  • New York State Department of Health. Health care provider infection control training. Albany, NY: New York State Department of Health;2010. Available at <http://www.health.ny.gov/professionals/diseases/reporting/communicable/infection/hcp_training.htm.>
  • Centers for Medicare & Medicaid Services. Survey and certification - general information. Baltimore, MD: US Department of Health and Human Services, Centers for Medicare & Medicaid Services; 2013. Available at <http://www.cms.gov/surveycertificationgeninfo/pmsr/list.asp.>
  • Schaefer MK, Jhung M, Dahl M, et al. Infection control assessment of ambulatory surgical centers. JAMA 2010;303:2273-9.
  • Srinivasan A, Craig M, Cardo D. The power of policy change, federal collaboration, and state coordination in healthcare-associated infection prevention. Clin Infect Dis 2012;55:426-31.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ