一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)ハリケーン・サンディに関連した死亡 -2012年1・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/24Vol. 62 / No. 20

MMWR62(20):393-397
Deaths Associated with Hurricane Sandy - October-November 2012

ハリケーン・サンディに関連した死亡 -2012年10月~11月

2012年10月29日にハリケーン・サンディがアメリカ北東部の海岸線を直撃し、高波予測に基づいて、洪水の危険性のある沿岸地帯のニューヨーク市避難地区Aなどには10月28日に強制的な避難命令が発令されていた。CDCは10月28日から11月30日の間にアメリカ赤十字の死亡追跡によるハリケーンに関連した死亡117例のデータを解析した。今回の解析では、11月30日までの死亡日時で赤十字の死亡フォーム(データに年齢、性別、人種、死亡日時および場所を含む)に記載されたサンディ関連死亡例を対象とした。また、直接的な関連死を、災害の環境的影響力(大風、洪水等)またはその直接的影響(建物倒壊等)が原因の死亡とし、間接的な関連死を、災害がもたらした危険な状況(危険な道路等)で発生した死亡、または公共サービスの喪失/破壊(電力供給の喪失等)に起因するものと定義し、分類した。死亡フォームの情報源は、監察医/検視官:94例(80.3%)、遺族:10例(8.5%)等によるものであった。主な死亡場所は、ニューヨーク州:53例(45.3%)およびニュージャージー州:34例(29.1%)であり、その他にペンシルバニア州、ウェストバージニア州、コネチカット州、メリーランド州で発生した。年齢は94歳(平均:60歳、中央値:65歳)、男性:60.7%、白人:53.8%、約半数(51.3%)は暴風雨が上陸した最初の2日間に死亡し、10月30日がピークであった。直接的な災害関連死は67例(57.3%)、主な死因は溺死40例、外傷19例、間接的な関連死は38例(32.5%)、主な死因は中毒10例、一酸化炭素中毒9例であった。溺死例とすべての死亡例との間で年齢、性別、人種の分布は同等であった。溺死者のうち29例(72.5%)は暴風雨の初期に、21例(52.5%)は自宅で、11例(27.5%)は戸外で発生した。ニューヨーク州で発生した溺死は32例(80.0%)で、うち20例は冠水した自宅で死亡したが、90.0%が避難地区Aに所在していた。20例の避難しなかった理由は、「略奪の恐れ」、「ハリケーン・イレーネの被害が軽度であった」、「移動手段がないため避難が不可」等であった。溺死はハリケーン関連死の主な原因であるが、事前の警告システムおよび避難計画により避けることができる。緊急対策では、各自が確実に避難メッセージを入手/理解し、適切に避難するために必要な手段を持つことが重要である。

References

  • Saul MH. Parts of New York City evacuated for Hurricane Sandy. Wall Street Journal; 2012. Available at <http://online.wsj.com/article/SB10001424052970203880704578084701930663668.html.>
  • Farag NH, Rey A, Noe R, Bayleyegn T, Wood AD, Zane D. Evaluation of the American Red Cross disaster-related mortality surveillance system using Hurricane Ike data-Texas 2008. Disaster Med Public Health Prep 2012; December 7 [Epub ahead of print]
  • Federal Emergency Management Agency. FEMA MOTF-Hurricane Sandy impact analysis. Washington, DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management Agency; 2012. Available at <http://fema.maps.arcgis.com/home/webmap/viewer.html?webmap=307dd522499d4a44a33d7296a5da5ea0.>
  • Federal Emergency Management Agency. Hurricane Sandy: timeline; 2012. Washington, DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management Agency; 2012. Available at <http://www.fema.gov/hurricane-sandy-timeline.>
  • National Oceanic and Atmospheric Administration. Hurricanes and tropical meteorology. Washington, DC: US Department of Commerce, National Oceanic and Atmospheric Administration; 2000. Available at <http://www.aoml.noaa.gov/general/WWW000/nhurr00.html#imp2.>
  • Ragan P, Schulte J, Nelson SJ, Jones KT. Mortality surveillance: 2004 to 2005 Florida hurricane-related deaths. Am J Forensic Med Pathol 2008;29:148-53.
  • Zane DF, Bayleyegn TM, Hellsten J, et al. Tracking deaths related to Hurricane Ike, Texas, 2008. Disaster Med Public Health Prep 2011;5:23-8.
  • Brunkard J, Namulanda G, Ratard R. Hurricane Katrina deaths, Louisiana, 2005. Disaster Med Public Health Prep 2008;2:215-23.
  • Reuters. Factbox: storm Sandy blamed for at least 132 deaths in U.S., Canada; 2012. Reuters; 2012. Available at <http://www.reuters.com/article/2012/11/16/us-storm-sandy-deaths-idusbre8af0zx20121116.>
  • Fairchild AL, Colgrove J, Jones MM. The challenge of mandatory evacuation: providing for and deciding for. Health Aff (Millwood) 2006;25:958-67.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ