一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)世界的ロタウイルスサーベイランスネットワークを支援・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/24Vol. 62 / No. 20

MMWR62(20): 409-412
Building Laboratory Capacity to Support the Global Rotavirus Surveillance Network

世界的ロタウイルスサーベイランスネットワークを支援する研究室の受け入れ能力の整備

2006年、WHOは2種類のロタウイルスワクチン(ロタリックス:1価ワクチン、2回接種、ロタテック:多価ワクチン、3回接種)を認可し、全ての国に対し予防接種プログラムへの導入を推奨している。2008年、Global Rotavirus Surveillance Network (GRSN)が設立され、その基礎となるGlobal Rotavirus Laboratory Network (GRLN)がロタウイルスの診断的検査および異なる国や地域で分離されたウイルスの遺伝子型の分析を行っている。2013年4月の時点でこのネットワークには107ヵ所の拠点病院検査室および36ヵ所の国立研究所、9ヵ所の地域の標準検査室(RRL)および1ヵ所の世界的標準検査室(GRL)が属しており、拠点病院が診断基準を満たす急性胃腸炎により入院した5歳未満の小児例を登録し、国立研究所は登録された小児例の便検体の検査、保存および遺伝子型の分析をサポートしている。RRLは国立研究所に対し検査法の選択および遺伝子型の分析方法など技術的なサポートを行い、さらにGRLは遺伝子型分析の指導や検査結果の質の保証などRRLが必要とし、要求する検査に関する活動をサポートしている。GRSNを通じてデータを報告した国は2008年:44ヵ国から2011年:64ヵ国に増加し、この期間に拠点病院は132から185ヵ所、年間の登録小児数は41,414例から48,947例に増加している。便検体からのロタウイルス検出率は36~41%であり、2009~2011年のロタウイルス陽性検体は14,902検体であり、検出された遺伝子型は5種類([G1P(8)、G2P(4)、G3P(8)、G4P(8)、G9P(8)]であった。ネットワークから提供される情報はロタウイルスワクチンの導入を検討する上で重要であり、ワクチンの導入による影響のモニタリングにも有用であると思われる。

References

  • CDC. Rotavirus surveillance-worldwide, 2001-2008. MMWR 2008;57:1255-7.
  • Patel MM, Glass RG, Desai R, Tate JE, Parashar UD. Fulfilling the promise of rotavirus vaccines: how far have we come since licensure- Lancet Infect Dis 2012;12:361-70.
  • World Health Organization. Rotavirus vaccines: WHO position paper-January 2013. Wkly Epidemiol Rec 2013;88:49-64.
  • Tate JE, Burton AH, Boschi-Pinto C, et al. 2008 estimate of worldwide rotavirus-associated mortality in children younger than 5 years before the introduction of universal rotavirus vaccination programmes: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2012;12:136-41.
  • World Health Organization. Manual of rotavirus detection and characterization methods. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2008/who_ivb_08.17_eng.pdf.>
  • Hull BP, Dowdle WR. Poliovirus surveillance: building the global polio laboratory network. J Infect Dis 1997;175(Suppl 1):S113-6.
  • Featherstone DA, Rota PA, Icenogle J, et al. Expansion of the global measles and rubella laboratory network 2005-09. J Infect Dis 2011;204(Suppl 1):S491-8.
  • World Health Organization. Global rotavirus information and surveillance bulletin. Vol. 2. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/nuvi/surveillance/HQBulletin_Rota_2009_final.pdf.>
  • World Health Organization. Global rotavirus information and surveillance bulletin. Vol. 4. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/nuvi/surveillance/Final_RV_bulletin_Jan_Dec_2010_Data.pdf.>
  • World Health Organization. The global rotavirus information and surveillance bulletin. Vol. 6. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.who.int/nuvi/rotavirus/RV_bulletin_Jan_Dec_2011_FINAL.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ