一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)海上での石油およびガス作業における致死的損傷 -ア・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/26Vol. 62 / No. 16

MMWR62(16): 302(304
Fatal Injuries in Offshore Oil and Gas Operations ( United States, 2003-2010

海上での石油およびガス作業における致死的損傷 -アメリカ、2003~2010年

2003~2010年、アメリカの石油・ガス採掘業に従事する労働者の死亡率は他の労働者に比べ約7倍高く(労働者10万人あたり27.1、他の労働者:3.8)、2010年のDeepwater Horizon爆発事故では11名が行方不明となるなど、掘削は危険を伴うものである。CDCによる2003~2010年のBureau of Labor Statistics (BLS) Census of Fatal Occupational Injuries (CFOI)データ分析では、この期間、海上での石油・ガス掘削により128名が死亡(年平均16名)、全員男性であり、平均年齢は41.4歳、1名を除きメキシコ湾での作業中に死亡した。具体的な作業内容については、運搬作業が最も多く(65名、51%)、物/装置との接触(21名、16%)、火事/爆発(17名、13%)、有害物質/環境への曝露(16名、13%)の順であった。運搬による死亡者の75%はヘリコプター関連(49名)であり、ヘリコプター事故は17件発生し、うち11件にて43名が死亡した。また、機械の故障やエンジントラブルが5件(8名死亡)、悪天候による事故が3件(7名死亡)発生していた。死亡者の68%(87名)は石油・ガス採掘産業に従事しており、そのうち約半数は坑井サービス会社(43名、49%)で、残りは掘削会社(26名、30%)、石油およびガス会社(18名、21%)であった。他に運搬および倉庫会社(23名、18%)、建築会社(10名、8%)、その他(8名、6%)の従業員が死亡した。以上、海上での石油・ガス掘削労働者の死亡を減少させるには適切な運搬作業に関する安全ガイドラインを定め、遵守することが重要であると考える。

References

  • Baker SP, Shanahan DF, Haaland W, Brady JE, Li G. Helicopter crashes related to oil and gas operations in the Gulf of Mexico. Aviat Space Environ Med 2011;82:885-9.
  • Brooks CJ, MacDonald CV, Donati L, Taber MJ. Civilian helicopter accidents into water: analysis of 46 cases, 1979-2006. Aviat Space Environ Med 2008;79:935-40.
  • Chen CT, Muller M, Fogarty KM. Rotorcraft ditchings and water-related impacts that occurred from 1982 to 1989, Phase I. Atlantic City, NJ: US Department of Transportation, Federal Aviation Administration Technical Center; 1993. Available at <http://www.dtic.mil/cgi-bin/GetTRDoc?AD=ADA279164. >
  • Muller M, Bark LW. Rotorcraft ditchings and water-related impacts that occurred from 1982 to 1989, Phase II. Atlantic City, NJ: US Department of Transportation, Federal Aviation Administration Technical Center; 1993. Available at <http://www.dtic.mil/cgi-bin/GetTRDoc?AD=ADA276473. >
  • Federal Aviation Administration. Fact sheet: automatic dependent surveillance-broadcast (ADS-B). Washington DC: US Department of Transportation, Federal Aviation Administration; 2010. Available at <http://www.faa.gov/news/fact_sheets/news_story.cfm?newsid=7131. >
  • National Transportation Safety Board. National Transportation Safety Board aviation accident database and synopses. Available at <http://www.ntsb.gov/aviationquery/index.aspx. >
  • International Association of Oil and Gas Producers. Aircraft management guidelines. London, United Kingdom: International Association of Oil and Gas Producers; 2011. Available at <http://www.ogp.org.uk/pubs/390.pdf. >

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ