一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)反喫煙メッセージと禁煙の意志 -17ヵ国、2008・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/31Vol. 62 / No. 21

MMWR62(21):417-422
Antismoking Messages and Intention to Quit - 17 Countries, 2008-2011

反喫煙メッセージと禁煙の意志 -17ヵ国、2008~2011年

マスメディアによる反喫煙キャンペーンは、若者の喫煙開始を抑止し、禁煙を奨励することにより、喫煙の普及率を減少させる助けとなる。今回、17ヵ国における2008~2011年のGlobal Adult Tobacco Survey (GATS)データから、テレビ、ラジオ、広告掲示および新聞/雑誌の4つのマスメディアを通じた反喫煙情報と、実際の禁煙との関連性を分析した。調査に参加した17ヵ国265,564名中において回答率中央値は93.6%(ポーランド:65.1%~ロシア:97.7%)、喫煙者は50,209名であった。全参加国の回答者が、調査日前30日にこれらのマスメディアを通じた反喫煙情報を認識していた。認識率はテレビを通じたものが最も高く、4ヵ国にて80%を超えていた(トルコ:87.8%、マレーシア:86.7%、ベトナム:85.6%、メキシコ:82.8%)。ラジオはメキシコ(47.9%)、マレーシア(47.0%)、ウルグアイ(43.0%)と続き、広告掲示はブラジル(17.6%)~マレーシア(73.9%)、新聞/雑誌はインドネシア(9.4%)~マレーシア(74.3%)と開きがあった。回答者のうち10,439名が禁煙の意志をもち、17ヵ国中5ヵ国にて30%以上の喫煙者が禁煙を意志した(バングラデシュ:43.8%、メキシコ:34.6%、ウルグアイ:33.7%、ポーランド:31.7%、ベトナム:30.2%)。20%未満であった国は5ヵ国であった(ブラジル:18.7%、中国:16.0%、ロシア:14.5%、マレーシア:14.2%、インドネシア:10.5%)。また、警告ラベル表示の認識率は各国とも高く、インド(70.7%)~ルーマニア(97.9%)であった。これらの反喫煙メッセージの認識率は、禁煙の意志との有意な相関が認められ、マスメディアを介する禁煙の促進は複数のメディアチャネルの使用により効果が高くなることが示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012.
  • National Cancer Institute. The role of the media in promoting and reducing tobacco use. Tobacco Control monograph no. 19. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2008.
  • DiClemente CC, Prochaska JO, Fairhurst SK, Velicer WF, Velasquez MM, Rossi JS. The process of smoking cessation: an analysis of precontemplation, contemplation and preparation stages of change. J Consult Clin Psychol 1991;59:295-304.
  • Kalsbeek WD, Bowling JM, Hsia J, Mirza S, Palipudi KM, Asma S. The global adult tobacco survey (GATS): sample design and related methods. Vancouver, Canada: Joint Statistical Meetings, July 31-August 5, 2010. Available at <https://www.amstat.org/sections/srms/proceedings/y2010/files/307559_58832.pdf.>
  • Palipudi KM, Gupta PC, Sinha DN, Andes LJ, Asma S, McAfee T. Social determinants of health and tobacco use in thirteen low and middle income countries: evidence from Global Adult Tobacco Survey. PLoS One 2012;7:e33466.
  • CDC. Adult awareness of tobacco advertising, promotion, and sponsorships-14 countries. MMWR 2012;61:365-9.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2011: warning about the dangers of tobacco. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/tobacco/global_report/2011/ebook/en/index.html.>
  • Durkin S, Brennan E, Wakefield M. Mass media campaigns to promote smoking cessation among adults: an integrative review. Tob Control 2012;21:127-38.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC;2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm.>
  • Rigotti NA, Wakefield M. Real people, real stories: a new mass media campaign that could help smokers quit. Ann Intern Med 2012; 157:907-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ