一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)泳者の衛生改善の必要性を示すエビデンスであるプール・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/17Vol. 62 / No. 19

MMWR62(19): 385-388
Microbes in Pool Filter Backwash as Evidence of the Need for Improved Swimmer Hygiene - Metro-Atlanta, Georgia, 2012

泳者の衛生改善の必要性を示すエビデンスであるプールフィルター逆洗における微生物 -メトロアトランタ、ジョージア州、2012年

プールなどの遊泳施設において水中の微生物等はフィルターで除去されるが、2012年の夏、メトロアトランタの公営プールにて採取されたフィルターの逆洗サンプルから緑膿菌が検出された(95/161サンプル、59%)。2012年6~8月、Cobb、DeKalb、Fulton、Gwinnettの4つの郡および州の環境・健康専門家がCDCと共同で公共プールにおいて検査用サンプルを採取した。フィルターを30秒逆洗した水をサンプルとして1リットル採水し、すぐに2.5mLの10%チオ硫酸ナトリウム液を用いて中和し、大腸菌、緑膿菌、ランブル鞭毛虫、クリプトスポリジウム、病原性大腸菌O157:H7、ノロウイルスGI/GIIおよびアデノウイルスをqPCR法にて分析した。その結果、緑膿菌を95サンプル(59%)、大腸菌:93サンプル(58%)、ランブル鞭毛虫:2サンプル、クリプトスポリジウム:1サンプルが検出され、他は検出されなかった。大腸菌の検出率は、公営プールで会員制プールより有意に高かったが、緑膿菌や他の微生物は、屋内/屋外、会員制/公営/ウォーターパーク、成人小児用/幼児用プールによる有意差を認めなかった。また、緑膿菌の検出率は従来の塩素/UV消毒を行っているプールにて9/21(43%)、塩素/オゾン消毒(1/1、100%)、塩素(74/125、59%)、塩素(塩水から生成)(11/14、79%)であった。緑膿菌は環境的要因(ほこりなど)、泳者および媒介物(キックボードなど)が原因であるため、清掃および水質管理の徹底が必要であり、また、大腸菌は泳者が持ち込んだものと考えられるため、入水前に(とくに乳幼児)しっかり洗浄し、下痢をしている場合は入水しないなどの対策が必要である。

References

  • Hill VR, Kahler AM, Jothikumar N, Johnson TB, Hahn D, Cromeans TL. Multistate evaluation of an ultrafiltration-based procedure for simultaneous recovery of enteric microbes in 100-liter tap water samples. Appl Environ Microbiol 2007;73:4218-25.
  • Goodgame RW, Genta RM, White AC, Chappell CL. Intensity of infection in AIDS-associated cryptosporidiosis. J Infect Dis 1993; 167:704-9.
  • Chappell CL, Okhuysen PC, Langer-Curry R, et al. Cryptosporidium hominis: experimental challenge of healthy adults. Am J Trop Med Hyg 2006;75:851-7.
  • Gerba CP. Assessment of enteric pathogen shedding by bathers during recreational activity and its impact on water quality. Quant Microbiol 2000;2:55-68.
  • CDC. Surveillance for waterborne disease outbreaks and other health events associated with recreational water-United States, 2007-2008. MMWR 2011;60(No. SS-12):1-32.
  • US Census Bureau. Recreation and leisure activities: participation in selected sports activities 2009. Washington, DC: US Census Bureau; 2012. Available at <http://www.census.gov/compendia/statab/2012/tables/12s1249.pdf.>
  • Wiant C. New public survey reveals swimmer hygiene attitudes and practices. Int J Aquat Res Educ 2012;3:201-2.
  • Keuten MGA, Schets FM, Schijven JF, Verberk JQJC, van Dijk JC. Definition and quantification of initial anthropogenic pollutant release in swimming pools. Water Res 2012;46:3682-92.
  • CDC. Violations identified from routine swimming pool inspections- selected states and counties, United States, 2008. MMWR 2010;59:582-7.
  • National Association of County and City Health Officials. Local health department job losses and program cuts: findings from January 2012 survey. Washington, DC: National Association of County and City Health Officials; 2013. Available at <http://www.naccho.org/advocacy/upload/overview-report-mar-2012-final.pdf. >

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ