一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)バイタルサイン:C型肝炎ウイルス感染症の検査および・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/10Vol. 62 / No. 18

MMWR62(18):357-361
Vital Signs: Evaluation of Hepatitis C Virus Infection Testing and Reporting - Eight U.S. Sites, 2005-2011

バイタルサイン:C型肝炎ウイルス感染症の検査および報告 -アメリカ8地域、2005~2011年

アメリカにおけるC型肝炎ウイルス(HCV)感染生存症例は約3,200万人であり、うち45~85%が感染に気づいていないと推定されている。CDCは国内の8地域(コロラド州、コネチカット州、ミネソタ州、ニューメキシコ州、ニューヨーク市、ニューヨーク州、オレゴン州、サンフランシスコ)のHCVサーベイランスをサポートしており、今回、2005~2011年のサーベイランスデータの分析が行われた。この期間、新規にHCV感染が確認された症例は217,755例であり、うち107,209例(49.2%)はHCV抗体陽性、110,546例(50.8%)はHCV RNA陽性であった。HCV RNA陽性例は現在の感染例と考えられるが、HCV抗体陽性例は過去に感染し治癒した症例、偽陽性例および現在の感染例が含まれる。新規確認例のうち、HCV抗体陽性例が占める割合はニューメキシコ州:76%~ミネソタ州:23%であり、HCV抗体陽性、HCV RNA陽性例ともに1945~1965年生まれが多く、それぞれ58.5%、67.2%を占めた。死亡例は6,734例(/197,844例、3.4%)であり、年齢は50~59歳が最も多く(44.8%)、1945~1965年生まれは71.5%であった。HCV抗体陽性に占める死亡例の割合(4.6%)は、HCV RNA陽性例(2.4%)よりも有意に高かった。2011年の新規確認例の割合は人口10万人あたり全体で84.7(ミネソタ州:36.0~サンフランシスコ:239.2)であった。以上、新規にHCV感染が確認された症例のうち約半数はHCV抗体検査での診断であり、過去の感染例との判別がつかないことから改善されるべきであり、また、1945~1965年生まれにおける陽性率が高く、死亡例が多いことから、とくにこの年代を対象としたHCV感染の検査および治療を推進すべきと考える。

References

  • Armstrong GL, Wasley A, Simard EP, McQuillan GM, Kuhnert WI, Alter MJ. The prevalence of hepatitis C virus infection in the United States, 1999 through 2002. Ann Intern Med 2006;144:705-14.
  • Ghany MG, Strader DB, Thomas DL, Seeff LB, American Association for the Study of Liver Diseases. Diagnosis, management, and treatment of hepatitis C: an update. Hepatology 2009;49:1335-74.
  • CDC. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945-1965. MMWR 2012;61(No. RR-4).
  • Kanwal F, Hoang T, Kramer JR, et al. Increasing prevalence of HCC and cirrhosis in patients with chronic hepatitis C virus infection. Gastroenterology 2011;140:1182-8.
  • Everhart JE, Ruhl CE. Burden of digestive diseases in the United States Part III: liver, biliary tract, and pancreas. Gastroenterology 2009;136:1134-44.
  • Yang JD, Kim WR, Coelho R, et al. Cirrhosis is present in most patients with hepatitis B and hepatocellular carcinoma. Clin Gastroenterol Hepatol 2011;9:64-70.
  • Simard EP, Ward EM, Siegel R, Jemal A. Cancers with increasing incidence trends in the United States: 1999 through 2008. CA Cancer J Clin 2012;62:128.
  • Kim WR, Terrault NA, Pedersen RA, et al. Trends in waiting list registration for liver transplantation for viral hepatitis in the United States. Gastroenterology 2009;137:1680-6.
  • Ly KN, Xing J, Klevens RM, Jiles RB, Ward JW, Holmberg SD. The increasing burden of mortality from viral hepatitis in the United States between 1999 and 2007. Ann Intern Med. 2012;156:271-8.
  • Su J, Brook RA, Kleinman NL, Corey-Lisle P. The impact of hepatitis C virus infection on work absence, productivity, and healthcare benefit costs. Hepatology 2010;52:436-42.
  • Davis KL, Mitra D, Medjedovic J, et al. Direct economic burden of chronic hepatitis C virus in a United States managed care population. J Clin Gastroenterol 2011;45:17-24.
  • CDC. Guidelines for laboratory testing and result reporting of antibody to hepatitis C virus. MMWR 2003;52(No. RR-3).
  • Klevens RM, Miller J, Vonderwahl C et al. Population-based surveillance for hepatitis C virus, United States, 2006-2007. Emerg Infect Dis 2009;15:1499-502.
  • Moorman AC, Gordon SC, Rupp LB, et al. Baseline characteristics and mortality among people in care for chronic viral hepatitis: The Chronic Hepatitis Cohort Study. Clin Infect Dis 2013;56:40-50.
  • Rein DB, Wagner D, Brown K, et al. Hepatitis C antibody testing and follow-up in primary care settings: a retrospective study of four large, primary care service centers. Programs and abstracts of the National Summit on HIV and Viral Hepatitis Diagnosis, Prevention and Access to Care, November 26-28, 2012, Washington, DC.
  • McGibbon E, Bornschlegel K, Balter S. Half a diagnosis: gap in confirming infection among hepatitis C antibody-positive patients. Am J Med. In press 2013.
  • CDC. Testing for HCV infection: An update of guidance for clinicians and laboratorians. MMWR 2013;62(18).
  • Stramer SL, Dodd RY, Brodsky JP. The value of screening signal-to-cutoff ratios for hepatitis C virus antibody confirmation. Transfusion. November 26, 2012. Epub ahead of print.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ